十円紙幣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

十円紙幣(じゅうえんしへい)とは、日本銀行券(日本銀行兌換銀券、日本銀行兌換券を含む)の1つ。旧十円券、改造十円券、甲号券、乙号券、丙号券、い号券、ろ号券、A号券の八種類が存在し、このうち現在法律上有効なのは新円として発行されたA号券のみである。紙幣券面の表記は『拾圓』。

旧十円券[編集]

拾円日本銀行兌換銀券(1885年)
  • 日本銀行兌換銀券
  • 額面 10円(拾圓)
  • 表面 大黒
  • 裏面 彩紋
  • 印章 〈表面〉日本銀行総裁之章、文書局長(割印) 〈裏面〉金庫局長
  • 銘板 大日本帝國政府大藏省印刷局製造
  • 記番号色 赤色(記号)および緑色(番号)
  • 寸法 縦93mm、横156mm
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1884年明治17年)12月 - 1888年(明治21年)[1]
  • 製造枚数 1,155,000枚[1]
  • 発行開始日 1885年(明治18年)5月9日
  • 通用停止日 1939年昭和14年)3月31日
  • 発行終了
  • 失効券

表面に大黒天が描かれていることから「大黒札」と呼ばれている。小槌を手にした大黒天がの上に腰かけている様子が描かれており、米俵の側には3匹のがあしらわれている。紙幣の強度を高めるためにコンニャク粉が混ぜられていた。日本銀行券の中で最初(最古)のものである[2]。図案製作者はイタリア人のエドアルド・キヨッソーネである。旧券中唯一、英語による兌換文言の表記がなされていない。表面の地模様には、表面中央に日輪とそこから放射状に延びる光線状の模様が描かれている。表面は全体的に発行当時の写真複製技術では再現困難な薄い青色で印刷されている。

記番号は漢数字となっており、通し番号は5桁で、通し番号の前後には「第」、「番」の文字がある。1組につき4万枚(最大通し番号は「第四〇〇〇〇番」)製造されている(ただし最終組「第貳九號」は「第叄五〇〇〇番」までの製造)。

透かしは「日本銀行券」の文字と桜花小槌分銅巻物宝珠の図柄である。

改造十円券[編集]

  • 日本銀行兌換銀券
  • 額面 10円(拾圓)
  • 表面 和気清麻呂(紙幣面の人名表記は「和氣清麻呂卿」)と
  • 裏面 彩紋
  • 印章 〈表面〉総裁之印 〈裏面〉文書局長、金庫局長
  • 銘板 大日本帝國政府大藏省印刷局製造
  • 記番号色 赤色
  • 寸法 縦100mm、横169mm
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1890年(明治23年)3月 - 1898年(明治31年)[1]
  • 製造枚数 8,074,000枚[1]
  • 発行開始日 1890年(明治23年)9月12日
  • 通用停止日 1939年(昭和14年)3月31日
  • 発行終了
  • 失効券

旧十円券には紙幣の強度を高めるためにコンニャク粉が混ぜられていたが、そのためにネズミに食害されることが多々あった。また、偽造防止(写真に写りにくするため)として用いていた薄い青色の顔料には、鉛白が含有されており、黒変すること(温泉地で硫化水素と化合するなど)もあった[3]。それにより、かえって偽造が容易になったという指摘もある[4]。そのため、この改造券が発行された。

表面の額縁状の輪郭内には肖像の和気清麻呂に因んだ猪が描かれていることから、通称は「表猪10円」である。猪は8頭描かれており、走っているもの、歩いているもの、座っているものなど、様々な生態が描かれている[5]。また旧十円券と異なり、英語による兌換文言も裏面に表記されている。

記番号は漢数字となっており、通し番号は当初は5桁(「第壹號」~「第壹〇五號」、通し番号「四〇〇〇〇」まで)、のちに6桁(「第壹〇六號」~「第壹壹〇號」、通し番号「九〇〇〇〇〇」まで)となっている。

透かしは「銀貨拾圓」の文字との図柄である。

甲号券[編集]

