ペニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


ペニー英国の下位通貨単位、もしくは、アメリカカナダにおける1¢(セント)銅貨の別称。

ポンド圏の補助通貨[編集]

ペニーPenny、複数:Pence(ペンス)、硬貨の場合:pennies)は、英国の下位通貨単位(補助単位)。100ペンスで1ポンドになる。略号はpで決してフルストップ(ピリオド)はつけない。

貨幣に10進法が導入される1971年2月15日以前は、12ペンスで1シリングであり、240ペンス(20シリング)で1ポンドだった。当時の略号はd.で、これは古来ペニー銀貨を「デナリウス」と呼んだ名残である。

また、ユーロ導入以前のアイルランドでアイルランド・ポンドに対してや、自国通貨導入前のオーストラリアニュージーランド南アフリカでも同様に使われていた。

関連項目[編集]

ドル圏の硬貨[編集]

アメリカ、カナダにおいて、ペニーpenny、複数:pennies)は1¢(セント)銅貨の別称。

朝、家を出て一番に(別の伝承もあり)拾った1¢硬貨を「ラッキーペニー」と呼び、幸運のお守りにする。また、アメリカの観光地などでは手持の1¢硬貨と50¢ないし$1_程度の料金を入れ、押し潰して模様を刻印した硬貨を得る機械が普及しており、「ペニープレス」と呼ばれる。尚、日本の硬貨に同じことをすると貨幣損傷等取締法に抵触し処罰対象になる(なぜアメリカで自国通貨を曲げたり傷つけたりする事が許されているのかは不明)。

また、アメリカにおいてペニーは「侮辱」の意味を表すため、チップとして渡すことは少ない。

関連項目[編集]