日本の硬貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本/通貨 > 円 (通貨)/硬貨 > 日本の硬貨

日本の硬貨(にほんのこうか)では、日本流通している(若しくは過去に流通していた)硬貨について解説する。

概説[編集]

現在、日本製造される硬貨は、通常発行される1、5円、10円、50円、100円、500円の各1種類ずつ6種類の貨幣と、記念貨幣に分けられる。これらは通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律により「貨幣」と規定されるが、本位貨幣ではなく補助貨幣的な性質を持つものである。また同法律が施行されるまで、すなわち1988年(昭和63年)3月末以前発行のものは臨時通貨法に基いて発行された臨時補助貨幣であったが、同4月以降は通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律の附則第8条により「貨幣とみなす臨時補助貨幣」として位置付けられ、引き続き通用力を有している。紙幣とは違い、法貨としての強制通用力は同一額面20枚までと限られているため、一度の決済に同一額面の硬貨を21枚以上提示した場合、相手は受け取りを拒否できる。

貨幣の製造及び発行の権能は、日本国政府に属する。財務大臣は、貨幣の製造に関する事務を、独立行政法人造幣局に行わせている。また、貨幣の発行は、財務大臣の定めるところにより、日本銀行に製造済の貨幣を交付することにより行う。日本銀行は貨幣を日銀券に交換し、一般会計内に設置された貨幣回収準備資金に納入、年度末には税外収入として政府の一般会計に繰り入れられる。ここで貨幣の額面と硬貨製造費用との差額は政府の貨幣発行益となる[1]

貨幣ごとの発行益
貨幣種類 発行益
1円 -13円
5円 1円
10円 -32円
50円 30円
100円 27円
500円 457円

なお、硬貨の裏表を定める法的根拠はない[2]1897年(明治30年)までは新貨幣が発行される度に表・裏を明示のうえ一般に公示しており、それ以降は菊紋がある方を表として扱っていた。ところが、戦後GHQにより菊紋の使用が禁じられると表裏の判別基準が失われた。そこで表裏の判別を大蔵省内で協議した際、(1897年以降(明治30年)に発行された貨幣は)それまでの硬貨は年号がすべて裏側(菊紋の反対側)に表示されていたことから、年号が表示されている方が「裏」、その逆側が「表」という扱いをすることになった。このような経緯により、造幣局では、建物や植物などの表示がある面を「表」、製造年表示のある面を「裏」と呼んでおり、この用法は一般にも浸透している。これによれば、現在有効な通常貨幣に限れば、結果的に「表」には全種類に「一円」「五円」「五百円」などの漢数字による額面が表記されていることになるが、記念貨幣も含めればそうとは限らない。この通説によれば「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律施行令」の別表に硬貨の形式が図案入りで表示されているが、その記載の順序に従って最初に示されるのが表、次に示されるのが裏としている[2]

財務省や造幣局はそれぞれの硬貨を「十円貨幣」「五百円貨幣」等と称している。一般的な通称として「十円硬貨」「五百円硬貨」等、あるいは「十円玉」「五百円玉」等とも呼ばれる。

記念硬貨を除く現在有効な日本の硬貨の製造量については造幣局 (日本)#硬貨製造量を参照のこと。

歴史[編集]

旧二円金貨(1870年製造

新貨条例が施行された明治以降の近代社会において、それまでの小判分金穴銭などといった手工芸的な硬貨に代えて、本格的な洋式硬貨を1871年(明治4年)(硬貨上の年号は3年銘もある)から発行した。

が発行され、流通した。

以降、度々法改正があり、その度に様々な材質(金貨・銀貨・(狭義の)銅貨以外に、白銅貨・ニッケル貨・アルミニウム貨・黄銅貨などが製造された)・規格でこれらの額面の多様な硬貨が製造されたが(詳細は日本の金貨日本の銀貨日本の補助貨幣臨時補助貨幣を参照)、一円銀貨は貨幣法により1898年(明治31年)4月1日限り、1円以下の補助貨幣(一円黄銅貨含む)は戦後小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により1953年(昭和28年)末に廃止となった。また戦後は金本位制は有名無実化していたが、本位金貨も1988年(昭和63年)3月31日限りで名実ともに廃止となり、現在は名実ともに管理通貨制度に移行した。