Bank of Japan gold convertible yen banknote 1900.jpg
  • 日本銀行兌換券
  • 額面 10円(拾圓)
  • 表面 和気清麻呂(紙幣面の人名表記は「和氣清麻呂卿」)と護王神社拝殿
  • 裏面 と英語表記の兌換文言
  • 印章 〈表面〉総裁之印 〈裏面〉文書局長、発行局長
  • 銘板 大日本帝國政府印刷局製造
  • 記番号色 黒色
  • 寸法 縦96mm、横159mm
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1899年(明治32年)下期 - 1914年大正3年)12月[1]
  • 製造枚数 [1]
    • 42,300,000枚(記号:変体仮名)
    • 33,410,000枚(記号:アラビア数字)
  • 発行開始日 1899年(明治32年)10月1日
  • 通用停止日 1939年(昭和14年)3月31日
  • 発行終了
  • 失効券

1897年(明治30年)の銀本位制から金本位制への移行に伴い、金兌換券として発行された。表面には、和気清麻呂の肖像のほか、護王神社の拝殿を正面から眺めた風景が描かれている。肖像になっている和気清麻呂は猪によって難事を救われたとの伝説があり、裏面に描かれた疾走する猪はこの伝説に基づいていると思われる。そのデザインから、通称は「裏猪10円」であるほか、当時は一般に「イノシシ札」と呼ばれていた[6]。また、裏面左端に製造年が和暦で記載されており、裏面右端には「日本銀行」の断切文字(割印のように券面内外に跨るように印字された文字)が配置されている。

当初は記号がいろは順の変体仮名であったが、いろは47文字を全て使い切ったため、それ以降の発行分は記号がアラビア数字となった。通し番号は漢数字であるが、変体仮名記号とアラビア数字のもので書体が異なり、「2」に対応する漢数字は変体仮名記号のもので「貳」、アラビア数字記号のもので「弍」となっている。

透かしは「拾圓」の文字との図柄である。

乙号券[編集]

  • 日本銀行兌換券
  • 額面 10円(拾圓)
  • 表面 和気清麻呂護王神社本殿
  • 裏面 英語表記の兌換文言
  • 印章 〈表面〉総裁之印 〈裏面〉文書局長
  • 銘板 大日本帝國政府印刷局製造
  • 記番号色 黒色
  • 寸法 縦89mm、横139mm
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1915年(大正4年)1月 - 1929年(昭和4年)1月[1]
  • 製造枚数 249,990,000枚[1]
  • 発行開始日 1915年(大正4年)5月1日
  • 通用停止日 1939年(昭和14年)3月31日
  • 発行終了
  • 失効券

甲号券で写真技術を用いた精巧な偽造券が発見されたことにより改刷が行われた。日本銀行券中唯一、表面左側に肖像画が描かれている[注 1]。そのため通称は「左和気10円」である。

表面右側には、護王神社の本殿の風景が描かれているが、当初の予定ではこの位置に透かしが入り、印刷が空白となる予定であった。しかしながら、同様のデザイン構成を採用した乙五円券が不評であったため、これを受けて仕様が変更された結果である[7]。裏面には彩紋模様と英語表記の兌換文言が記載されているが、当時ヨーロッパを中心に流行していたアール・ヌーヴォー調のデザインとなっている。裏面右端には「日本銀行」の断切文字が配置されている。

透かしは五七桐紋である。

丙号券[編集]

  • 日本銀行兌換券
  • 額面 10円(拾圓)
  • 表面 和気清麻呂
  • 裏面 護王神社本殿
  • 印章 〈表面〉総裁之印 〈裏面〉文書局長
  • 銘板 大日本帝國政府内閣印刷局製造
  • 記番号色 黒色
  • 寸法 縦81mm、横142mm
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1928年(昭和3年)10月 - 1943年(昭和18年)4月[1]
  • 製造枚数 1,061,070,000枚[1]
  • 発行開始日 1930年(昭和5年)5月21日
  • 通用停止日 1946年(昭和21年)3月2日
  • 発行終了
  • 失効券

関東大震災で兌換券の整理が必要となったことから1927年(昭和2年)2月に兌換銀行券整理法が制定され、従来の兌換券を失効させて新しい兌換券に交換するため、丁五圓券・丙拾圓券・乙百圓券が新たに発行された。

表面には右側に和気清麻呂の肖像を、中央に地模様として正倉院御物「鹿草木夾纈屏風」の樹木の図柄と、同じく正倉院御物「鳥草夾纈屏風」の瑞鳥の図柄が描かれている。裏面には中央に和気清麻呂ゆかりの護王神社の本殿と、左右の「拾」の文字が配された彩紋模様の上下には正倉院御物の「雙六局の木匣」の花模様があしらわれている。また、裏面右端には「日本銀行」の断切文字が配置されている。正倉院御物にまつわる図案をふんだんに盛り込んだデザインとなっており、表面の意匠は不換紙幣のい号券に流用されている。

