千円紙幣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千円紙幣(せんえんしへい)は、日本銀行券(日本銀行兌換券を含む)の1つ。千円券(せんえんけん)、千円札(せんえんさつ)ともいう、額面1,000紙幣。現在発行されている日本銀行券では最小額面である。

現在発行されている千円紙幣は、2004年平成16年)から発行されている野口英世肖像E号券である。

他に、かつて発行された甲号券、B号券、C号券、D号券があり、これまでに発行された千円紙幣は全5種類存在し、甲号券以外は現在有効である。

甲号券[編集]

表面
裏面

1942年(昭和17年)4月16日の大蔵省告示第178号「昭和十六年法律第十四號第三條ノ規定ニ依リ兌換銀行券條例第三條ニ規定スルモノノ外日本銀行ノ發行スル兌換銀行券ノ種類ニ千圓券ヲ追加シ本年四月二十日ヨリ之ヲ發行ス」[1]で紙幣の様式が定められている。

  • 日本銀行兌換券
  • 額面 千圓(1,000円)
  • 表面 日本武尊建部神社本殿
  • 裏面 彩紋
  • 印章 〈表面〉総裁之印 〈裏面〉文書局長、発行局長
  • 銘板 内閣印刷局製造
  • 記番号仕様
    • 記番号色 黒色
    • 記番号構成 〈記号〉組番号:「{」+数字1桁+「}」 〈番号〉通し番号:数字6桁
  • 寸法 縦100mm、横172mm[1]
  • 製造実績
  • 発行開始日 1945年(昭和20年)8月17日[4](告示上:1942年(昭和17年)4月20日[注 1]
  • 通用停止日 1946年(昭和21年)3月2日[5](証紙貼付券に限り1946年(昭和21年)10月31日[6]
  • 失効券

第二次世界大戦後のインフレーション解決のための金融緊急措置令などの新円切替が行われる以前(旧円)の最高額紙幣。

1941年(昭和16年)に製造を開始。1942年(昭和17年)の大蔵省告示で発行の宣言をしたが、これは紙幣を発行する権限が大蔵省から日本銀行へ移管することを理由とした形式的なのものである。移管した後では大蔵省が印刷した紙幣を発行することができないからである。そのような事情で発行されたため、発行後数年間は日本銀行に死蔵されることになる。

そして終戦直後の1945年昭和20年)8月17日に他の新紙幣の発行とともに流通が開始されたが、新円切替に伴い発行から1年も経たず、1946年(昭和21年)3月2日限りで失効した。製造数は8,100,000枚(うち発行数は不明)。失効後も、証紙を貼り付けて臨時に新様式券(新円)の代わりとする「証紙貼付銀行券」が発行され流通・通用した。この「証紙貼付銀行券」も新円の流通拡大に伴い、1946年10月末に失効した。

なお、千円の新券(A千円券)は結局発行されなかった。このように甲千圓券は短命な超高額券であった。発行枚数が少なく、かつ高額券ゆえほとんど回収されたため、現存数は多くない。現在(2014年(平成26年))の価格に換算すると約180万円ほどの額に相当する。

表面右側には「二本松山古墳」から出土した古墳時代の「金銅製」および「短甲」を身に着けた日本武尊の肖像、左側には建部神社(現・建部大社)の本殿[注 2]が描かれている。輪郭には唐草模様の他に、勾玉、宝相華、桐紋が散りばめられており、地模様として八稜鏡型の輪郭と、その外側に瑞雲、宝相華、菊花があしらわれている。「日本銀行兌換券」と表記されているものの、発行開始時点で既に紙幣による金貨への兌換は停止されていたため、事実上の不換紙幣であった。裏面には彩紋と共に、宝相華、唐草模様などが印刷されている。裏面右端には「日本銀行」の断切文字(割印のように券面内外に跨るように印字された文字)が配置されている。透かしは「1000」の文字と鳳凰の図柄である。

B号券[編集]

