五円硬貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五円黄銅貨(有孔ゴシック体
五円黄銅貨(有孔ゴシック体)
素材 黄銅
品位 60% - 70%
亜鉛 40% - 30%
量目 3.75 g[1](= 1
直径 22.0 mm
孔径 5 mm(穴あき)
図柄 稲穂歯車(表面)
双葉(裏面)
周囲 平滑
発行開始 1959年昭和34年)
9月1日
五円黄銅貨(有孔楷書体
五円黄銅貨(有孔楷書体)
素材 黄銅
品位 銅 60% - 70%
亜鉛 40% - 30%
量目 3.75 g
直径 22.0 mm
孔径 5 mm(穴あき)
図柄 稲穂、歯車、水(表面)
双葉(裏面)
周囲 平滑
発行開始 1949年(昭和24年)
9月15日
発行終了 1958年(昭和33年)
五円黄銅貨(無孔)
五円黄銅貨(無孔)
素材 黄銅
品位 60% - 70%
亜鉛 40% - 30%
量目 4.0 g
直径 22.0 mm
孔径 なし
図柄 国会議事堂(表面)
梅花(裏面)
周囲 ギザあり
発行開始 1948年(昭和23年)
10月25日
発行終了 1949年(昭和24年)

五円硬貨(ごえんこうか)は、日本国政府が発行する貨幣であり、額面5円の硬貨である。五円玉(ごえんだま)とも呼ばれる。

五円黄銅貨[編集]

1948年昭和23年)から1949年(昭和24年)にかけて製造発行された無孔の五円黄銅貨、1949年(昭和24年)から1958年(昭和33年)にかけて製造発行された有孔・楷書体の五円黄銅貨(いわゆる「フデ五」)、そして1959年(昭和34年)以降継続して製造発行されている有孔・ゴシック体の五円黄銅貨の3種類が存在する。

仕様の差異については、後述の「#歴史」参照。3種類とも法定通貨として有効である。

概要[編集]

現在発行中の日本の硬貨の中で、アラビア数字での額面表記がなく、漢数字のみで書かれた唯一の額面硬貨である。そのため、非漢字文化圏訪日外国人旅行者にとって、日本の漢字に素養がないと全く読めない硬貨になっている。造幣局は「漢数字を使わなければならない理由はない。しかし2017年(平成29年)6月の時点で漢数字からアラビア数字へ変更する予定はない」とコメントしている[2]。図柄を変更すると、取り扱う機器の改修など影響が大きいという事情もある。

なお、過去を含めても額面金額がアラビア数字で表記された五円硬貨は一度も発行されたことがなく(後述の試鋳貨幣で五円青銅貨がある程度)、いずれも漢数字表記のみとなっている。

1949年(昭和24年)の改鋳以降に製造発行された五円硬貨の質量は、3.75 g である[3]。これは、尺貫法のちょうど 1 である。

意匠[編集]

1959年(昭和34年)以降製造発行されている五円硬貨の意匠には産業に関するモチーフが用いられている。硬貨の表面の稲穂、水(水面、稲穂の根元の複数の水平線)、歯車(穴の周り)はそれぞれ、農業水産業工業を表している。また、裏面の双葉林業民主主義に向かって伸びていく日本を表している。この表裏は造幣局での便宜的な呼称で、明治時代の硬貨と異なり法律上の表裏の規定はない。稲穂の粒は27粒、歯車の歯は16個、水を表す水平線は12本となっている。表面には「五円」、裏面には「日本国」と製造年がいずれもゴシック体の文字で記されている。

原図制作者は加藤正巳[要出典]。原型制作者は小柴利孝(1911(明治44年) - 1989(平成元年))大阪造幣局工芸管理官(当時)[4]

1948年(昭和23年)から1949年(昭和24年)まで、及び1949年(昭和24年)から1958年(昭和33年)まで製造発行されていた五円硬貨は意匠が異なるが、これらについては後述の「#歴史」参照。

穴が空いている理由[編集]

1949年(昭和24年)の改鋳後に製造された五円硬貨の中心に穴が開いているのは、以下の理由による。

  • 1948年(昭和23年)に発行された五円硬貨は、同じ年に発行された一円硬貨と同じく黄銅製であり(一円黄銅貨)、直径も2mmしか違わず(一円硬貨は径20mm、五円硬貨は径22mm)、加えていずれもギザ付きであり、間違われることがあったため。特に視覚障害者にも判別を容易にするため。
  • 材料費の節約という理由[5]。約5%の節約になる[6]。1948年(昭和23年)発行の五円硬貨の量目は4.0gであり、穴あき五円硬貨の量目は3.75gであるから、実際には約6.3%の節約ということになる。
  • 偽造防止のため。

