開元通宝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
開通元寳(開元通寳)
開元通寳(開通元寳)

開元通寶(かいげんつうほう・かいつうげんぽう)は、代において武徳4年(621年)に初鋳され、唐代のみならず五代十国時代まで約300年にわたって流通した貨幣。

開元通寶は半両銭五銖銭の形態を継承し[1]、直径は8分(約24mm)である。この銭貨1枚の質量は2銖4絫、すなわち1両(大両)の1/10(約3.73g)であり、ここから質量の単位である「銭」が生まれた。「1斤=16両、1両=24銖、1銖=10絫(るい)」という従来の複雑な体系にかわり、「1斤=16両」はそのままだが、それ以下は「1両=10銭、1銭=10分、1分=10厘、1厘=10毫」という10進法の体系が使われるようになった。重量単位の銭は日本に伝来すると1と呼ばれるようになった。

代になっても、既に滅亡していた唐の開元通寶も、宋銭とともに中国で現役で流通していたし、日本でも渡来銭として宋銭などとともに使われていた。

名称[編集]

この銭貨の読み方は「上・下・右・左」の順である対読では「開元通寳」となり、「上・右・下・左」である廻読では「開通元寳」となり、どちらであっても意味が通じる。古くからこの2説が並行し、論争の的となり、現在でも結論は出ていない。

唐代の開元26年(738年)に出版された『唐六典』には「武徳中、悉く五銖を除き、再ためて開通元寳を鋳る」と記述しており、一方で詔勅文としては『旧唐書』の中で「仍令天下置鑪之処並鋳開元通寳銭」と記述している。

唐代には玄宗治世の「開元」という元号が存在するが、開元元年は713年であり、初鋳年である、高祖治世の武徳4年(621年)の約100年後にあたり、元号を記したものではない。しかし、開元元号制定以降には開元通寳と呼ばれるようになった、という説も捨てきれない。

なお唐代の他の銅銭を見ると、史思明治世の順天年間(759‐761年)の元号を記す「順天元寶」や、大暦4年(769年)初鋳の「大暦元寶」では「元寶」が、建中元年(780年)初鋳の「建中通寶」では「通寶」が使われるなど、「元寶」・「通寶」の両方の使用例がある。

影響[編集]

この円形方孔の形式は末まで続き、日本や朝鮮、ベトナムなど周辺国の銅銭の模範にもなった。

種類[編集]

  • 開元高祖の武徳4年(621年)初鋳。書は欧陽詢による。
  • 会昌開元武宗会昌5年(845年)に鋳造された開元通寶。会昌の廃仏で徴発された仏像仏具から鋳造されたとされる。裏面に鋳造地を表す文字が鋳出されている。
    例:昌(「会昌」の昌、鋳地は揚州と言われている)、京(京兆府=長安)、洛(河南府=洛陽)、益(益州=成都)、藍(藍田県)、襄(襄州=襄陽)、荊(荊州)、越(越州)、宣(宣州=宣城)、洪(洪州)、潭(潭州)、兗(兗州)、梁(梁州)、潤(潤州)、鄂(鄂州)、平(平州)、興(興元府=漢中)、廣(廣州)、梓(梓州)、福(福州)、丹(丹州)、桂(桂陽監)等。
  • 唐以外にも南唐南漢呉越でも鋳造されている。南唐発行のものは銭銘が篆書体であることが特徴である。
  • 直径が小さいものも見られるが、多くは私鋳銭である。

脚注[編集]

  1. ^ 柿沼陽平 『中国古代の貨幣: お金をめぐる人びとと暮らし』 吉川弘文館、2015年。 

関連項目[編集]