ユーリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
5つの環から構成されたユーリオン

ユーリオン: EURion constellation)とは、偽造防止技術の一つとして1996年以降に発行された各国の紙幣等に見られる模様である。

概要[編集]

10ユーロ紙幣(2002年版)。ユーリオンの存在が最初に認知された紙幣である。表面中央部に散らばっている小さな赤丸がユーリオンである。
アメリカ合衆国5ドル紙幣 (Series 2006)。肖像画(リンカーン)の左側に散らばっている、黄色い「05」の「0」の部分がユーリオンである。
大韓民国1,000ウォン紙幣 (Series III)。表面左上「보기(見本)」のまわりや、中央部「천원(千ウォン)」の背景に描かれたウメにユーリオンが付加されている。
US20ドルのユーリオン

発行元が複写を禁じる印刷物に対してこの模様を付加することで、複写禁止印刷物であることを画像処理ソフトウェアやカラー複写機が容易に検知できるようになり、偽造の防止に役立つものと考えられている。

ユーリオンの元となる偽造検出技術は、日本オムロン1994年に設計・開発したものであり、同社が特許権を有している。技術面の詳細は非公開であり、同社は各国の印刷局やソフトウエア・複写機メーカーなどの特許利用者に限って公開している。

ユーリオンという名称そのものはマルクス・クーン (Markus Kuhn) による造語である。2002年の前半、クーンはゼロックス社製カラー複写機の紙幣複写防止機能について実験している時、この模様を発見した。通貨単位のユーロ (EURO) と、模様がオリオン座 (Orion constellation) によく似ていたことに因んでユーリオン (EURion constellation) と命名されており、いわゆるかばん語である。

「5つの小さな黄、緑または橙色の円形模様を最小単位として、これらが紙幣面の様々な方向へ繰り返し描かれる。これらは単なる5つの円であるが、複写機の処理を停止してカラーコピーを防止するには十分である」とクーンは説明している。後にアンドリュー・ステア (Andrew Steer) が「(ある円から)隣の円までの2乗距離が簡単な整数比で表せ、画像処理ソフトウェアがユーリオンを能率的に検出するための手がかりになっている」と指摘している。

ユーリオンの存在が最初に認知されたのは10ユーロ紙幣であり、かつ同紙幣のユーリオンが最も有名である。

ユーリオンの利用[編集]

複数の国において、中央銀行が紙幣のデザインにユーリオンを採用している。

日本[編集]

先述のとおり、ユーリオンは日本で発明された技術である。紙幣(日本銀行券)への採用は世界的に見ても比較的早く、2000年発行のD二千円券に採用されている。2004年発行のE券すべてにも採用され、2007年に二千円を除くD券が発行停止となったため、現在発行されているすべての日本銀行券は、表裏両面にユーリオンが描かれている。

E千円券
表面左、額面金額の地紋に描かれたサクラ。裏面右下の地紋。
D二千円券
表面上のキク。裏面中央の地紋。
E五千円券
表面中央の透かし周辺地紋。裏面左上および右下の地紋。
E一万円券
表面上部の地紋。裏面下部の地紋。

ヨーロッパ[編集]

ドイツ1996年に発行された旧紙幣(ドイツマルク)では、地紋に描かれた微細な同心円の中にユーリオンが描かれている。1999年にイギリスイングランド銀行が発行した、エドワード・エルガーの20ポンド紙幣では、音符の符頭部分としてユーリオンが描かれている。

北アメリカ[編集]

アメリカでは、2003年以降「シリーズ2004」として発行されたドル紙幣で、黄色で描かれた額面金額が裏面にちりばめられて印刷されている。一の位(5ドル紙幣では「05」と表記して十の位)の「0」がユーリオンの役割を果たしている。

一覧[編集]