流通状況[編集]

日本国内では、「五円」が「ご縁」に通じるとして、縁起のいい硬貨として、神社寺院への賽銭として好まれる傾向にある。

日本の市中の街角に置かれる一般的な自動販売機では五円硬貨や一円硬貨は使用できず、使用可能な最小額面の硬貨は十円硬貨となっているが、銀行ATM、商店の自動釣銭機や現金対応のセルフレジガソリンスタンドの給油機などでは五円硬貨や一円硬貨も使用可能である。またコンビニなどに設置されているコピー機では、五円硬貨も使用可能なものが近年増えてきている。

製造[編集]

五円硬貨の組成は60-70%、亜鉛30-40%となっており、他の合金硬貨と比較して広範囲の組成が許容されている。これは第二次世界大戦直後に発行された硬貨に、戦時中に使用した兵器のスクラップを材料に用いたことの名残である。1946年(昭和21年)5月に発行された50銭黄銅貨幣(鳳凰)は、戦時中に日本軍が使用していた薬莢弾帯などに使用されたスクラップの黄銅を再利用して作られた。スクラップであるがゆえに、素材も構成は銅が60-70%、亜鉛は40-30%と幅が広かった。以降、この素材の組成が、五円硬貨を含む日本の黄銅貨の伝統となった[7]

なお、五円硬貨は金属板を円形に打ち抜いたのちプレス(打刻)して製造されるが、1963年(昭和38年)以降、金属板を円形に打ち抜くところまでは民間企業に外注している[8]

歴史[編集]

仕様の変遷は下記の通り。素材(60-70%、亜鉛30-40%の組成の黄銅)、直径(22.0 mm)は3種類とも共通している。

名称 発行開始日 発行終了年 量目 孔径 図柄 書体・字体 周囲
五円黄銅貨(無孔) 1948年昭和23年)10月25日[9] 1949年(昭和24年) 4.0 g 穴なし 表面:国会議事堂
裏面:梅花
楷書
旧字体
ギザあり
五円黄銅貨(有孔楷書体) 1949年(昭和24年)9月15日[9] 1958年(昭和33年) 3.75 g 5 mm 表面:稲穂歯車
裏面:双葉
楷書体
旧字体
平滑
五円黄銅貨(有孔ゴシック体) 1959年(昭和34年)9月1日[10] 発行中 ゴシック
新字体

五円黄銅貨(無孔)[編集]

1948年(昭和23年)から1949年(昭和24年)にかけて製造されたものは、現在の五円硬貨とデザインが異なるもので、ギザ付・無孔であった。発行日は1948年(昭和23年)10月25日。表面中央には国会議事堂の中央塔部分が描かれており、周囲を「五円」の文字と唐草模様が取り囲むデザインとなっている。裏面は中央に鳩と梅花があしらわれており、周囲に「日本國」と製造年の記載がある。この硬貨は5円の法定通貨としては五円紙幣A五円券)の後継として発行されたもので、現在法律上有効な日本の硬貨の中では最古のものである。しかし物価の上昇が続いており、重量を減らす必要があったため、1949年(昭和24年)に有孔のものに変更された[11]。この変更は当時発行中の一円黄銅貨との識別を容易にするためという理由もある。

五円黄銅貨(有孔楷書体)[編集]

1949年(昭和24年)から1958年(昭和33年)にかけて製造されたものは、現行の五円硬貨と基本デザインは同じだが、硬貨上に記された文字の書体毛筆で書かれたような楷書体で、かつ「国」が旧字体の「國」になっており、俗に「フデ五」(筆五)などと呼ばれている。発行日は1949年(昭和24年)9月15日。流通は稀で、年々その数も減ってきている。なお、1957年(昭和32年)銘のものは希少(製造数1000万枚)であり、しばしば高値で取引される。

五円黄銅貨(有孔ゴシック体)[編集]

1959年(昭和34年)から発行されているものは、硬貨上に記された文字の書体がゴシック体の新字体表記に改められた。発行日は1959年(昭和34年)9月1日。この変更により他の額面の硬貨も含め、新たに発行される全ての硬貨が新字体の表記に統一されたことになる。文字を除いた図柄については、1949年(昭和24年)から1958年(昭和33年)までに発行された五円硬貨とほぼ同じである。

