青海波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青海波(せいがいは)は

  1. 雅楽の演目(本項で説明)
  2. 1 の衣装に使われる文様。半円形を三重に重ね、波のように反復させたもの。[1]
  3. 清元の曲。明治三十年初演。永井素岳作詞、二世清元梅吉作曲。


青海波(雅楽)[編集]

管絃[編集]

盤渉調(ばんしきちょう)の曲。盤渉調から黄鐘調へ渡された。

舞楽[編集]

左方の二人舞。番舞は「敷手」。正式には「輪台」に続けて舞う。 二人の楽人がゆったりと袖を振りながら舞う非常に優美な舞で、源氏物語紅葉賀の場面に取り上げられたことで有名。

装束[編集]

別装束を用いる。青海波と霞の模様が刺繍された下襲に、牡丹などが織られた半臂をまとい、千鳥が刺繍されたの右肩を袒ぎ、太刀を佩き、別甲をかぶる。

関連項目[編集]

  • 八佾 - 中国の天子のみの八列の舞。論語の八佾第三で格下の季氏が舞わせ、孔子が批判している。
  • 源氏物語 - 物語第七帖「紅葉賀」で、主人公・光源氏頭中将と共に、十月に行われる朱雀院行幸のための試楽で舞った。だが、源氏を憎む弘微殿の女御が舞を見て不吉な言葉を発し、周囲の女房から「お人が悪い事」と言われた。

脚注[編集]

  1. ^ 無線LANのシンボルマークに似ている。