記念硬貨を除く現在有効な硬貨に関する年表を以下に示す。

  • 1948年(昭和23年)10月25日:5円硬貨発行、流通開始。素材は黄銅。図柄は国会議事堂。穴は空いていない。
  • 1949年(昭和24年)9月15日:5円硬貨のデザインが、穴の空いた形状へ変更される。図柄もと水と歯車に変更。ただし、このとき発行されたのは、いわゆる「筆五(フデ五)」であり、現行のものとはデザインが異なる。
  • 1953年(昭和28年)1月5日:10円硬貨流通開始。素材は青銅。図柄は平等院鳳凰堂。ただし、このとき発行されたのは、いわゆる「ギザ十」であり、現行のものとはデザインが異なる。
  • 1955年(昭和30年)6月1日:現行1円硬貨流通開始。素材はアルミニウム。図柄は若木。
  • 1955年(昭和30年)9月1日:50円硬貨流通開始。素材はニッケル。図柄は横から見たの花一輪。
  • 1957年(昭和32年)12月11日:100円硬貨流通開始。素材は合金。図柄は鳳凰
  • 1959年(昭和34年)2月16日:現行10円硬貨流通開始。側面の溝(ギザ)の無いデザインに変更。
  • 1959年(昭和34年)2月16日:100円硬貨の図柄が鳳凰から稲穂に変更される。
  • 1959年(昭和34年)2月16日:50円硬貨のデザインを穴の空いた形状へ変更する。図柄も真上から見た菊の花一輪に変更。
  • 1959年(昭和34年)9月1日:現行5円硬貨流通開始。字体を旧字体から新字体楷書体からゴシック体へ変更。
  • 1967年(昭和42年)2月1日:現行100円硬貨流通開始。素材が銀合金から白銅へ、図柄もの花三輪に変更。
  • 1967年(昭和42年)2月1日:現行50円硬貨流通開始。素材がニッケルから白銅へ、図柄も菊の花三輪に変更。直径縮小。
  • 1982年(昭和57年)4月1日:500円硬貨流通開始。素材は白銅。図柄は
  • 2000年(平成12年)8月1日:現行500円硬貨流通開始。偽造防止力向上のため、素材をニッケル黄銅とし、潜像を施した。併せて細部のデザインを変更。
  • 2021年(令和3年)11月(予定)[3]:偽造防止を図るため、500円硬貨の素材およびデザインを変更し、2色3層構造のバイカラークラッド貨幣となる予定。

一覧[編集]

現在発行中の硬貨[編集]

名称 規格[注 1] 図柄・形式 素材・品位 発行開始
一円硬貨
〈一円アルミニウム貨〉
1JPY.JPG
外径:20mm
量目:1g
厚さ:約1.5mm(実測)
[注 2]

表:若木、「日本国」、「一円」。デザインは公募により決まった。
裏:「1」と年号。
2016年(平成28年)以降は需要減少によりミントセット用以外新規製造中止。

アルミニウム
(純アルミニウムで、アルミニウムそのものの価値は1円より低いが、1枚製造するのにかかるコストは1円以上)

1955年
(昭和30年)
6月1日[4]
五円硬貨
〈五円黄銅貨(有孔ゴシック体)〉
5JPY.JPG
外径:22mm
孔径:5mm
量目:3.75g[注 3]
厚さ:約1.5mm(実測)

表:稲穂、穴周辺に歯車、横線は(海、川、湖沼)と「五円」。表のデザインは、農産・水産・工業を表している。
裏:双葉(木の芽)が林業を表している。その他に「日本国」、年号。
穴空き。 表裏の文字はゴシック体。

黄銅(真鍮。亜鉛の合金)
が1000分中600以上700以下、亜鉛が1000分中300以上400以下。

1959年
(昭和34年)
9月1日[5]
十円硬貨
〈十円青銅貨(ギザ無)〉
10JPY.JPG
外径:23.5mm
量目:4.5g
厚さ:約1.5mm(実測)

表:平等院鳳凰堂、「日本国」、「十円」。
裏:常盤木(ときわぎ)にリボンと「10」、年号。

青銅(銅と(スズ)の合金。但し亜鉛を含む)
銅が1000分中950、亜鉛が40以下30以上、スズが10以上20以下。

1959年
(昭和34年)
2月16日[5]
五十円硬貨
〈五十円白銅貨〉
50JPY.JPG
外径:21mm
孔径:4mm
量目:4g
厚さ:約1.7mm(実測)

表:菊花(一重菊)、「日本国」、「五十円」。
裏:「50」と年号。
穴空き、周囲は溝付き。

白銅(銅とニッケルの合金)
銅が1000分中750、ニッケルが250。

1967年
(昭和42年)
2月1日[6]
百円硬貨
〈百円白銅貨〉
100JPY.JPG
外径:22.6mm
量目:4.8g
厚さ:約1.7mm(実測)

表:桜花(八重桜)、「日本国」、「百円」。
裏:「100」と年号。
周囲は溝付き。

白銅(銅とニッケルの合金)
銅が1000分中750、ニッケルが250。

1967年
(昭和42年)
2月1日[6]
五百円硬貨
〈五百円ニッケル黄銅貨〉
500JPY.JPG
外径:26.5mm
量目:7g
厚さ:約1.81mm(実測)

表:桐花葉、「日本国」、「五百円」。
裏:(笹葉)、の小枝、「500」と年号。
周囲に斜めの溝が刻まれている。表面には微細線及び微細点、裏面には傾けると「500円」の文字が見える「潜像模様」、また両面に極めて小さな「N」「I」「P」「P」「O」「N」の6文字が不規則に配置される「マイクロ文字」あり。

ニッケル黄銅(銅、亜鉛及びニッケルの合金)
銅が1000分中720、亜鉛が200、ニッケルが80。

2000年
(平成12年)
8月1日

現在発行中の日本の硬貨6種類を手触りだけで判別する方法は次の通り。

  • ギザあり・穴なし:500円(重い)・100円(軽い)
  • ギザあり・穴空き:50円
  • ギザなし・穴なし:10円(重い)・1円(軽い)
  • ギザなし・穴空き:5円

現在発行されていないが有効な硬貨[編集]

名称 規格[注 1] 図柄・形式 素材・品位 発行開始
五百円硬貨
〈五百円白銅貨〉
500yen-S57.jpg
外径:26.5mm
量目:7.2g
厚さ:約1.85mm(実測)