2008年4月現在、ユーリオンが描かれている紙幣は下記のとおり。
現在発行している全ての紙幣にユーリオンが描かれている国・地域については太字で示す。

国名・地域名 通貨名 ユーリオンが描かれている紙幣 ユーリオンが描かれていない紙幣
アメリカ合衆国 ドル 5ドル (2008)、10ドル (2006)、20ドル (2003)、50ドル (2004) 1、2、100ドル
アルバ フロリン 全紙幣 (2003)
アルメニア ドラム 1000ドラム (2001)、5000ドラム (2003)、10000ドラム (2003) 20000ドラム、50000ドラム(記念紙幣)
イギリス ポンド イングランド銀行発行5ポンド (2002)、10ポンド (2000)、20ポンド (1999, 2007) 50ポンド
インド ルピー 100ルピー(第2版、2005)、500ルピー(第2版、2000)、1000ルピー (2000) 5、10、20、50ルピー、100ルピー(第1版、1996)、500ルピー(第1版、1997)
エジプト ポンド 5ポンド (2002)、10ポンド (2003)、20ポンド (2001)、50ポンド (2001)、100ポンド (2000) 25ピアストル、50ピアストル、1ポンド
オーストラリア ドル 5ドル(2001、記念紙幣) すべての通常紙幣
カナダ ドル 全紙幣 (2001)
キュラソー
シント・マールテン
ギルダー 10、25、50、100ギルター (1998) 250ギルター (1986)
クロアチア クーナ 5、10、20クーナ (2001)、50、100、200クーナ (2002) 500、1000クーナ
コモロ フラン 500フラン (2006)、1000、2000フラン (2005) 2500、5000、10000フラン
CFAフラン 西アフリカ、中部アフリカとも全紙幣 (2003)
ジブチ フラン 1000フラン (2005) 2000、5000、10000フラン
スロバキア コルナ 200、500、1000、5000コルナ (1999) 20、50、100コルナ
大韓民国 ウォン 1000ウォン (2007)、5000ウォン (2006)、10000ウォン (2000、2007)、50000ウォン (2009) 1000ウォン (1983-2007)
中華人民共和国 1元 (2004)、5元以上の全紙幣 (2005)
シンガポール ドル 全紙幣 (1999)
スウェーデン クローナ 50クローナ (2006)、100クローナ (2001)、500クローナ (2001)、1000クローナ (2006) 20クローナ
チュニジア ディナール 10ディナール (2005) 5、20、30ディナール
デンマーク クローネ 全紙幣 (1997, 2002)
トルコ リラ 全紙幣 (2009)
日本 2000円(D券、2000)、1000、5000、10000円(E券、2004)
ノルウェー クローネ 全紙幣 (1999)
フェロー諸島 クローネ 全紙幣 (2001)
ブルガリア レフ 全紙幣 (1999)
マダガスカル アリアリ 100、200、500、1000アリアリ (2004) 2000、5000、10000アリアリ
南アフリカ共和国 ランド 全紙幣 (2005)
メキシコ ヌエボペソ 1000ペソ (2004)、50ペソ (2005) 50ペソ (1993-2005)、20、100、200、500ペソ
モロッコ ディルハム 全紙幣 (2002)
ユーロ 全紙幣 (2002)
ルーマニア ルーマニア・レウ 全紙幣 (2005)

かつてユーリオンが描かれていた紙幣は下記のとおり。

国名 通貨名 ユーリオンが描かれていた紙幣 ユーリオンが描かれていなかった紙幣
オーストリア シリング 500、1000シリング (1997) 20、50、100、5000シリング
オランダ ギルダー 10ギルダー (1997) 25、50、100、250、1000ギルダー
ドイツ マルク 50、100、200マルク (1996-2002) 5、10、20、500、1000マルク
フランス フラン 100フラン (1997) 50、200、500フラン
ベルギー フラン 500フラン (1998)、1000フラン (1997)、10000フラン (1997) 100、200、2000フラン

その他の偽造防止技術[編集]

Adobe PhotoshopPaint Shop Proといった画像処理ソフトウェアの最新版では、紙幣の画像を印刷しようとすると拒否されることが、同ソフトウエアの利用者より報告されている。アメリカの雑誌「WIRED」によると、これらのソフトウェアに搭載されている紙幣検知機能 (Counterfeit Deterrence System, CDS) は、世界の中央銀行が共同で設置した「中央銀行偽造防止グループ (Central Bank Counterfeit Deterrence Group, CBCDG)」が開発し、ソフトウェアモジュールとしてアドビシステムズ社などのソフトウエア会社に提供された。

スティーブン・J・マードック (Steven J. Murdoch) の実験によると、CDSはユーリオンの模様に依存せず動作し、Digimarc社が開発した電子透かしが紙幣の画像に埋め込まれており、これを検知していることが判明した。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]