百円紙幣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

百円紙幣(ひゃくえんしへい)とは、額面100円の日本銀行券日本銀行兌換銀券、日本銀行兌換券を含む)。旧百圓券、改造百圓券、甲百圓券、乙百圓券、い百圓券、ろ号百圓券、A百円券、B百円券の八種類が存在し、このうち現在法律上有効なのは新円として発行されたA百円券とB百円券の二種類である。

旧百圓券[編集]

百円日本銀行兌換銀券(1885年)
  • 日本銀行兌換銀券
  • 額面 100円(百圓)
  • 表面 大黒
  • 裏面 彩紋
  • 印章 〈表面〉日本銀行総裁之章、文書局長(割印) 〈裏面〉金庫局長
  • 銘板 大日本帝國政府大藏省印刷局製造
  • 記番号色 黒色
  • 寸法 縦116mm、横186mm
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1885年明治18年)5月 - 1888年(明治21年)[1]
  • 製造枚数 15,900枚[1]
  • 発行開始日 1885年(明治18年)9月8日
  • 通用停止日 1939年昭和14年)3月31日
  • 発行終了
  • 失効券

大黒天が描かれていることから「大黒札」と呼ばれている。小槌を手にした大黒天がの上に腰かけている様子が描かれており、米俵の側には3匹のがあしらわれている。図案製作者はイタリア人のエドアルド・キヨッソーネである。表面の地模様には、表面中央に日輪とそこから放射状に延びる光線状の模様が描かれている。表面は全体的に発行当時の写真複製技術では再現困難な薄い青色で印刷されている。

記番号は漢数字となっており、通し番号は4桁以下で、通用券の通し番号の前後には「第」「番」の文字がある。記録上、「第壹號」は5500枚、「第貳號」「第叄號」はそれぞれ5000枚、「第四號」は500枚の製造となっている。元々の発行枚数が少なく現存数は非常に少ない(未回収が27枚という記録あり。おそらく現存数は1~2枚)と推測される。

透かしは「日本銀行券」の文字と桜花小槌分銅巻物の図柄である。

1927年(昭和2年)2月に制定された兌換銀行券整理法により1939年(昭和14年)3月31日限りで通用停止となった。

改造百圓券[編集]

  • 日本銀行兌換銀券
  • 額面 100円(百圓)
  • 表面 藤原鎌足(紙幣面の人名表記は「藤原鎌足公」)
  • 裏面 彩紋
  • 印章 〈表面〉総裁之印 〈裏面〉文書局長、金庫局長
  • 銘板 大日本帝國政府大藏省印刷局製造
  • 記番号色 赤色
  • 寸法 縦130mm、横210mm
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1891年(明治24年) - 1899年(明治32年)[1]
  • 製造枚数 400,000枚[1]
  • 発行開始日 1891年(明治24年)11月15日
  • 通用停止日 1939年(昭和14年)3月31日
  • 発行終了
  • 失効券

大黒旧券には紙幣の強度を高めるためにコンニャク粉が混ぜられ、そのためネズミに食害されることが多々あり、またインキが温泉地で黒変することもあったために「改造券」が発行された。表面の輪郭枠の形状が眼鏡のフレームのように見えることから、通称は「めがね100円」「めがね鎌足」である。四隅や地模様には、肖像の藤原鎌足に因んだの模様があしらわれている。

記番号は漢数字となっており、通し番号は5桁である。記録上、「第壹號」~「第貳七號」が製造され、最大通し番号は「壹五〇〇〇」となっているが、欠番がある。旧券と同様に発行枚数が少なく現存数は非常に少ない(未回収93枚という記録あり。おそらく現存数枚程度)と推測される。

透かしは「日本銀行」の文字と菊紋および桐紋である。日本で発行された最も大きな紙幣である。

1927年(昭和2年)2月に制定された兌換銀行券整理法により1939年(昭和14年)3月31日限りで通用停止となった。

甲百圓券[編集]

  • 日本銀行兌換券
  • 額面 100円(百圓)
  • 表面 藤原鎌足(紙幣面の人名表記は「藤原鎌足公」)と談山神社全景
  • 裏面 日本銀行本店本館
  • 印章 〈表面〉総裁之印 〈裏面〉文書局長、発行局長
  • 銘板 大日本帝國政府印刷局製造
  • 記番号色 黒色
  • 寸法 縦104mm、横180mm
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1900年(明治33年)下期 - 1927年(昭和2年)7月[1]
  • 製造枚数 [1]
    • 1,940,000枚(記番号:漢数字)
    • 11,490,000枚(記番号:アラビア数字)
  • 発行開始日 1900年(明治33年)12月25日
  • 通用停止日 1939年(昭和14年)3月31日
  • 発行終了
  • 失効券