表:桐花葉、「日本国」、「五百円」。
裏:竹(笹葉)、橘の小枝、「500」と年号。
周囲は「◆ NIPPON ◆ 500 ◆」のレタリング。
現行のニッケル黄銅貨(2000年(平成12年)発行開始)と異なり、潜像模様・微細線・微細点・マイクロ文字等はなし。

白銅(銅とニッケルの合金)
銅が1000分中750、ニッケルが250。

1982年
(昭和57年)
4月1日[7]
百円硬貨
〈百円銀貨〉
100yen-S34.jpg
外径:22.6mm
量目:4.8g

表:稲穂、「日本国」、「百円」。
裏:分銅、「100」と年号。
周囲は溝付き。

合金
銀が1000分中600、銅が1000分中300、亜鉛が1000分中100。

1959年
(昭和34年)
2月16日[5]
五十円硬貨
〈五十円ニッケル貨(有孔)〉
50yen-S34.jpg
外径:25mm
孔径:6mm
量目:5g

表:菊花、「日本国」、「五十円」。
裏:「50」と年号。
穴空き。

ニッケル
(純ニッケル)

1959年
(昭和34年)
2月16日[5]
百円硬貨
〈百円銀貨〉
100yen-S32.jpg
外径:22.6mm
量目:4.8g

表:鳳凰、「日本国」、「百円」。
裏:旭日、桜花、「100YEN」と年号。
周囲は溝付き。

銀合金
銀が1000分中600、銅が1000分中300、亜鉛が1000分中100。

1957年
(昭和32年)
12月11日[8]
五十円硬貨
〈五十円ニッケル貨(無孔)〉
50yen-S30.jpg
外径:25mm
量目:5.5g

表:菊花、「日本国」、「五十円」。
裏:分銅、「50」と年号。
周囲は溝付き。

ニッケル
(純ニッケル)

1955年
(昭和30年)
9月1日[4]
十円硬貨
〈十円青銅貨(ギザ有)〉
10yen-S26.jpg
外径:23.5mm
量目:4.5g

表裏の図柄は現行の十円硬貨(1959年(昭和34年)発行開始)と同じだが、周囲が溝付きであることが現行の十円硬貨と異なる点であり、俗に「ギザ十」の愛称で呼ばれる。

青銅(銅と錫(スズ)の合金。但し亜鉛を含む)
銅が1000分中950、亜鉛が40以下30以上、スズが10以上20以下。

1953年
(昭和28年)
1月5日[9]
製造開始は1951年
(昭和26年)

五円硬貨
〈五円黄銅貨(有孔楷書体)〉
5yen-S24.jpg
外径:22mm
孔径:5mm
量目:3.75g

表裏の図柄は現行の五円硬貨(1959年(昭和34年)発行開始)とほぼ同じだが、表裏の文字が楷書体で、裏面が「日本國」と旧字体であることが現行の五円硬貨と異なる点であり、俗に「筆五(フデ五)」の愛称で呼ばれる。 穴空き。

黄銅(真鍮。銅と亜鉛の合金)
銅が1000分中600以上700以下、亜鉛が1000分中300以上400以下。

1949年
(昭和24年)
9月15日[10]
五円硬貨
〈五円黄銅貨(無孔)〉
5yen-S23.jpg
外径:22mm
量目:4g

表:国会議事堂、「五円」。
裏:梅花、「日本國」、年号。
周囲は溝付き。
日本の有効な硬貨の中で最古。

黄銅(真鍮。銅と亜鉛の合金)
銅が1000分中600以上700以下、亜鉛が1000分中300以上400以下。

1948年
(昭和23年)
10月25日[10]

10円以上の旧硬貨が自販機等の各種機器で使えない(ことが多い)理由は次の通り。

  • 旧五百円硬貨(白銅):材質が現行のもの(ニッケル黄銅)と異なるため。自販機等の各種機器の精度の向上・更新により、現在では旧五百円硬貨非対応のものが多くなっている(一部旧五百円硬貨対応のものも残存している)。質量や電気伝導率により判別している。
  • 旧百円硬貨(銀・2種あり):材質が現行のもの(白銅)と異なるため。
  • 旧五十円硬貨(ニッケル・2種あり):材質と直径が現行のものと異なるため(現行のものは材質が白銅で、直径もニッケル貨より小さい)。
  • 旧十円硬貨(ギザ十):偽造硬貨使用防止の観点から硬貨の検知精度を向上しているため。ギザ十が使えない機器では、ギザ十の質量が現行の十円硬貨より若干軽いこと、または機器の内部で硬貨を飛ばす際の回転数・飛距離から判別している。ただしギザ十については使える機器も多い。

以上の一覧では、記念硬貨は除いているが、日本のこれまでに発行された記念硬貨は全て現在有効である。

失効した硬貨[編集]

戦前に発行された全ての硬貨、戦後発行の銭単位の硬貨、及び一円黄銅貨については、以下の法令により通用停止となっている。

それぞれの硬貨についての詳細は日本の金貨日本の銀貨日本の補助貨幣臨時補助貨幣を参照のこと。

今後発行予定の硬貨[編集]