表面
裏面

1949年(昭和24年)12月28日の大蔵省告示第1048号「昭和二十五年一月七日から発行する日本銀行券千円の様式を定める件」[7]で紙幣の様式が定められている。

  • 日本銀行券
  • 額面 千円(1,000円)
  • 表面 聖徳太子
  • 裏面 法隆寺夢殿
  • 印章 〈表面〉総裁之印 〈裏面〉発券局長
  • 銘板 日本政府印刷庁製造
  • 記番号仕様
    • 記番号色 黒色
    • 記番号構成 記号:英字1 - 2文字+通し番号:数字6桁+記号:英字1文字
  • 寸法 縦76mm、横164mm[7]
  • 製造実績
  • 発行開始日 1950年(昭和25年)1月7日[7]
  • 支払停止日 1965年(昭和40年)1月4日
  • 有効券

インフレーション抑制を目的とした新円切替で新紙幣(A号券)が新たに発行されたが、千円券の発行は計画されていたものの結果的に見送られた[注 3]。しかしその後もインフレーションは進み、A百円券の発行量が著しく増大して、より高額面の紙幣が必要になった。また粗末な作りのA号券の偽造が横行したこともあり、B千円券は、他のB号券に先駆けて1950年に発行された。

表面右側には聖徳太子の肖像が描かれ、肖像を囲む円形の枠には法隆寺の古瓦模様、中央上下には宝相華の唐草模様、地模様には法隆寺が所蔵する玉虫厨子の「透金具の天平模様」があしらわれている。裏面左側には法隆寺夢殿を、右端には正倉院御物の「四騎獅子狩文錦」の織物の図柄の一部分を描いている。かつての乙百圓券い百圓券ほどではないものの、肖像の聖徳太子にゆかりのある法隆寺や正倉院に関連する図柄が多く採用されている。

記番号にアルファベット1桁または2桁+数字6桁+アルファベット1桁の形式、すなわち「A123456B」や「AB123456C」のようなC号券・D号券・E号券と同じ形式が採用された初の日本の紙幣である。

A号券までに発行されていた日本銀行券の高額券とは異なって券面の寸法が横長となっており、以降もこれに近いスタイルが受け継がれている。透かしは「日銀」の文字と桜花の図柄であるが、印刷と重なっていることもあり確認しにくい。

使用色数は、表面5色(内訳は凹版印刷による主模様1色、地模様2色、印章1色、記番号1色)、裏面3色(内訳は凹版印刷による主模様1色、地模様1色、印章1色)となっている。

C号券[編集]

表面
裏面

1963年(昭和38年)3月5日の大蔵省告示第55号「昭和三十八年中に発行を開始する日本銀行券千円の様式を定める件」[8]で紙幣の様式が定められている。

  • 日本銀行券
  • 額面 千円(1,000円)
  • 表面 伊藤博文[8]
  • 裏面 日本銀行本店本館
  • 印章 〈表面〉総裁之印 〈裏面〉発券局長
  • 銘板 大蔵省印刷局製造
  • 記番号仕様
    • 記番号色 黒色/青色(製造時期により2種類あり)
    • 記番号構成 記号:英字1 - 2文字+通し番号:数字6桁+記号:英字1文字
  • 寸法 縦76mm、横164mm[8]
  • 製造実績
    • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1963年(昭和38年)5月17日 - 1984年(昭和59年)1月27日[2]
    • 製造枚数 [3]
      • 12,960,000,000枚[記番号:黒色]
      • 12,478,000,000枚[記番号:青色]
  • 発行開始日 1963年(昭和38年)[8]11月1日[9]
  • 支払停止日 1986年(昭和61年)1月4日
  • 有効券

印刷技術の向上によりB千円券の偽造[注 4]が多発したために新たに発行された。

表面右側には伊藤博文(初代内閣総理大臣)の肖像、下部には菊花を描き、地模様として中央には宝相華模様と法隆寺所蔵の「橘夫人念持仏厨子」の光背、左上や右側に桜花があしらわれている。裏面中央には日本銀行本店本館が描かれている。従来の日本銀行券に存在した額縁状の重厚な輪郭枠を取り去った、非常に開放的なデザインとなっている。