五円黄銅貨(有孔楷書体)が発行されていた1957年(昭和32年)以来毎年製造されているが、電子マネーの普及による需要減のため、2010年(平成22年)銘はミントセット用の51万枚製造に留まり[12][注 1]、以降2013年(平成25年)まで4年連続で一般流通用には製造されなかった[13]。なお、2010年(平成22年)は五十円硬貨、2011年(平成23年)から2013年(平成25年)までは一円硬貨・五十円硬貨も五円硬貨同様、ミントセット分のみの製造となっている。2014年(平成26年)は消費税が8%に増税されたのを受けて一般流通用の五円硬貨の製造が再開され、その年は8753万8千枚、2015年(平成27年)は1億0500万4千枚と、平成20年代以降では多めの枚数が製造されたが、2016年(平成28年)以降の年間製造枚数は1千万 - 3千万枚台で推移している。平成から令和への元号の変わり目の年となった2019年(平成31年/令和元年)の五円硬貨の製造枚数については、平成31年銘が1694万6千枚、令和元年銘が2057万4千枚と、令和元年銘の方がやや多くなった。

2021年(令和3年)2月25日には予算委員会分科会で、泉健太立憲民主党政調会長が、一円硬貨と五円硬貨の廃止を麻生太郎財務大臣に提案した[14]

過去の五円硬貨[編集]

下記の貨幣は既に廃止済みであり、現在はいずれも法定通貨としての効力を有さない。

旧五円金貨[編集]

品位:金90%・銅10%、量目:8.3333g、周囲にギザあり。表面には竜図(阿竜)、裏面には菊紋・桐紋・日章・菊枝と桐枝・錦の御旗(日月旗)・八稜鏡があしらわれている。新貨条例により本位金貨として発行された。1871年(明治4年)発行開始の大型のものと、1872年(明治5年)発行開始の小型のものがある。1897年(明治30年)以降は貨幣法により額面の2倍である10円に通用した。通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律施行、貨幣法の廃止に伴い1988年(昭和63年)3月末で廃止された[注 2]

新五円金貨[編集]

品位:金90%・銅10%、直径:16.969mm、量目:4.1667g、周囲にギザあり。表面には菊紋・菊枝と桐枝、裏面には桐紋・日章・八稜鏡があしらわれている。貨幣法により本位金貨として1897年(明治30年)に発行された。1930年(昭和5年)製造終了。通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律施行、貨幣法の廃止に伴い1988年(昭和63年)3月末で廃止された[注 2]

未発行貨幣・試鋳貨幣等[編集]

  • 五円金貨(品位:金90%・銅10%、直径:23.33mm、量目:7.76g) - 明治2年銘の毛彫の試作貨。表のデザインは発行された旧五円金貨とほぼ同じだが、裏面は旭日の周囲に菊・桐各7交互連続模様となっている[16]
  • 五円金貨(品位:金90%・銅10%) - 明治3年銘の打製の試作貨。表のデザインは発行された旧五円金貨とほぼ同じだが、裏面は旭日の周囲に菊・桐各7交互連続模様となっている[16]
  • 五円金貨(品位:金90%・銅10%、直径:22.42mm、量目:8.29g) - 明治7年銘。表のデザインは発行された旧五円金貨とほぼ同じだが、裏面のデザインは発行された旧五円金貨のデザインの錦の御旗(日月旗)がないデザインとなっている[16]
  • 五円アルミニウム貨 - 昭和26年銘。楷書体五円黄銅貨(フデ五)と同様のデザインでアルミニウムで製作したもの。
  • 五円青銅貨(量目:3.13g) - 昭和26年銘。現行の十円青銅貨と同様の平等院・常盤木のデザインで、裏面に額面としてアラビア数字の「5」が入っている。

変遷[編集]

(この間は日本銀行券五円紙幣のみ製造発行)

  • 1948年(昭和23年)9月21日[17]:五円黄銅貨(無孔)の様式を制定[注 3]
  • 1948年(昭和23年)10月25日[9]五円黄銅貨(無孔)発行開始。素材は黄銅。図柄は国会議事堂。穴が開いていない。
  • 1949年(昭和24年):五円黄銅貨(無孔)発行終了。
  • 1949年(昭和24年)8月1日[17]:五円黄銅貨(有孔楷書体)の様式を制定[注 4]
  • 1949年(昭和24年)9月15日[9]五円黄銅貨(有孔楷書体)発行開始。穴の開いた形へと変更されたほか、図柄も稲穂歯車に変更。このときに製造された五円硬貨は文字が楷書体で書かれており、俗にフデ五と呼ばれる。昭和24年銘の五円硬貨は無孔・有孔の両方が存在。
  • 1958年(昭和33年):五円黄銅貨(有孔楷書体)発行終了。
  • 1959年(昭和34年)6月1日[17]:五円黄銅貨(有孔ゴシック体)の様式を制定[注 5]
  • 1959年(昭和34年)9月1日[10]五円黄銅貨(有孔ゴシック体)発行開始。文字を旧字体から新字体に、書体も楷書体からゴシック体に変更。
  • 1988年(昭和63年)3月31日:翌日の通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律の施行に伴い、この日をもって全ての五圓金貨の通用停止[注 2]
  • 1988年(昭和63年)4月1日:通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律の施行により、従前は臨時補助貨幣として発行されていた3種類の五円黄銅貨は「貨幣とみなす臨時補助貨幣」として引き続き通用力を有することとなった。