名称 規格 図柄・形式 素材・品位 発行開始
五百円硬貨
〈五百円バイカラー・クラッド貨〉
500 yen coin scheduled to be issued 2021.jpg
外径:26.5mm
量目:7.1g

表:桐花葉、「日本国」、「五百円」。
裏:竹(笹葉)、橘の小枝、「500」と年号。
周囲に「異形斜めギザ」と呼ばれるタイプの斜めの溝が刻まれている。表面には微細線及び微細点、また縁の内側に「JAPAN」「500YEN」の微細文字加工あり。裏面には傾けると「500YEN」「JAPAN」の文字が見える「潜像模様」あり。裏面のデザインでは、上下左右の竹と橘のうち下の竹がなく、製造年の文字が縁に沿っての円弧状の配置となっているのも白銅貨及びニッケル黄銅貨と異なる点である。

ニッケル黄銅、白銅及び銅から成るバイカラー・クラッド(外周はニッケル黄銅で、内側は白銅で中心の銅を挟んだものという構造で、銅の部分は外から見えない)。
全体からの割合として、銅が1000分中750、亜鉛が125、ニッケルが125。

2021年
(令和3年)
11月
(予定)[3]

偽造防止技術・偽造変造事件[編集]

500円硬貨[編集]

日本の一般流通用の硬貨で最高額である500円硬貨については、1999年(平成11年)まで発行されていた500円白銅貨(初代500円硬貨)の大量変造事件を受け、現在発行中の2代目500円硬貨は材質をニッケル黄銅とし、潜像・斜めギザ・微細線・微細点などの偽造防止技術を施している。更に、今後発行予定の3代目500円硬貨には、バイカラー・クラッド、異形斜めギザ、表面の縁の内側の微細文字加工が採用される予定である。

その他の硬貨[編集]

その他の硬貨は、小額ということもあり、偽造防止として目立った技術は施されていない。100円硬貨・50円硬貨のギザや50円硬貨・5円硬貨の穴は偽造防止と言えなくもないが、ギザや穴の主な目的は目の不自由な人が手触りで判別できるようにすることにある。ちなみに10円硬貨の平等院鳳凰堂の細かなデザインは、当初高額硬貨であったため偽造防止の意味も含めて決められたものである。500円硬貨以外の小額硬貨が偽造されることは500円硬貨と比較しても非常に稀であるが、100円硬貨が偽造された事件が報道された例は存在する[11]

硬貨の年銘[編集]

日本の硬貨には、製造年が刻印されているが、全て(西暦ではなく)元号表記となっており、現行のデザインのものでは、100円・50円の2種はアラビア数字、他の4種は漢数字表記となっている。なお、記念硬貨を除く一般流通用の硬貨において、製造年がアラビア数字表記となっている硬貨は1967年(昭和42年)発行開始の100円・50円の白銅貨のみであり、他の硬貨は過去に発行されたものも含め、全て漢数字表記である。

元号の変わり目の年について[編集]

1989年(昭和64年/平成元年)製造の硬貨については、「昭和六十四年」表記のものと「平成元年」表記のものが存在する。昭和64年は7日間しかなかったが、昭和64年銘の硬貨(100円・50円以外の4種、「昭和六十四年」表記)は「平成元年」表記の金型が完成する同年3月頃まで製造されたため、発行枚数は他の年号に比べて比較的少ない程度である。なお昭和64年中には100円及び50円硬貨の製造が行われないまま平成元年となったので、「昭和64年」表記のこの2種の硬貨は存在せず、1989年製造のこの2種の硬貨は全て「平成元年」表記として製造されている。

2019年(平成31年/令和元年)製造の硬貨については、「令和元年」表記の硬貨の金型が完成するまでは「平成三十一年」「平成31年」表記として製造され、「令和元年」表記の硬貨はまず500円と100円が7月11日から製造開始され[12]、残りの4種類も10月頃から製造開始された。

発行枚数の少ない硬貨[編集]

硬貨の発行枚数は、年によってばらつきがある。現行の硬貨のうち、比較的発行枚数の少ないものは、以下の通り[注 4][13]。ここでは現在発行中の6種に、1949年(昭和24年) - 1958年(昭和33年)に発行された5円硬貨(通称筆五)、1951年(昭和26年) - 1958年(昭和33年)に発行された10円硬貨(通称ギザ十)及び500円白銅貨を加えた9種を対象とする。カッコ内は、概略発行枚数。

なお、このほか、「ミントセット」と呼ばれる硬貨のセットが1969年(昭和44年)から、プルーフ仕上げという特殊加工が施された硬貨も1987年(昭和62年)から造幣局から販売されている(1973年(昭和48年)・1974年(昭和49年)・1989年(昭和64年)は除く)。下表のうち※を付けたものは、全て造幣局販売の貨幣セット(ミントセット)に組み込まれており、一般流通用は存在しない。