透かしは肖像と同じ伊藤博文だが肖像とは異なり横顔になっており、前代のB号券とは異なりその部分には印刷がされていないためこれを容易に確認できる。

記番号は現在発行中の紙幣と同じアルファベット1桁または2桁+数字6桁+アルファベット1桁の形式である。初期の記番号の色は黒色だった[8]が、この形式の記番号としては史上初めて129億6千万枚を発行して記番号が一巡したため、1976年(昭和51年)7月1日発行分[10][11]から記番号の色が青色[12]に変更された。

C千円券の変遷の詳細を整理すると下表の通りとなる。

発行開始日 日本銀行への引渡期間[2] 記番号色 変更理由
1963年(昭和38年)[8]11月1日[9] 1963年(昭和38年)5月17日 -
1976年(昭和51年)4月2日
黒色
1976年(昭和51年)[12]7月1日[10] 1976年(昭和51年)4月2日 -
1984年(昭和59年)1月27日
青色 記番号の組み合わせ枯渇

使用色数は、表面10色(内訳は凹版印刷による主模様2色、地模様6色、印章1色、記番号1色)、裏面5色(内訳は凹版印刷による主模様1色、地模様3色、印章1色)となっている。

D号券[編集]

表面
裏面

1984年(昭和59年)6月25日の大蔵省告示第76号「昭和五十九年十一月一日から発行する日本銀行券壱万円、五千円及び千円の様式を定める件」[13]で紙幣の様式が定められている。

  • 日本銀行券
  • 額面 千円(1,000円)
  • 表面 夏目漱石[13]
  • 裏面 タンチョウ
  • 印章 〈表面〉総裁之印 〈裏面〉発券局長
  • 銘板 大蔵省印刷局製造/財務省印刷局製造/国立印刷局製造(製造時期により3種類あり)
  • 記番号仕様
    • 記番号色 黒色/青色/褐色/暗緑色(製造時期により4種類あり)
    • 記番号構成 記号:英字1 - 2文字+通し番号:数字6桁+記号:英字1文字
  • 寸法 縦76mm、横150mm[13]
  • 製造実績
    • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1983年(昭和58年)8月18日[2] - 2003年平成15年)
    • 製造枚数 [14]
      • 12,960,000,000枚[記番号:黒色]
      • 5,832,900,000枚[記番号:青色]
      • 12,960,000,000枚[記番号:褐色]
      • 1,341,900,000枚[記番号:暗緑色・大蔵省銘]
      • 4,980,000,000枚[記番号:暗緑色・財務省銘]
      • 245,200,000枚[記番号:暗緑色・国立銘]
  • 発行開始日 1984年(昭和59年)11月1日[13]
  • 支払停止日 2007年(平成19年)4月2日
  • 有効券

C号券の発行開始から約20年が経過し、印刷技術や偽造防止技術が陳腐化してきたことからD千円券が発行された。D一万円券D五千円券と併せて3券種同時の改刷となり、各額面のD号券からは肖像に文化人が採用された。B千円券とC千円券は同じサイズであったが、このD千円券は、それらより長辺が14mm短くなった。後のE千円券以降も、このD千円券のサイズを踏襲している。

千円券の肖像には小説家の夏目漱石が選ばれ、表面右側に肖像が描かれている。なお、原画の写真が明治天皇崩御から間もないころに撮られたものであり、漱石自身が明治天皇の熱烈な崇拝者でもあったことから、服喪中の黒ネクタイを着用した肖像となっている。裏面には中央の空白を挟んで両側に特別天然記念物である釧路湿原の丹頂のつがいを描いており、左側が、右側がである。また、券面中央の透かし部分の楕円形の空白は、丹頂のの形状をイメージしたものである。

