不換紙幣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

不換紙幣(ふかんしへい)とは本位貨幣(正貨たる金貨銀貨)との兌換が保障されていない法定紙幣: Fiat Money)のことをいう。政府の信用で流通するお金であることから、信用紙幣: Faith Money)とも呼ばれる。

特質[編集]

不換紙幣には次のような特質があるとされる[1]

  • 政府の信用を基礎としており、これがない限り本質的には役には立たない
  • 兌換紙幣とは異なり一定量の貴金属と兌換できるわけではなく何ら裏付けを持たない
  • 紙幣を生産するのに費用がかからない

歴史[編集]

19世紀から20世紀中盤における紙幣は金貨や銀貨との交換が前提とされていた兌換紙幣であったので、それに対して不換紙幣という名称がつけられた。ところが1929年世界恐慌を機に金本位制の廃止が相次ぎ、特に日本では(関東大震災により遅れたものの)1931年犬養毅内閣が金輸出を再禁止したことにより金本位制ではなくなったため、事実上日本銀行券は兌換紙幣ではなくなり、1942年日本銀行法制定で兌換義務のない不換紙幣を発行できるようになった(いわゆる管理通貨制度)。

1945年ブレトン・ウッズ体制で1米国ドル=35オンスの金本位制が取る兌換紙幣であった。しかし、1971年8月のいわゆるニクソン・ショック以降は金と米ドルの兌換が停止される。同年12月にスミソニアン協定で1米国ドル=38オンスとドルの価値を下げつつも兌換紙幣の性格を維持しようとしていたが、1973年までに変動相場制に移行する形で1米国ドルの先進国の兌換紙幣としての性格は有名無実化することになった。1976年1月にIMFで変動相場制と米国ドルの金本位制廃止が正式に確認され、1978年4月に協定発効に伴って先進国の流通通貨における兌換紙幣は無くなった。

21世紀現在の先進国が発行する紙幣は、まず間違いなく不換紙幣である。政府がインフレーションなどが発生しないように通貨供給量(マネーサプライ)の調整や経済政策によって通貨価値に対する信用を維持しているため(管理通貨制度)、金による価値の裏づけがなくとも不換紙幣は安定して流通している。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 酒井良清著 『金融システム 第3版』 有斐閣アルマ、2006年、87-88頁

関連項目[編集]