1円
平成12年(1202.6万枚)
平成13年(802.4万枚)
平成14年(966.7万枚)
平成22年(790.5万枚)
※平成23年(45.6万枚)
※平成24年(65.9万枚)
※平成25年(55.4万枚)
※平成28年(57.4万枚)
※平成29年(47.7万枚)
※平成30年(44.0万枚)
※平成31年(56.6万枚)
※令和元年(50.2万枚)
※令和2年(52.8万枚)
5円
昭和28年(4500万枚)
昭和32年(1000万枚)
昭和34年(3300万枚)
昭和35年(3480万枚)
昭和42年(2600万枚)
平成12年(903万枚)
平成17年(1602.9万枚)
平成18年(959.4万枚)
平成19年(990.4万枚)
平成20年(981.1万枚)
平成21年(400.3万枚)
※平成22年(51.0万枚)
※平成23年(45.6万枚)
※平成24年(65.9万枚)
※平成25年(55.4万枚)
10円
昭和32年(5000万枚)
昭和33年(2500万枚)
昭和34年(6240万枚)
昭和61年(6896万枚)
昭和64年(7469.2万枚)
50円
昭和60年(1015万枚)
昭和61年(996万枚)
※昭和62年(77.5万枚)
平成12年(702.6万枚)
平成13年(802.4万枚)
平成14年(1166.7万枚)
平成15年(1040.6万枚)
平成16年(990.3万枚)
平成17年(1002.9万枚)
平成18年(1059.4万枚)
平成19年(990.4万枚)
平成20年(881.1万枚)
平成21年(500.3万枚)
※平成22年(51.0万枚)
※平成23年(45.6万枚)
※平成24年(65.9万枚)
※平成25年(52.5万枚)
平成26年(753.8万枚)
平成31年(111.8万枚)
100円
平成13年(802.4万枚)
平成14年(1066.7万枚)
500円
昭和62年(277.5万枚)
昭和64年(1604.2万枚)

近年では電子マネー普及の影響もあり、1円・5円・50円硬貨の製造枚数が少なくなっており、流通用として製造されない年も現れる一方、10円・100円・500円硬貨には強い需要があり、毎年安定して製造される傾向にある。

製造されなかった年銘[編集]

生産過剰等の理由により、1枚も製造されなかった年銘が発生した例もある。現行の硬貨の発行期間中に製造されなかった(存在しない)年銘は以下の通り。ここでも現在発行中の6種に、筆五・ギザ十及び500円白銅貨を加えた9種の発行期間を対象とする。

1円
昭和43年
5円
昭和29年
昭和30年
昭和31年
10円
昭和31年
50円
昭和64年
100円
昭和64年
500円
(なし)

平成以降では、一般流通用として製造されなかった例として、平成22年銘の5円・50円硬貨、平成23年銘の1円・5円・50円硬貨、平成24年銘の1円・5円・50円硬貨、平成25年銘の1円・5円・50円硬貨、平成28年銘の1円硬貨、平成29年銘の1円硬貨、平成30年銘の1円硬貨、平成31年銘の1円硬貨、令和元年銘の1円硬貨、令和2年銘の1円硬貨の合計17例があるが、前述のようにいずれの場合もミントセット用の硬貨が製造されたため、厳密な意味で製造枚数が0枚となった例は平成以降では現時点で皆無である(昭和64年銘の50円・100円が最後)。

硬貨のデザイン[編集]

図柄[編集]

記念硬貨を除く現在有効な一般流通用の硬貨については、稲穂菊花桜花など、日本を象徴する動植物や建築物などが図案として採用されている。特に、植物の図案については、各硬貨の表面、裏面の少なくともいずれか一方(または両方)に必ず採用されていることが特徴である。

現在有効な一般流通用の硬貨の図案に採用された題材[編集]

太字は、該当の題材が表面の主たる図案として採用された硬貨を示す。

  • 国会議事堂:(五円黄銅貨(無孔) 1948年(昭和23年)発行)
  • :(五円黄銅貨(無孔) 1948年(昭和23年)発行)
  • 梅花:(五円黄銅貨(無孔) 1948年(昭和23年)発行)
  • 稲穂:(五円黄銅貨(有孔楷書体) 1949年(昭和24年)発行、五円黄銅貨(有孔ゴシック体) 1959年(昭和34年)発行、百円銀貨 1959年(昭和34年)発行)
  • 歯車:(五円黄銅貨(有孔楷書体) 1949年(昭和24年)発行、五円黄銅貨(有孔ゴシック体) 1959年(昭和34年)発行)
  • (海、川、湖沼):(五円黄銅貨(有孔楷書体) 1949(昭和24年)年発行、五円黄銅貨(有孔ゴシック体) 1959年(昭和34年)発行)
  • 双葉(木の芽):(五円黄銅貨(有孔楷書体) 1949年(昭和24年)発行、五円黄銅貨(有孔ゴシック体) 1959年(昭和34年)発行)
  • 平等院鳳凰堂:(十円青銅貨(ギザ有) 1953年(昭和28年)発行[注 5]十円青銅貨(ギザ無) 1959年(昭和34年)発行)
  • 常盤木:(十円青銅貨(ギザ有) 1953年(昭和28年)発行[注 5]、十円青銅貨(ギザ無) 1959年(昭和34年)発行)
  • 若木:(一円アルミニウム貨 1955年(昭和30年)発行)
  • 菊花:(五十円ニッケル貨(無孔) 1955年(昭和30年)発行、五十円ニッケル貨(有孔) 1959年(昭和34年)発行、五十円白銅貨 1967年(昭和42年)発行)
  • 分銅:(五十円ニッケル貨(無孔) 1955年(昭和30年)発行、百円銀貨 1959年(昭和34年)発行)
  • 鳳凰:(百円銀貨 1957年(昭和32年)発行)
  • 旭日:(百円銀貨 1957年(昭和32年)発行)
  • 桜花:(百円銀貨 1957年(昭和32年)発行、百円白銅貨 1967年(昭和42年)発行)
  • 桐花葉:(五百円白銅貨 1982年(昭和57年)発行、五百円ニッケル黄銅貨 2000年(平成12年)発行、五百円バイカラー・クラッド貨 2021年(令和3年)発行予定)
  • (笹葉):(五百円白銅貨 1982年(昭和57年)発行、五百円ニッケル黄銅貨 2000年(平成12年)発行、五百円バイカラー・クラッド貨 2021年(令和3年)発行予定)
  • :(五百円白銅貨 1982年(昭和57年)発行、五百円ニッケル黄銅貨 2000年(平成12年)発行、五百円バイカラー・クラッド貨 2021年(令和3年)発行予定)