1897年(明治30年)の銀本位制から金本位制への移行に伴い、金兌換券として発行された。表面には藤原鎌足の肖像と、談山神社の十三重塔や拝殿、神廟拝所などを含む境内の全景が描かれており、輪郭には唐草模様と合わせて肖像の藤原鎌足に因んだの模様があしらわれている。また、地模様として「日」の文字を模った日本銀行行章が描かれている[注 1]。裏面には、1896年(明治29年)に竣工したばかりの日本銀行券本店本館の全景が描かれている。また、裏面左端に製造年が和暦で記載されており、裏面右端には「日本銀行」の断切文字(割印のように券面内外に跨るように印字された文字)が配置されている。裏面の模様が紫色であることから、通称は「裏紫100円」である。

前期甲号券は組番号に「いろは」を変体仮名で表記し、通し番号は漢数字であった。後期甲号券は組番号・通し番号共にアラビア数字である。通し番号は6桁となり、最大通し番号は「九〇〇〇〇〇」「900000」となったが、前期券については、「い號」と「ろ號」は完全に通し番号「九〇〇〇〇〇」まで製造されたのに対し、「は號」は通し番号「壹四〇〇〇〇」までで打ち切られている。また後期券の組番号の範囲は1~13となっている。

透かしは「百圓」の文字との図柄である。

1927年(昭和2年)2月に制定された兌換銀行券整理法により1939年(昭和14年)3月31日限りで通用停止となった。

乙百圓券[編集]

Series Otsu 100 Yen Bank of Japan note - obverse.jpg
Series Otsu 100 Yen Bank of Japan note - reverse.jpg

関東大震災で兌換券の整理が必要となったことから1927年(昭和2年)2月に兌換銀行券整理法が制定され、従来の兌換券を失効させて新しい兌換券に交換するため、丁五圓券丙拾圓券・乙百圓券が新たに発行された。

地模様や輪郭に至るまで、券面全体に聖徳太子や、聖徳太子と関わりの深い法隆寺、さらに聖徳太子が活躍したとされる飛鳥時代に関連する図柄を散りばめたデザインであり、数ある日本銀行券の中でも特に緻密で凝ったデザインとなっている[2]

表面右側には唐本御影を原画としたを持つ聖徳太子の肖像が描かれており、左側には法隆寺夢殿があしらわれている。左右の輪郭は法隆寺に伝わる「金銅灌頂幔垂飾金具」の文様に「百」の文字を配置したもの、四隅の額面数字の輪郭は飛鳥時代の文様である。地模様には正倉院御物の「彩色御手匣」の花模様が、○囲みの「百」の文字の連続模様の上に重ねて印刷されている。肖像の周囲には、法隆寺が所蔵している「橘夫人念持仏厨子」の「阿弥陀如来像」の光背にある透かし彫りや花型の模様が聖徳太子の肖像を取り囲んでいる。

裏面中央には、金堂や五重塔、中門などが建ち並ぶ法隆寺の西院伽藍の俯瞰図が、正倉院御物の「八稜鏡」の形状の輪郭の中に描かれている。風景の上下には「法隆寺若草伽藍の軒瓦」の模様が、左右には法隆寺所蔵の「弥勒菩薩像」の「鳳凰文浮彫光背」にある鳳凰像を描いている。裏面右端には「日本銀行」の断切文字が配置されている。

透かしも聖徳太子にゆかりのある図柄が採用されており、聖徳太子勝鬘経御講讃所用間道の「小幡」の赤地錦模様、正倉院御物の「鳥毛篆書屏風」から採られた鳳凰、および法隆寺文様の高山植物を組合せた「天平時代の裂の文様」の図柄である。

表面のデザインは不換紙幣であるい号券に流用されている。またA号券のデザインもこれに酷似している。乙号~A号の百円券の肖像は聖徳太子で、通称は「1次」~「4次」となっているため、この乙号券の通称は「1次100円」である。

新円切替のため1946年(昭和21年)3月2日限りで通用停止となった。新円切替の際、乙号券~ろ号券に証紙を貼付し、臨時に新券の代わりとした「証紙貼付券」が発行された。この証紙貼付券は十分な量の新円の紙幣(A号券)が供給された1946年(昭和21年)10月末限りで失効した。

い百圓券[編集]