日本銀行券では、日本銀行行章は裏面にのみ入っているものが多い中、このD千円券とD五千円券では表面の額面金額の文字に重なっている所にも日本銀行行章が入っている。

透かしは肖像と同じ夏目漱石である。視覚障害者が触覚で容易に券種を識別できるよう、表面から見て左下隅に識別マーク[注 5]が透かしにより施されている。

初期の記番号の色は黒色だったが[13]、129億6千万枚を発行して記番号が一巡したため、1990年(平成2年)11月1日発行分から記番号の色が青色に変更された[15]1993年(平成5年)12月1日発行分から記番号の色を褐色に変更する[16]とともに、マイクロ文字紫外線発光インキ(表面印章「総裁之印」(オレンジ色発光)・裏面印章「発券局長」(赤色発光))等の偽札防止技術が施されている(ミニ改刷)。

この褐色記番号も、129億6千万枚を発行して記番号が一巡したため、2000年(平成12年)4月3日発行分から、記番号の色が暗緑色に変更された[17]。暗緑色記番号の紙幣については、製造者が当初は「大蔵省印刷局」[13]2001年(平成13年)5月14日発行分から「財務省印刷局」[18]、2003年(平成15年)7月1日発行分から「国立印刷局[19]の3種ある。

D千円券の変遷の詳細を整理すると下表の通りとなる。下記の6タイプに分かれる。

発行開始日 記番号色 銘板(製造者名) 変更理由
1984年(昭和59年)11月1日[13] 黒色 大蔵省印刷局製造
1990年(平成2年)11月1日[15] 青色 大蔵省印刷局製造 記番号の組み合わせ枯渇
1993年(平成5年)12月1日[16] 褐色 大蔵省印刷局製造 偽造防止力向上のための様式変更(ミニ改刷)
2000年(平成12年)4月3日[17] 暗緑色 大蔵省印刷局製造 記番号の組み合わせ枯渇
2001年(平成13年)5月14日[18] 暗緑色 財務省印刷局製造 製造者の組織変更
2003年(平成15年)7月1日[19] 暗緑色 国立印刷局製造 製造者の組織変更

使用色数は、表面9色(内訳は凹版印刷による主模様2色、地模様5色、印章1色、記番号1色)、裏面4色(内訳は凹版印刷による主模様1色、地模様2色、印章1色)となっている。

E号券[編集]

表面
裏面

2004年(平成16年)8月13日の財務省告示第374号「平成十六年十一月一日から発行を開始する日本銀行券壱万円、五千円及び千円の様式を定める件」[20]で紙幣の様式が定められている。

  • 日本銀行券
  • 額面 千円(1,000円)
  • 表面 野口英世[20]
  • 裏面 富士山本栖湖に映る逆さ富士)と
  • 印章 〈表面〉総裁之印 〈裏面〉発券局長
  • 銘板 国立印刷局製造
  • 記番号仕様
    • 記番号色 黒色/褐色/紺色(製造時期により3種類あり)
    • 記番号構成 記号:英字1 - 2文字+通し番号:数字6桁+記号:英字1文字
  • 寸法 縦76mm、横150mm[20]
  • 発行開始日 2004年(平成16年)11月1日[20]
  • 発行中
  • 有効券

D号券の発行開始から20年が経過し、精巧な偽造券が発見されるようになってきたことから、前回同様E一万円券E五千円券と併せて3券種同時の改刷となった。基調となる色はD号券と同系統の色調を受け継いでおり、E千円券はD千円券と同じく青色系の色合いとなっている。

表面右側に細菌学者の野口英世の肖像が描かれており、裏面左側には日本を代表する山である富士山および本栖湖に映る逆さ富士が描かれている。これは岡田紅陽撮影の「湖畔の春」という写真を基にしたものであり、原画はD五千円券と同じではあるものの、細部が若干異なるほか左側にあった赤松に代えて桜花が描き加えられている。この他、地模様として裏面右端の方にも桜花があしらわれている。透かしは肖像と同じ野口英世である。