肖像[編集]

日本では欧米や韓国、台湾などとは異なり、偉人や国家元首など特定の著名人の肖像をあしらった硬貨が発行されたことは長らくなかった。欧米諸国の硬貨と同様な大きく人物の肖像を図案とした最初の硬貨は、1990年(平成2年)に発行された国際花と緑の博覧会記念5000円銀貨幣であるが、これは実在の人物ではなく、花の女神フローラになぞらえた少女の肖像であった。実在の人物の肖像を図案とした最初の硬貨は、2010年(平成22年)に発行された地方自治法施行60周年記念貨幣(高知県)であり、坂本龍馬の肖像が刻まれた。

以降、日本の硬貨の図案に採用されたことがある人物は以下の通り。

  • 坂本龍馬:(地方自治法施行60周年記念1000円銀貨幣(高知県)、同500円バイカラー・クラッド貨幣(高知県) いずれも2010年(平成22年)発行)
  • 大隈重信:(地方自治法施行60周年記念1000円銀貨幣(佐賀県)、同500円バイカラー・クラッド貨幣(佐賀県) いずれも2010年(平成22年)発行)
  • 白瀬矗:(地方自治法施行60周年記念1000円銀貨幣(秋田県)、同500円バイカラー・クラッド貨幣(秋田県) いずれも2011年(平成23年)発行)
  • 双葉山:(地方自治法施行60周年記念1000円銀貨幣(大分県) 2012年(平成24年)発行)
  • 伊達政宗:(地方自治法施行60周年記念1000円銀貨幣(宮城県) 2013年(平成25年)発行)
  • 渋沢栄一:(地方自治法施行60周年記念1000円銀貨幣(埼玉県) 2014年(平成26年)発行)
  • 野口英世:(地方自治法施行60周年記念1000円銀貨幣(福島県) 2016年(平成28年)発行)

なお、これまでに実在の人物の肖像を図案としたのはいずれも記念貨幣(記念硬貨)であり、2021年(令和3年)現在でも一般に流通する硬貨の図案として実在の人物の肖像が採用されたことはない。

硬貨上に記載の文言[編集]

発行国名[編集]

現在有効な一般流通用の硬貨については、五円硬貨を除いて表面に発行国名が「日本国」と表示されている。五円硬貨については裏面に表示されており、このうち1949年(昭和24年)発行開始の黄銅貨(有孔楷書体)[注 6]1948年(昭和23年)発行開始の黄銅貨(無孔)については旧字体により「日本國」と表示されている。 なお、過去に発行されていた現在無効となっている硬貨では、「日本國」(1947年(昭和22年)7月以降製造分)の他に、「日本政府」(1945年(昭和20年)11月 - 1947年(昭和22年)5月製造分)や、「大日本」(1945年(昭和20年)9月以前製造分)という表記のものも存在していた。

額面金額[編集]

記念硬貨を除く現在有効な一般流通用の硬貨については、五円硬貨を除いて表面に漢数字表記、裏面にアラビア数字表記で額面金額が表示されている。ただし、五円硬貨については1959年(昭和34年)から発行されている現行の黄銅貨(有孔ゴシック体)も含め、額面金額の数字は表面の漢数字のみの表記となっており、過去も含めてアラビア数字で額面金額が表記された硬貨が発行されたことはない。また、かつて発行されていた硬貨(現在では失効しているものも含む)のうち一部のものには、アラビア数字による額面金額表示について、英語表記の単位「YEN」「SEN」「RIN」が付いているものも存在していた(現在有効なものでは、1957年(昭和32年)発行開始の鳳凰百円銀貨が該当する)。

年銘[編集]

現在有効な一般流通用の硬貨については、裏面に製造年の年銘が元号表記で表示されている。詳細は#硬貨の年銘を参照。

硬貨の中心の穴[編集]

1949年(昭和24年)以降に発行された五円硬貨1959年(昭和34年)以降に発行された五十円硬貨の中心には穴があけられているのが大きな特徴である。これは、特に視覚障害者にとって硬貨の判別を容易にすることと、硬貨の材料を節約することなどを目的としたものである。日本で戦前に発行され現在では失効している硬貨では、五銭硬貨十銭硬貨の一部に穴あき硬貨が存在した。なお、世界的にみれば穴あき硬貨は比較的珍しい存在ではあるが、ノルウェーデンマークパプアニューギニアなどの国々でも日本同様に一般流通用の硬貨で穴あき硬貨が発行されており[注 7]、日本独自のものではない。