丙号券からろ号券までの10円券は、全て和気清麻呂が描かれており、通称では「1次」~「4次」と呼ばれているので、この丙号券は「1次10円」となる。このうちろ号券(4次10円)以外の「1次」~「3次」はデザインが類似している。それ以前の改造券・甲号券・乙号券も和気清麻呂が描かれているが、これらは「何次」とは呼ばれない。

透かしは「拾圓」の文字と肖像の和気清麻呂に因んだ神護寺古瓦の図柄である。

い号券[編集]

  • 日本銀行券
  • 額面 10円(拾圓)
  • 表面 和気清麻呂
  • 裏面 護王神社本殿
  • 印章 〈表面〉総裁之印、発券局長 〈裏面〉なし
  • 銘板 内閣印刷局製造
  • 記番号色 黒色(記番号)/赤色(記号のみ)(製造時期により2種類あり)
  • 寸法 縦81mm、横142mm
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1943年(昭和18年)4月 - 1946年(昭和21年)3月[1]
  • 製造枚数 [1]
    • 432,000,000枚(記番号)
    • 265,774,000枚(記号のみ)
  • 発行開始日 1943年(昭和18年)12月15日
  • 通用停止日 1946年(昭和21年)3月2日
  • 発行終了
  • 失効券

事実上有名無実化していた金本位制1942年(昭和17年)に正式に廃止され、管理通貨制度に移行したことに伴い不換紙幣として発行された。また、時代は第二次世界大戦に突入し、あらゆるものが戦争に駆り出され紙幣もコスト削減や製造効率向上を目的に仕様が簡素化されている。

表面の意匠は兌換券である丙号券の流用だが、裏面は異なっている。表面の変更点は、題号の「日本銀行券」への変更の他に、兌換文言の削除、発行元銀行名の位置変更、銘板の記載変更、印章を表面に2個(「総裁之印」・「発券局長」)印刷するようにしたことと、地模様の刷色変更だが、その他の図案は丙号券と同様である。裏面には、丙号券と同じ護王神社の本殿が描かれており、上方には瑞雲、下方には、左右には古代鏡型の彩紋、地模様には宝相華があしらわれているが、丙号券の重厚感のあるデザインと比較すると大幅に簡略化されている。

当初は記番号が黒色で印刷されていたが(2次10円)、1944年(昭和19年)に記号の色が赤色に変更され通し番号が省略された(3次10円)。2次10円の通し番号については、基本的に900000までであったが、補刷券といって、不良券との差し替え用に900001以降の通し番号が印刷されたものが存在する。

発行開始時の透かしは丙号券と同じ「拾圓」の文字と神護寺古瓦の図柄であったが、1944年(昭和19年)に「日本」と「拾」の文字、1945年(昭和20年)に日本銀行行章のみに2度にわたり簡略化されている。

い拾圓券の変遷の詳細を下表に示す。い拾圓券は2次10円2タイプ、3次10円3タイプの合計5タイプに分かれる。

通称 組番号範囲 発行開始 記番号仕様 透かし
2次10円 1~ 403 1943年(昭和18年)12月 黒・通し番号あり 「拾圓」・神護寺の古瓦
404~480 1944年(昭和19年)8月 黒・通し番号あり 「日本」・「拾」
3次10円 481~510 1944年(昭和19年)11月 赤・通し番号なし 「日本」・「拾」
511~530 1945年(昭和20年)6月 赤・通し番号なし 日本銀行行章(定位置)
531~542[注 2] 不明 赤・通し番号なし 日本銀行行章(不定位置)

ろ号券[編集]

  • 日本銀行券
  • 額面 10円(拾圓)
  • 表面 和気清麻呂
  • 裏面 護王神社本殿
  • 印章 〈表面〉総裁之印、発券局長 〈裏面〉なし
  • 銘板 大日本帝國印刷局製造
  • 記番号色 赤色(記号のみ)
  • 寸法 縦81mm、横142mm
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1944年(昭和19年)6月 - 1946年(昭和21年)3月[1]
  • 製造枚数 [1]
    • 69,000,000枚(地模様:2色)
    • 237,305,000枚(地模様:単色)
  • 発行開始日 1945年(昭和20年)8月17日
  • 通用停止日 1946年(昭和21年)3月2日
  • 発行終了
  • 失効券

