十銭紙幣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

十銭紙幣(じっせんしへい)とは日本銀行券の1つ。

概要[編集]

い号券、A号券の2種類が存在する。小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律(額面一円未満の日本銀行券・政府紙幣・貨幣および一円黄銅貨を廃止)により1953年にどちらも失効した。

い号券[編集]

Series Yi 10 Sen Bank of Japan note - front.jpg
Series Yi 10 Sen Bank of Japan note - back.jpg

太平洋戦争中には金属が不足し、硬貨を小さくしたり、劣悪な材質の硬貨を製造したりしていたが、その後五銭紙幣とともに小額な額面の紙幣が発行された。裏面の簡素さや記番号の省略など粗悪な作りになっている。桐のちらし透かしがあるが、確認は困難。

A号券[編集]

Series A 10 sen Bank of Japan note - front.jpg
Series A 10 sen bank of japan note -back.jpg

戦後になって発行され、デザインに鳩を使うなど戦時中のい号券と印象が異なっている。透かしはない。

関連項目[編集]