記念貨幣[編集]

東京オリンピック記念1000円銀貨幣(1964年発行)

日本では1964年(昭和39年)に発行された、東京オリンピック記念の1000円銀貨幣および100円銀貨幣を初めとして、2021年(令和3年)3月末時点で215種類もの記念貨幣が発行されている。日本の記念貨幣の額面には、100円・500円・1000円・5000円・1万円・5万円・10万円がある。

小額硬貨の廃止について[編集]

現在、銭・厘単位(1円未満)の硬貨については小額通貨整理法により既に通用停止となっている。

現在発行中の通常硬貨のうち、一円硬貨及び五円硬貨については、現在でも市中では不自由なく流通しているものの、これらの廃止に関する議論もないわけではない。特に一円硬貨に関しては、近年ではキャッシュレス化の影響などで新規製造が貨幣セット用のみに限られる状態が続いており、流通量も漸減傾向にある。他にも製造コストや金融機関での手数料の事情、先進諸国の小額硬貨廃止英語版の状況などから、廃止論もしばしば取りざたされることがある(1セント硬貨 (アメリカ合衆国)#硬貨存廃を巡る議論およびユーロ硬貨#小額硬貨も参照)。2021年(令和3年)2月25日には予算委員会分科会で、泉健太立憲民主党政調会長が、一円硬貨と五円硬貨の廃止を麻生太郎財務大臣に提案した[14]

デザインが一般公募によって決定された硬貨[編集]

明治以降の日本の硬貨で、デザインが一般公募によって決定された硬貨は次の通りである。

  • 五十銭硬貨〈小型鳳凰五十銭銀貨〉(1922年(大正11年)発行開始、八咫烏五十銭銀貨のデザインを一部改変、1953年(昭和28年)通用停止)
  • 十銭硬貨〈十銭ニッケル貨〉(1933年(昭和8年)発行開始、1953年(昭和28年)通用停止)
  • 五銭硬貨〈五銭ニッケル貨〉(1933年(昭和8年)発行開始、1953年(昭和28年)通用停止)
  • 十銭硬貨〈十銭アルミニウム青銅貨〉(1938年(昭和13年)発行開始、1953年(昭和28年)通用停止)
  • 五銭硬貨〈五銭アルミニウム青銅貨〉(1938年(昭和13年)発行開始、1953年(昭和28年)通用停止)
  • 一銭硬貨〈烏一銭黄銅貨〉(1938年発(昭和13年)行開始、1953年(昭和28年)通用停止)
  • 一銭硬貨〈烏一銭アルミニウム貨〉(1938年(昭和13年)発行開始、1953年(昭和28年)通用停止)
  • 五十円硬貨〈穴ナシ五十円ニッケル貨〉(1955年(昭和30年)発行開始、現在有効)
  • 五十円硬貨〈穴空き五十円ニッケル貨〉(1959年(昭和34年)発行開始、現在有効)
  • 百円硬貨〈稲穂百円銀貨〉(1959年(昭和34年)発行開始、現在有効)
  • 一円硬貨〈一円アルミニウム貨〉(1955年(昭和30年)発行開始、現在発行中)

以下は実際には流通しなかったものである。

  • 五十銭硬貨〈八咫烏五十銭銀貨〉(1918年(大正7年)発行開始、本格製造され日銀に引き渡されたものの流通せず)
  • 二十銭硬貨〈八咫烏二十銭銀貨〉(1918年(大正7年)貨幣法により制定、試作のみ)
  • 十銭硬貨〈八咫烏十銭銀貨〉(1918年(大正7年)発行開始、本格製造され日銀に引き渡されたものの流通せず)
  • 二十銭硬貨〈小型鳳凰二十銭銀貨〉(1922年(大正11年)貨幣法により制定、小型鳳凰五十銭銀貨と同様図案、試作のみ)

損傷時の交換[編集]

日本銀行の本支店において、破損(曲がり、変形等の損傷や汚染など)や磨損(すり減りなど)により通用や使用に支障が出た日本の硬貨(以下単に硬貨)について交換業務(引換え)を行っている[15]。損傷していなくても、現在発行されていない旧硬貨は同様にこの交換業務(引換え)の対象となる[要出典][要検証]。なお、その時点で日本国内での通用力が停止されていない全ての硬貨、記念硬貨[注 8]や貨幣(通用や使用に支障が出ていないもの)は、通常の銀行[注 9]の窓口で、一般的な硬貨と同様に預金などが可能である[注 10][注 11]

破損等の事由には過失など理由を問わないが、故意の硬貨の損傷は貨幣損傷等取締法により処罰される。なお、有害物質(放射性物質、毒劇物、化学兵器生物兵器その他)により汚染された硬貨については、日本銀行への届け出前に、当該有害物質の所管官庁等に相談する必要がある。

窓口に出向き届け出る事が必要であり、郵送などの対応は行わない。また、日本銀行本支店では、引き換えに要する時間その他の事務上の理由から[注 12]、来店前に事前に電話等をする事を推奨している。

また、これらの損傷時交換対応などは、少量・損傷判定が明確であれば、銀行法上の銀行[注 13]窓口においても対応する場合がある。ただし銀行法上の銀行[注 13]における交換業務は義務対応ではないので、銀行によって対応が異なる(大量であったり損傷判定が明確でない場合に、銀行が日銀鑑定に回付までしてもらえる場合がある。ただしこれも義務対応ではない)。ゆうちょ銀行窓口においては両替業務を行っていない関係上、損傷硬貨の交換も行っていない。