偽造防止技術には光学的変化インクを除きD二千円券に使用されたものが多く採用されたが、このうちパールインクは券の左右両端に配置されている他、この券ではさらに、左下の潜像模様に重ねて「千円」の文字として印刷されているのが特徴的である。また、新たに表から見て右側に用紙を薄くしてすきを入れた「すき入れバーパターン」が採用され、千円紙幣には肖像の右側付近に縦棒のすき入れが1本入っている。特殊発光インキについては、紫外線照射により表面の印章「総裁之印」(D号券と異なり裏面印章「発券局長」は発光しない)がオレンジ色に発光する他、表面・裏面の地模様の一部が黄緑色に発光する。

また、公式に発表されていないが、表面と裏面に「ニ」「ホ」「ン」(日本)の片仮名がシークレットマークとして入っているほか、二千円紙幣に引き続いてユーリオンも採用されている。ただしE一万円券E五千円券と異なり、ホログラムは採用されていない。

視覚障碍者が判別できるよう紙幣の下端の左右に、指触りで金種を識別するために凸凹の印刷がされている[21]。一万円札はL字(逆L字)、五千円札は八角形、二千円札は3つの丸印(点字の「に」)、千円札は_(下線)となっている[22]。また、国立印刷局から、スマートフォンで判別・読み上げる事が出来るアプリ「言う吉くん」が提供されている[23]

記番号は発行当初黒色で印刷されていたが、129億6千万枚を発行してその組合せが枯渇したため、日本銀行と財務省は、2011年(平成23年)7月19日より記番号が褐色の券の発行を開始した[24][25][26]。さらに、この褐色記番号の券も129億6千万枚を発行して枯渇したため、2019年(平成31年)3月18日発行分より紺色に変更された[27][28][29]。日本の紙幣において、記番号の組み合わせの枯渇によって2回連続で記番号の印刷色が変更されるのは史上初めてである[注 6]

E千円券の変遷の詳細を整理すると下表の通りとなる。

発行開始日 記番号色 変更理由
2004年(平成16年)11月1日[20] 黒色
2011年(平成23年)7月19日[24] 褐色 記番号の組み合わせ枯渇
2019年(平成31年)3月18日[27] 紺色 記番号の組み合わせ枯渇

使用色数は、表面13色(内訳は凹版印刷による主模様2色、地模様9色、印章1色、記番号1色)、裏面7色(内訳は凹版印刷による主模様1色、地模様5色、印章1色)となっている。

2024年度発行予定の新紙幣[編集]

表面
裏面
  • 日本銀行券
  • 額面 千円(1,000円)
  • 表面 北里柴三郎
  • 裏面 葛飾北斎筆 「神奈川沖浪裏」(富嶽三十六景より)
  • 印章 〈表面〉総裁之印 〈裏面〉発券局長
  • 銘板 国立印刷局製造
  • 記番号仕様
    • 記番号色 黒色
    • 記番号構成 記号:英字2文字+通し番号:数字6桁+記号:英字2文字
  • 寸法 縦76mm、横150mm
  • 発行開始日 2024年(令和6年)上期予定
  • 未発行

2024年(令和6年)上期を目処に、偽造抵抗力の強化など目的として千円券・五千円券一万円券の3券種が同時に改刷される[30]

刷新後の千円紙幣は、表面の肖像は医学者の北里柴三郎、裏面は世界的に著名な浮世絵である富嶽三十六景の「神奈川沖浪裏」(葛飾北斎筆)に変更予定である。記番号も9桁から「AA000001AA」のような形式の10桁に変更される。

新たな偽造防止技術としては、高精細すき入れ模様とパッチタイプの3Dホログラムが導入される予定である[30]。視覚障害者のための識別マークは右上隅・左下隅に配置され、アラビア数字で「1000」が大きく描かれ、漢数字による額面の「千円」は左上隅に配置されている。

その他千円紙幣に関する事項[編集]