通称は「4次10円」である。和気清麻呂の肖像は表面中央やや右寄りに配置されている。肖像の左右には対になった鳳凰、下方には瑞雲桜花、地模様は唐草模様をあしらっている。裏面はい号券同様の護王神社の本殿の風景だがデザインは変更されており、左右に唐草模様、下方に宝相華、外側は菊花葉が描かれている。丙号券やい号券で見られた正倉院御物に由来する凝ったデザインは姿を消している。

記番号は組番号(記号)のみの表記で通し番号はない。透かしは唐草模様のちらし透かしであるが、紙質や製作が粗悪なため確認は困難である。

ろ号券は、終戦直前に緊急用[注 3]として印刷方式や紙幣用紙の仕様をかなり簡素化して製造を開始したものであり、戦後製造分は当初2色刷りであった地模様を単色化して刷色を減らすなど更に極限まで仕様が簡素化されている。これは、紙幣用のインク、用紙、印刷機といった資機材が欠乏した状況下で、印刷局の製造能力だけではもはや対応しきれない状況となっていたことから、設備が十分でない民間印刷会社でも製造が行えるよう、偽造防止のためには欠かせない反面手間のかかる凹版印刷を取り止め、高額券でありながら簡易なオフセット印刷で製造することを目的としたものである。なお、ろ号券に限らず、第二次世界大戦末期から終戦直後に製造された紙幣は材料の枯渇状態の下で簡易な印刷方法により粗製濫造された結果、画線が潰れて肖像などの主模様の印刷が不鮮明なものや、刷色が一定せず色違いのものが発生するなど品質不良状態の紙幣が見受けられる。

新円切替のため法律上の通用期間は1年にも満たなかった。新円切替の際、一度失効した丙号券~ろ号券に証紙を貼付し、臨時に新券の代わりとした「証紙貼付券」が発行された。この証紙貼付券は十分な量の新円の紙幣(A号券)が供給された1946年(昭和21年)10月に失効した。

A号券[編集]

Series A 10 Yen Bank of Japan note - front.jpg
Series A 10 Yen Bank of Japan note - back.jpg
  • 日本銀行券
  • 額面 10円(拾圓)
  • 表面 国会議事堂鳳凰
  • 裏面 彩紋
  • 印章 〈表面〉総裁之印、発券局長 〈裏面〉なし
  • 銘板 記載なし
  • 記番号色 赤色(記号のみ)
  • 寸法 縦76mm、横140mm
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1946年(昭和21年)2月 - 1954年(昭和29年)3月[1]
  • 製造枚数 9,869,055,000枚[1]
  • 発行開始日 1946年(昭和21年)2月25日
  • 支払停止日 1955年(昭和30年)4月1日
  • 発行終了
  • 有効券

終戦直後の新円切替のため、新円として発行するA号券は民間企業の凸版印刷によってデザインされた。この当初の案には伐折羅大将像のA千円券があったが、GHQによるインフレーション助長の懸念と肖像へのクレームのため発行されなかった。このA十円券は不発行となったA千円券のデザインの伐折羅大将像を国会議事堂に差し替えて流用したものである。

券面を左右に二分した図柄が特徴的であり、表面左側には十字型の枠内に国会議事堂の中央塔部分を、右側には四角い輪郭枠の中に法隆寺の古鏡の鳳凰と胡蝶の図柄を描いたものであった。裏面には正倉院御物の古代裂から採った睡蓮宝結びの模様を描いている。甲百圓券以降に発行された日本銀行券のうち、デザインに日本銀行行章が入っていない2つの例のうちの1つである(もう一つは乙貳百圓券)。表面のデザインが「米国」に見えるなどのことから、GHQの陰謀があるのではとの悪評が立ち、国会でも問題となった。なお、透かしは入っていない。印刷方式は、当初は両面とも平版印刷、次に表凸版・裏平版印刷、最後に両面とも凸版印刷という変遷をたどっている。