損傷硬貨の引換え基準[編集]

硬貨の刻印(模様)が確認できることが条件となる。また、欠損のある場合は以下の基準により交換を行う。[注 14][16]

  • 金貨である場合
    • 残存重量が98%以上の場合
      • 全額(100%)の硬貨と交換
    • 残存重量が98%未満の場合
  • 金貨以外の場合
    • 残存重量が50%を超える場合
      • 全額(100%)の硬貨と交換
    • 残存重量が50%以下の場合

ただし、損傷等の原因が災害その他やむを得ない事由による場合は、上記にかかわらず、硬貨の刻印(模様)が確認できることが条件として、全額(100%)の硬貨と交換するとしている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 貨幣の量目は、通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律施行令(昭和63年政令第50号)に定められる。なお、厚さは法令では定められていない。
  2. ^ mm
  3. ^ 尺貫法でいう1
  4. ^ 5円硬貨や50円硬貨などで、希に穴がズレたまま発行されることもある。確かに希少ではあるものの、ここでは扱わない。
  5. ^ a b 製造は1951年(昭和26年)開始
  6. ^ いわゆるフデ五
  7. ^ 過去にはフィリピンハンガリーユーロ導入以前のスペインフランスなどでも穴あき硬貨が発行されていた。
  8. ^ ただし偽造が問題になった一部の記念貨幣については真贋鑑定に回され、入金等が遅れる場合もあるが、それは合法的対応である。
  9. ^ ゆうちょ銀行を含む
  10. ^ なおこの場合、法的には法貨としての強制通用力(同一額面20枚まで)が問題になるとも考えられるが、一般的な対応としては、通常の銀行(ゆうちょ銀行含む)であれば全て20枚制限とは関係なく、常識的な範疇であれば大量の硬貨でも受け入れている。ただし銀行によって対応が異なり、非常識な量であれば強制通用力を盾にとって両替業務として対応(手数料徴収)する可能性もある(ゆうちょ銀行は両替業務を行わない建前上、受入れを拒否もできる)。なお、これらの「受入れ」にはATMによる受入れは含まない(ATMへの硬貨大量入金は多くの場合制限されているし、対応義務もない)。
  11. ^ なお20枚以下の、日本国内での通用力が停止されていない全ての硬貨、記念硬貨または貨幣については強制通用力を持つため、通常の銀行(ゆうちょ銀行を含む)は原則として受け入れを拒否できない(対応義務)。なお、昭和28年小額通貨整理法により、円未満の銭貨、厘貨は通用停止となっており円未満の問題は生じない。
  12. ^ 届け出当日中に全部を交換できない場合もある
  13. ^ a b 普通銀行など。ゆうちょ銀行を除く。
  14. ^ 本支店窓口では、なるべく届出者により汚損硬貨の洗浄、乾燥などを求めている。
  15. ^ 金地金として自ら処分等
  16. ^ 自ら処分等

出典[編集]

  1. ^ 『景気対策を目的とした政府貨幣増発の帰結 - UFJ総合研究所』UFJ総合研究所、2003年、ウェブアーカイブ
  2. ^ a b 毎日新聞社編『話のネタ』PHP文庫 p.70 1998年
  3. ^ a b 新しい五百円貨幣の発行時期について”. 財務省. 2021年4月27日閲覧。
  4. ^ a b 日本銀行金融研究所『日本貨幣年表』日本銀行金融研究所、1994年、99頁。ISBN 9784930909381
  5. ^ a b c d 日本銀行金融研究所『日本貨幣年表』日本銀行金融研究所、1994年、101頁。ISBN 9784930909381
  6. ^ a b 日本銀行金融研究所『日本貨幣年表』日本銀行金融研究所、1994年、103頁。ISBN 9784930909381
  7. ^ 日本銀行金融研究所『日本貨幣年表』日本銀行金融研究所、1994年、106頁。ISBN 9784930909381
  8. ^ 日本銀行金融研究所『日本貨幣年表』日本銀行金融研究所、1994年、100頁。ISBN 9784930909381
  9. ^ 日本銀行金融研究所『日本貨幣年表』日本銀行金融研究所、1994年、97頁。ISBN 9784930909381
  10. ^ a b 日本銀行金融研究所『日本貨幣年表』日本銀行金融研究所、1994年、96頁。ISBN 9784930909381
  11. ^ 偽造100円白銅貨幣について
  12. ^ 「令和元年」の100円と500円製造開始 記念金貨も 朝日新聞デジタル 2019年7月11日 20時39分
  13. ^ 造幣局 年銘別貨幣製造枚数
  14. ^ 1円玉と5円玉「役割終えている」 国会で論戦 立民の泉政調会長「さい銭多い神社が苦労」 京都新聞 2021年2月26日 09時24分 (2021年2月27日閲覧)
  15. ^ 日本銀行が行う損傷現金の引換えについて : 日本銀行 Bank of Japan”. www.boj.or.jp. 2019年1月12日閲覧。
  16. ^ https://www.boj.or.jp/about/services/bn/sonsyo.htm/

関連項目[編集]

外部リンク[編集]