  • 日本では、千円紙幣に対して一般的に「高額紙幣」は一万円紙幣や五千円紙幣[注 7]を指す。一般に流通している紙幣の両替機には千円紙幣のみ対応しているものと全紙幣に対応しているものがあり、後者を「高額紙幣対応両替機」などと呼び前者の両替機と区別することがある。飲料たばこ等の自動販売機路線バスの両替機などでは千円紙幣のみに対応しているものが一般的であるが、鉄道駅券売機などでは全紙幣に対応しているものも多い。
  • 流通している千円紙幣の寿命は、つり銭などのやりとりが多く傷みやすいため、平均1-2年程度とされる。

透かし[編集]

偽造などを防止するため、透かしが使用されている。

未発行紙幣[編集]

い千圓券
肖像は日本武尊1945年(昭和20年)の第二次世界大戦終戦直後の急激なインフレーションによる紙幣需要の急増に対応することを目的とした、当時としては超高額券でありながらオフセット印刷の簡易的な紙幣である。しかしながら、視察中の大蔵大臣が偶然印刷中の紙幣を目の当たりにし、余りにも粗末でみすぼらしい出来栄えの紙幣であったことから、これを発行することはかえって国民のインフレ心理を煽り、日本の国力の衰退を印象付ける恐れがあることや、偽造が懸念されるといったマイナスの影響を勘案し、公示と発行を見送ったとされる[31]
図柄は、表面右側に日本武尊の肖像、左側には建部神社本殿が描かれており、地模様には八稜鏡型の輪郭と、その外側に瑞雲、宝相華などがあしらわれている。甲千圓券を流用したデザインであり、変更点は題号の「日本銀行券」への変更の他に、兌換文言の削除、発行元銀行名の位置変更、銘板の記載変更、印章の位置と数の違い(「総裁之印」・「発券局長」の2つを表面に印刷)と、地模様の刷色変更および簡略化である。裏面には彩紋と共に、宝相華、唐草模様などが描かれているが、これも表面同様に甲千圓券をほぼそのまま流用したデザインであり、変更点は題号の変更や下部の英語表記(「YEN」)の削除、および刷色の変更程度である。寸法も甲千圓券と同じく縦100mm、横172mmである。記番号は組番号(記号)のみの表記で赤色で印字されており通し番号はなく、銘板は「大日本帝國印刷局製造」、透かしの図柄の白透かしによるちらし透かしである。
1945年(昭和20年)11月10日から同年11月13日にかけて、組番号(記号)1から3までの440万枚が製造された[2]が、発行計画が中止となったことにより、製造済のものは廃棄処分されたため見本券のみが現存する。
A千圓券(1次案)
肖像は伐折羅大将像。1945年(昭和20年)に、急激な終戦直後のインフレーションの抑制のために政府が極秘裏に検討していた預金封鎖に向けて準備されていた紙幣である。券面を左右に二分した図柄が特徴的であり、表面左側には十字型の枠内に新薬師寺の伐折羅大将像の顔部分を、右側には四角い輪郭枠の中に法隆寺の古鏡の鳳凰胡蝶の図柄を描いたものであった。裏面には正倉院御物の古代裂から採った睡蓮宝結びの模様を描いている。デザインについては、民間企業の凸版印刷が提案したものである。しかしながら、連合国軍占領下、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)のインフレーション助長の懸念により承認が得られず、印刷や発行は行われなかった[注 8]
A千圓券(2次案)
肖像は日本武尊。1946年(昭和21年)の新円切替に向けた新紙幣に関して、偽造防止の観点から高額券には凹版印刷を用いるべきとのGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の意向を受けて準備された紙幣である。新たなデザインを用意する時間的余裕がなかったため、凹版印刷を用いていた既存の甲千圓券の図柄をほぼそのまま流用し、刷色を変更しただけのデザインとなっている。刷色以外の変更点は、表面中央に赤色の新円標識(瑞雲桜花[注 9]を加刷し、表面に「総裁之印」・「発券局長」の2つの印章を配し裏面の印章を取りやめたことである。寸法も甲千圓券と同じく縦100mm、横172mmである。銘板は「内閣印刷局製造」で、透かしの図柄の白透かしによるちらし透かしである。
デザインや発行についてのGHQの承認は得られていたものの、超高額券発行によるインフレーション助長の懸念と、甲千圓券そのままの「日本銀行兌換券」表記であることや兌換文言が残存していたことにより発行は見送られた[32]。1946年(昭和21年)2月1日から3月6日にかけて、組番号(記号)1から6までの540万枚が製造された[2]ものの、発行見送りとなったことにより廃棄処分され見本券のみが現存する。