Series Yi 100 Yen Bank of Japan note - front.jpg
Series Yi 100 Yen Bank of Japan note - back.jpg
  • 日本銀行券
  • 額面 100円(百圓)
  • 表面 聖徳太子法隆寺夢殿
  • 裏面 法隆寺西院伽藍全景
  • 印章 〈表面〉総裁之印 〈裏面〉発券局長
  • 銘板 大日本帝國印刷局製造
  • 記番号色 黒色
  • 寸法 縦93mm、横163mm
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1944年(昭和19年)1月 - 1946年(昭和21年)3月[1]
  • 製造枚数 205,038,000枚[1]
  • 発行開始日 1944年(昭和19年)3月20日
  • 通用停止日 1946年(昭和21年)3月2日
  • 発行終了
  • 失効券

事実上有名無実化していた金本位制1942年(昭和17年)に正式に廃止され、管理通貨制度に移行したことに伴い不換紙幣として発行された。また、時代は第二次世界大戦に突入し、あらゆるものが戦争に駆り出され紙幣もコスト削減や製造効率向上を目的に仕様が簡素化されている。

通称は「2次100円」である。表面のデザインは兌換券である乙号券の流用だが、聖徳太子の表情にわずかな違いがあり、題号の「日本銀行券」への変更、兌換文言の削除、銘板の記載変更が行われている。また、地模様については刷色が変更の上、○囲みの「百」の文字の連続模様から直線模様に簡略化されているが、その他の法隆寺や正倉院御物に関連する文様は存置されている。

裏面については別デザインに変更されており、金堂や五重塔を中心とした法隆寺の西院伽藍の俯瞰図が描かれているものの、視点が少し変更されている。また、裏面上方には「橘夫人念持仏厨子」の下部の蓮花模様が、下方には瑞雲があしらわれており、その左右に法隆寺金堂の天蓋に設置されている彫刻の「木彫り鳳凰」を配置している。また、地模様として天平時代の唐草模様が印刷されている。同時期に改刷されたい拾圓券ろ五圓券と同じく簡素化された券面ではあるものの、改刷前の兌換券と同様に法隆寺に関連する図柄が採用されており、簡略化の度合いはそれほど大きくない。

記番号は記号(組番号)と通し番号から成り、このうち通し番号については基本的に900000までであったが、補刷券といって、不良券との差し替え用に900001以降の通し番号が印刷されたものが存在する。

透かしは乙号券と同じである。

新円切替のため1946年(昭和21年)3月2日限りで通用停止となった。新円切替の際、乙号券~ろ号券に証紙を貼付し、臨時に新券の代わりとした「証紙貼付券」が発行された。この証紙貼付券は十分な量の新円の紙幣(A号券)が供給された1946年(昭和21年)10月末限りで失効した。

ろ百圓券[編集]

Series Ro 100 Yen Bank of Japan note - obverse.jpg
Series Ro 100 Yen Bank of Japan note - reverse.jpg
  • 日本銀行券
  • 額面 100円(百圓)
  • 表面 聖徳太子
  • 裏面 法隆寺西院伽藍全景
  • 印章 〈表面〉総裁之印、発券局長 〈裏面〉なし
  • 銘板 大日本帝國印刷局製造
  • 記番号色 赤色(記号のみ)
  • 寸法 縦93mm、横162mm
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1944年(昭和19年)6月 - 1946年(昭和21年)3月[1]
  • 製造枚数 [1]
    • 43,000,000枚(地模様:2色)
    • 658,114,000枚(地模様:単色)
  • 発行開始日 1945年(昭和20年)8月17日
  • 通用停止日 1946年(昭和21年)3月2日
  • 発行終了
  • 失効券

通称は「3次100円」である。聖徳太子の肖像は表面中央に配置されているが、これはい号券の肖像を流用したものである。表面の地模様として、肖像の周囲には「橘夫人念持仏厨子」の光背、券面の左右には正倉院御物の「花鳥背八角鏡」の背面に描かれている瑞鳥をあしらっている。裏面は、い号券と同じ題材の法隆寺の西院伽藍の俯瞰図が描かれているが、デザインは新たなものであり、下部中央には法隆寺五重塔の頂上先端の「水煙」と宝相華模様、左右外側には法隆寺の金銅幡金具の火炎模様が印刷されている。