新貨条例で制定された旧五円金貨(1871年(明治4年)発行)は1897年(明治30年)10月1日の貨幣法施行によりこれ以降額面の2倍である10円に通用していた。

なお、1872年(明治5年)6月25日から1955年(昭和30年)4月1日までは五円紙幣が並行して発行されていた[注 6]

発行枚数推移[編集]

独立行政法人造幣局 貨幣に関するデータ 年銘別貨幣製造枚数」より

五円玉手芸[編集]

穴の開いた五円硬貨を一定のデザインにしてで綴じ固定した創作を行う手芸を「五円玉手芸」といい、キーホルダーなどの小物や飾り物などをつくるコイン手芸の一種として知られている[18]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 平成22年銘のミントセット、プルーフ貨幣セット、行事用貨幣セット、その他の貨幣セットの合計は50万9700枚。
  2. ^ a b c 金地金としての価値や古銭的価値が額面金額を大きく上回っており、実質的にはそれ以前から市中では流通していなかった。形式的に通用停止後半年間は現行通貨との引換が行われたものの、引換実績は0枚であった[15]
  3. ^ 昭和23年9月21日政令第296号
  4. ^ 昭和24年8月1日政令第290号
  5. ^ 昭和34年6月1日政令第209号
  6. ^ 1872年(明治5年)6月25日から1899年(明治32年)12月31日までは明治通宝、1873年(明治6年)8月20日から1899年(明治32年)12月9日までは国立銀行紙幣、1882年(明治15年)7月から1899年(明治32年)12月31日までは改造紙幣、1886年(明治19年)1月4日から1955年(昭和30年)4月1日までは日本銀行券(日本銀行兌換券、日本銀行兌換銀券)として発行。

出典[編集]

  1. ^ 知ってる? 貨幣のデザイン”. ぞうへいきょく探検隊. 造幣局. 2017年4月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月21日閲覧。
  2. ^ 外国人がレジで困惑… 「五円玉」だけ漢数字なのはなぜ?造幣局に理由を聞いた”. BIGLOBEニュース (2017年6月14日). 2017年6月14日閲覧。
  3. ^ 知ってる? 貨幣のデザイン”. ぞうへいきょく探検隊. 造幣局. 2017年4月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月21日閲覧。
  4. ^ コラム東風西風環境新聞 2007年11月7日号
  5. ^ 平川陽一編『今さら誰にも聞けない500の常識』廣済堂文庫 p.194 2003年7月28日、ISBN 978-4331653395
  6. ^ 5円玉と50円玉に穴があいているのはなぜ︖5円玉だけ漢字の五が使われているのはなぜ︖ ⽇本⽂化研究ブログ Japan Culture Lab、5円玉・50円玉に共通する穴があけられた理由とは?、2019年2月15日
  7. ^ 『日本の貨幣 -収集の手引き-』日本貨幣商協同組合編 2010年発行改訂版 P184-186
  8. ^ 朝日新聞』1963年(昭和38年)7月10日朝刊記事
  9. ^ a b c d 日本銀行金融研究所『日本貨幣年表』日本銀行金融研究所、1994年、96頁。ISBN 9784930909381
  10. ^ a b 日本銀行金融研究所『日本貨幣年表』日本銀行金融研究所、1994年、101頁。ISBN 9784930909381
  11. ^ 『日本の貨幣 -収集の手引き-』P187
  12. ^ 年銘別貨幣製造枚数(単位千枚以下の端数は四捨五入)、独立行政法人造幣局
  13. ^ 年銘別貨幣製造枚数 (PDF) 独立行政法人造幣局
  14. ^ 1円玉と5円玉「役割終えている」 国会で論戦 立民の泉政調会長「さい銭多い神社が苦労」 京都新聞 2021年2月26日 09時24分 (2021年2月27日閲覧)
  15. ^ 造幣局125年史編集委員会編 『造幣局125年史』 造幣局、1997年
  16. ^ a b c 日本貨幣カタログ1989年版
  17. ^ a b c 郡司勇夫『日本貨幣図鑑』東洋経済新報社、1981年10月、312-316頁。
  18. ^ プチブティックシリーズ403『ご縁をむすぶ五円玉手芸 - 5円玉1枚から作れるコイン手芸』ブティック社、2005年、3頁

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]