参考文献[編集]

  • 植村峻『紙幣肖像の近現代史』吉川弘文館、2015年6月。ISBN 978-4-64-203845-4
  • 植村峻『日本紙幣の肖像やデザインの謎』日本貨幣商協同組合、2019年1月。ISBN 978-4-93-081024-3
  • 利光三津夫、 植村峻、田宮健三『カラー版 日本通貨図鑑』日本専門図書出版、2004年6月。ISBN 978-4-93-150707-4
  • 大蔵省印刷局『日本のお金 近代通貨ハンドブック』大蔵省印刷局、1994年6月。ISBN 978-4-17-312160-1
  • 大蔵省印刷局『日本銀行券製造100年・歴史と技術』大蔵省印刷局、1984年11月。
  • お金の話あれこれ:日本銀行

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1942年(昭和17年)4月16日付け大蔵省告示第178号「昭和十六年法律第十四號第三條ノ規定ニ依リ兌換銀行券條例第三條ニ規定スルモノノ外日本銀行ノ發行スル兌換銀行券ノ種類ニ千圓券ヲ追加シ本年四月二十日ヨリ之ヲ發行ス」では同年4月20日と予告されていた。
  2. ^ 本殿は現存するものの、手前に拝殿が建築され、更に拝殿と本殿を結ぶ回廊が建てられたため、現在では同じ風景を眺めることはできない状態となっている。
  3. ^ よって当時の最高額面券はA百円券であった
  4. ^ チ-37号事件など
  5. ^ ○が一つ、点字の「あ」
  6. ^ 前代のD千円券では黒色→青色→褐色→暗緑色と記番号の印刷色が変更されているが、青色→褐色の変更は記番号の組み合わせの枯渇ではなくミニ改刷に伴うものであり、C千円券・D五千円券・E五千円券・D一万円券・E一万円券では1回記番号の印刷色が変更されているだけであるため
  7. ^ 広義では二千円紙幣も
  8. ^ デザインはA拾圓券に流用されたが、肖像の図柄が不適当であるとのGHQの指示により伐折羅大将像は国会議事堂に変更された。
  9. ^ A百円券と同様のもの

出典[編集]