記番号は組番号(記号)のみの表記で通し番号はない。透かしは唐草模様の白透かしによるちらし透かしであるが、紙質や製作が粗悪なため確認は困難である。

ろ号券は、終戦直前に緊急用[注 2]として印刷方式や紙幣用紙の仕様をかなり簡素化して製造を開始したものであり、戦後製造分は当初2色刷りであった地模様を単色化して刷色を減らすなど更に極限まで仕様が簡素化されている。これは、紙幣用のインク、用紙、印刷機といった資機材が欠乏した状況下で、印刷局の製造能力だけではもはや対応しきれない状況となっていたことから、設備が十分でない民間印刷会社でも製造が行えるよう、偽造防止のためには欠かせない反面手間のかかる凹版印刷を取り止め、高額券でありながら簡易なオフセット印刷で製造することを目的としたものである。なお、ろ号券に限らず、第二次世界大戦末期から終戦直後に製造された紙幣は材料の枯渇状態の下で簡易な印刷方法により粗製濫造された結果、画線が潰れて肖像などの主模様の印刷が不鮮明なものや、刷色が一定せず色違いのものが発生するなど品質不良状態の紙幣が見受けられる。

終戦直後に発行されたものの、新円切替のため発行後1年を待たずして1946年(昭和21年)3月2日限りで通用停止となった。新円切替の際、乙号券~ろ号券に証紙を貼付し、臨時に新券の代わりとした「証紙貼付券」が発行された。この証紙貼付券は十分な量の新円の紙幣(A号券)が供給された1946年(昭和21年)10月末限りで失効した。

A百圓券[編集]

Series A 100 Yen Bank of Japan note - front.jpg
Series A 100 Yen Bank of Japan note - Back.jpg
  • 日本銀行券
  • 額面 100円(百圓)
  • 表面 聖徳太子法隆寺夢殿、新円標識(瑞雲)
  • 裏面 法隆寺西院伽藍全景
  • 印章 〈表面〉総裁之印 〈裏面〉発券局長
  • 銘板 大日本帝國印刷局製造
  • 記番号色 黒色
  • 寸法 縦93mm、横162mm
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1946年(昭和21年)2月 - 1949年(昭和24年)12月[1]
  • 製造枚数 6,493,632,000枚[1]
  • 発行開始日 1946年(昭和21年)3月1日
  • 支払停止日 1956年(昭和31年)6月5日
  • 発行終了
  • 有効券

当時、インフレーション抑制の手段として新円切替が行われていた。これはごく短期間のうちに旧紙幣を無効化し(強制預金させ)、代わりに発行高を制限した新紙幣(A号券)を発行するものであった。他のA号券(1,5,10円額面)は粗末とはいえ新デザインで発行されたが、A百円券に関しては、オフセット印刷を前提とした新たなデザインとして弥勒菩薩像A五百円券のデザインを流用して聖徳太子像に差し替えたものが考案されたものの、GHQは高額の百円券にはオフセット印刷を認めず偽造防止の観点から凹版印刷を使用すべきとし、その際新たなデザインを用意する時間的余裕がなかったため、表、裏面ともい号券の彩色を変更して流用し、識別のために表面中央下に赤色の新円標識(瑞雲桜花)を入れたものになった[3]。通称は「4次100円」である。

他のA号券では記番号が省略され「組番号」が印刷されていたが、この百円券のみ1枚1枚固有のシリアル番号(記番号)が付されている。紙幣の右上と左下が記号、左上と右下が通し番号となっている。記号の下2桁が製造工場を表しており、印刷所別に分類できる。大蔵省印刷局滝野川工場(12)、大蔵省印刷局酒匂工場(22)、大蔵省印刷局静岡工場(32)、大蔵省印刷局彦根工場(42)、凸版印刷板橋工場(13)、凸版印刷富士工場(23)、凸版印刷大阪工場(33)、大日本印刷榎町工場(44)、共同印刷小石川工場(15)、東京証券印刷王子工場(16)、東京証券印刷小田原工場(26)、帝国印刷芝工場(17)の全国12工場で製造され、用紙や刷色に変化が多く不均一となっている。通し番号は基本的に900000までであったが、い号券と同様、不良券との差し替え用に900001以降の通し番号が印刷された補刷券が存在する。凹版印刷が採用されているのは表面のみで、裏面の印刷方式は当初は凸版印刷、のちに平版印刷となっている。また製造終了は1949年度(昭和24年度)である。

またA号券のうち透かしが入っている唯一の紙幣でもある。透かしは、印刷局彦根工場製造分(右上、左下番号の下2桁が42)のみ、「天平時代の裂の文様」(小幡赤地錦模様ならびに鳳凰高山植物の組合せ)の定位置透かし(い百圓券と同様の透かし)で、そのほかの工場製造分は「」の白透かしによる不定位置(ちらし)透かしである。またA号券のうち「発券局長」の印章が裏面に印刷されている唯一の紙幣でもあり、他のA号券では「総裁之印」「発券局長」の両方が表面に印刷されている。