大日本印刷凸版印刷などの民間企業でも印刷されたが、そのことが偽造が多発する原因の1つとなった。記番号については、通し番号はなく記号のみの表記となっている。記号の下2桁が製造工場を表しており、印刷所別に分類できる。具体的には、大蔵省印刷局滝野川工場(12)、大蔵省印刷局酒匂工場(22)、大蔵省印刷局静岡工場(32)、大蔵省印刷局彦根工場(42)、凸版印刷板橋工場(13)、凸版印刷富士工場(23)、凸版印刷大阪工場(33)、大日本印刷市ヶ谷工場(14)、大日本印刷秋田工場(24)、大日本印刷新発田工場(34)、共同印刷小石川工場(15)、東京証券印刷王子工場(16)、東京証券印刷武生工場(36)の全国13工場(A号券の中では最も多い工場数)で製造され、用紙や刷色に変化が多く不均一となっている。

A十円券の製造終了は、十円硬貨(十円青銅貨)が市中に出回り始めた1953年(昭和28年)であった。

未発行紙幣[編集]

  • は拾圓券 - 肖像は和気清麻呂1945年(昭和20年)の第二次世界大戦終戦直後の急激なインフレーションによる紙幣需要の急増に対応することを目的としたオフセット印刷凸版印刷とする説もある[8])の簡易的な紙幣であり、券面の大きさをろ拾圓券よりも大幅に小型化して一層製造効率を高めたものである。寸法は縦68mm×横92mmであったが、これは当時発行されていたろ五圓券い一円券よりも更に小型のものであった。しかしながら、視察中の大蔵大臣が偶然印刷中の紙幣を目の当たりにし、余りにも粗末でみすぼらしい出来栄えの紙幣であったことから、これを発行することはかえって国民のインフレ心理を煽り、日本の国力の衰退を印象付ける恐れがあることや、偽造が懸念されるといったマイナスの影響を勘案し、公示と発行を見送ったとされる[9]。図柄は、表面右側に和気清麻呂の肖像、左側に瑞鳥が描かれており、地模様には雷紋瑞雲があしらわれている。また、表面に印章が2個(「総裁之印」・「発券局長」)配置されている。裏面中央には護王神社の本殿が描かれており、左右を菊葉が囲んでいる。記番号は組番号(記号)のみの表記で赤色で印字されており通し番号はなく、銘板は「大日本帝國印刷局製造」、透かしの図柄の白透かしによるちらし透かしである。1945年(昭和20年)9月から10月にかけて2626万4000枚が製造された[1]が、発行計画が中止となったことにより、製造済のものは廃棄処分されたため見本券のみが現存する。

参考文献[編集]

  • 植村峻『紙幣肖像の近現代史』吉川弘文館、2015年6月。ISBN 978-4-64-203845-4
  • 植村峻『日本紙幣の肖像やデザインの謎』日本貨幣商協同組合、2019年1月。ISBN 978-4-93-081024-3

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、銀行等での取扱いが不便であったため、乙拾円券の他に左側に肖像が印刷された紙幣は存在していない。
  2. ^ 記録上。実物が確認されているのは531と533のみ。組自体が補刷券として刷られたものではないかと推測する説もある(『日本紙幣収集手引書第四集・日本銀行券「A号シリーズ」編』南部紙幣研究所、1991年)。
  3. ^ 敗戦時のハイパーインフレーションなどの可能性を想定

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 大蔵省印刷局『日本のお金 近代通貨ハンドブック』大蔵省印刷局、1994年6月、242-255頁。ISBN 9784173121601
  2. ^ 日本で最初の「お札」とは?(2) - man@bow
  3. ^ 『金融研究』巻頭エッセイ 第3シリーズ 「貨幣に見る近代日本金融史」3-1 日本銀行の設立 - 日本銀行金融研究所[リンク切れ]
  4. ^ お金の話あれこれ p.9 - 日本銀行
  5. ^ お札に描かれた動植物 p.3 - 国立印刷局
  6. ^ 植村峻『紙幣肖像の近現代史』吉川弘文館、2015年6月、124-126頁。ISBN 9784642038454
  7. ^ 植村峻『紙幣肖像の近現代史』吉川弘文館、2015年6月、132-133頁。ISBN 9784642038454
  8. ^ 大蔵省印刷局『日本のお金 近代通貨ハンドブック』大蔵省印刷局、1994年6月、250-251頁。ISBN 9784173121601
  9. ^ 発行されなかった日本銀行券 p.27 - 日本銀行
  10. ^ 日本銀行調査局『図録日本の貨幣 9 管理通貨制度下の貨幣』東洋経済新報社、1975年6月、210-214頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]