  1. ^ a b 1942年(昭和17年)4月16日大蔵省告示第178號「昭和十六年法律第十四號第三條ノ規定ニ依リ兌換銀行券條例第三條ニ規定スルモノノ外日本銀行ノ發行スル兌換銀行券ノ種類ニ千圓券ヲ追加シ本年四月二十日ヨリ之ヲ發行ス
  2. ^ a b c d e f g h 大蔵省印刷局『日本銀行券製造100年・歴史と技術』大蔵省印刷局、1984年11月、312-313頁。
  3. ^ a b c 大蔵省印刷局『日本のお金 近代通貨ハンドブック』大蔵省印刷局、1994年6月、242-255頁。ISBN 9784173121601
  4. ^ 日本銀行金融研究所『日本貨幣年表』日本銀行金融研究所、1994年、87頁。ISBN 9784930909381
  5. ^ 1946年(昭和21年)2月17日勅令第84號「日本銀行券預入令」、ならびに1946年(昭和21年)2月17日大蔵省令第13號「日本銀行券預入令施行規則
  6. ^ 1946年(昭和21年)9月12日大蔵省告示第687號「昭和二十一年勅令第九十號(日本銀行券預入令の特例の件)第一條第一項に規定する日を次のやうに定める。
  7. ^ a b c 1949年(昭和24年)12月28日大蔵省告示第1048号「昭和二十五年一月七日から発行する日本銀行券千円の様式を定める件
  8. ^ a b c d e f 1963年(昭和38年)3月5日大蔵省告示第55号「昭和三十八年中に発行を開始する日本銀行券千円の様式を定める件
  9. ^ a b 1963年(昭和38年)10月19日日本銀行公告「新様式千円券発行期日公告」
  10. ^ a b 1976年(昭和51年)6月18日日本銀行公告「新様式千円券発行期日公告」
  11. ^ 独立行政法人 国立印刷局 - 現在でも使えるお札
  12. ^ a b 1976年(昭和51年)3月18日大蔵省告示第22号「昭和五十一年中に発行を開始する日本銀行券千円の様式を定める件
  13. ^ a b c d e f g 1984年(昭和59年)6月25日大蔵省告示第76号「昭和五十九年十一月一日から発行する日本銀行券壱万円、五千円及び千円の様式を定める件
  14. ^ 鈴木和三郎『日本の現行貨幣 収集の手引き』内外貨幣研究会、2011年11月、72頁。
  15. ^ a b 1990年(平成2年)6月20日大蔵省告示第107号「平成二年十一月一日から発行する日本銀行券千円の様式を定める件
  16. ^ a b 1993年(平成5年)6月24日大蔵省告示第134号「平成五年十二月一日から発行する日本銀行券壱万円、五千円及び千円の様式を定める件
  17. ^ a b 2000年(平成12年)2月2日大蔵省告示第26号「平成十二年四月三日から発行する日本銀行券千円の様式を定める件
  18. ^ a b 2001年(平成13年)3月30日財務省告示第85号「平成十三年五月十四日から発行する日本銀行券壱万円、五千円及び千円の様式を定める件
  19. ^ a b 2003年(平成15年)6月13日財務省告示第482号「平成十五年七月一日から発行を開始する日本銀行券壱万円、五千円及び千円の様式を定める件
  20. ^ a b c d e 2004年(平成16年)8月13日財務省告示第374号「平成十六年十一月一日から発行を開始する日本銀行券壱万円、五千円及び千円の様式を定める件
  21. ^ 視覚障害者の暮らし--お金の見分け方編【FTCJフィリピン盲学校支援事業】
  22. ^ 識別マーク(凹版印刷)
  23. ^ お札識別アプリ「言う吉くん」
  24. ^ a b 2011年(平成23年)4月26日財務省告示第141号「平成二十三年七月十九日から発行を開始する日本銀行券壱万円及び千円の様式を定める件
  25. ^ 日本銀行 (2011年4月26日). “日本銀行券一万円券および千円券の記号および番号の印刷色変更について”. 2011年4月26日閲覧。
  26. ^ 財務省 (2011年4月26日). “日本銀行券一万円券及び千円券の記号及び番号の印刷色を変更します”. 2011年4月26日閲覧。
  27. ^ a b 2018年(平成30年)10月18日財務省告示第279号「平成三十一年三月十八日から発行を開始する日本銀行券千円の様式を定める件
  28. ^ 日本銀行券千円券の記号及び番号の印刷色を変更します”. 財務省. 2018年10月19日閲覧。
  29. ^ 千円札、来年3月に「新色」登場 記号と番号が紺色に”. 朝日新聞. 2018年10月19日閲覧。
  30. ^ a b 新しい日本銀行券及び五百円貨幣を発行します” (日本語). 財務省. 2019年4月9日閲覧。
  31. ^ 植村峻『紙幣肖像の近現代史』吉川弘文館、2015年6月、183-184頁。ISBN 9784642038454
  32. ^ 発行されなかった日本銀行券 p.27 - 日本銀行

外部リンク[編集]