通貨単位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

通貨単位(つうかたんい)とは、通貨単位のことであり、通貨額をあらわすのに用いられる。一般に通貨記号を用いてあらわされる。たとえば日本では「」がそれに該当する。

概要[編集]

通貨単位は貨幣の量を決める単位であり、ほかの物品との交換やほかの通貨との交換に用いる計量である。通貨の補助単位を並行して用いることもある。多くの場合、貨幣の原料となる鉱石での単位(など)を用いることが多いが、それ以外の穀物や物品などを基にすることも多くある。

日本の通貨単位[編集]

日本では現在は「円」が用いられるが、為替など特定の状況下では「」も用いられる。

過去に用いられた通貨単位[編集]

日本では過去にはさまざまな通貨単位が用いられた。貨幣のものに基づいたものだけではなく、土地などさまざまなものが元になっている。現在でもなどでのこっており、まれに使用されることがある。

※五十音順

日本以外の通貨単位[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]