新円切替後の紙幣なので現在も法的には有効だが、失効券である乙号券やい号券と図柄が類似しているため間違えないように注意する必要がある。

B百円券[編集]

SeriesB100Yen Bank of Japan note.jpg
SeriesB100Yen Bank of Japan note - back.jpg
  • 日本銀行券
  • 額面 100円(百円)
  • 表面 板垣退助
  • 裏面 国会議事堂
  • 印章 〈表面〉総裁之印 〈裏面〉発券局長
  • 銘板 大蔵省印刷局製造
  • 記番号色 黒色
  • 寸法 縦76mm、横148mm[4]
  • 印刷局から日本銀行への引渡期間 1952年(昭和27年)11月 - 1972年(昭和47年)12月[1]
  • 製造枚数 12,270,200,000枚[1]
  • 発行開始日 1953年(昭和28年)12月1日[4]
  • 支払停止日 1974年(昭和49年)8月1日
  • 発行終了
  • 有効券

新円切替では、A号券が新たに発行されたが、粗製ゆえ偽造が横行したり、インフレーションの進行等により新紙幣の必要があったため、順次B号券への移行が進められた。1950年(昭和25年)1月にはB千円券1951年(昭和26年)にはB五百円券B五十円券が相次いで発行された。しかし当時最も流通量の多かった百円券については、「大日本帝國」(A百円券の銘板は「大日本帝國印刷局製造」)の文字が残っていたり不必要に大きいなどの欠点を指摘されながらも旧態依然としたA号券がしばらくそのまま使用された。

1953年(昭和28年)12月になって、ようやくこのB百円券が発行され、現代的な紙幣であるB号券が出そろうこととなった。これにより粗製のA号券の回収が一気に加速した。B百円券の銘板は「大日本帝國」の文字を廃して「大蔵省印刷局製造」と改めている。1957年(昭和32年)の百円銀貨の発行後も、百円銀貨とこのB百円券がしばらく並行して流通していたが、1966年(昭和41年)8月26日、百円紙幣の廃止が閣議決定[5][6]され、1972年(昭和47年)に製造終了の後、1974年(昭和49年)を最後にB百円券の日銀からの支払いが停止され、以降は百円硬貨1967年(昭和42年)に白銅貨に変更)へと推移していった。

表面右側には板垣退助の肖像、左側には唐草模様と共に法隆寺金堂の天蓋の飾りの鳳凰の彫刻を2つあしらっており、右下隅には円形の模様が描かれ、左右には「百」の文字のマイクロ文字(現在発行中のE券のそれほど細かくはないが、当時の印刷機では潰れてしまう)を敷き詰めている。また、上下の輪郭には「百」の文字と「100」の数字の割模様と、地模様として唐草模様のレリーフ模様、宝相華、「100」の数字の連続模様を描いている。裏面については、右側に肖像の板垣退助に因んで国会議事堂の建物が、左側には「100」の額面金額の上下に唐草模様と宝相華のレリーフ模様が描かれている。

透かしは「100」の文字との図柄であるが、印刷と重なっていることもあり確認しにくい。

使用色数は、表面6色(内訳は凹版印刷による主模様1色、地模様3色、印章1色、記番号1色)、裏面3色(内訳は凹版印刷による主模様1色、地模様1色、印章1色)となっている。

透かし[編集]

参考文献[編集]

  • 植村峻『紙幣肖像の近現代史』吉川弘文館、2015年6月。ISBN 978-4-64-203845-4
  • 植村峻『日本紙幣の肖像やデザインの謎』日本貨幣商協同組合、2019年1月。ISBN 978-4-93-081024-3

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ これ以降に発行される日本銀行券については、乙貳百圓券A十円券を除く全ての券種において日本銀行行章が裏面にあしらわれている。
  2. ^ 敗戦時のハイパーインフレーションなどの可能性を想定

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 大蔵省印刷局『日本のお金 近代通貨ハンドブック』大蔵省印刷局、1994年6月、242-255頁。ISBN 9784173121601
  2. ^ 国立印刷局 お札と切手の博物館 日本人が初めて肖像をデザインしたお札 乙百円誕生の軌跡”. 2021年2月22日閲覧。
  3. ^ 日本紙幣の肖像やデザインの謎
  4. ^ a b 1953年(昭和28年)11月27日、大蔵省告示第2244号「昭和二十八年十二月一日から発行する日本銀行券百円の様式を定める件」
  5. ^ 参議院会議録情報第52回国会内閣委員会第1号” (1966年8月26日). 2010年10月8日閲覧。
  6. ^ 衆議院会議録情報第52回国会大蔵委員会第7号” (1966年9月16日). 2010年10月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]