マイクロ文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マイクロ文字とは、ごく微小な文字を線部や図柄の一部などに入れ込む技術である[1]ルーペを使って確認することができるが、肉眼で識別することも可能である。マイクロ文字は解像度の低い複写機では複製できないことから、当該印刷物の真偽を確認する手段の一つとなる。

主な採用例[編集]

出典[編集]