出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
日本1873年の1銭硬貨「竜1銭銅貨」。

(せん、中国語: 錢/钱 拼音: qián チエン、朝鮮語: チョン)は、東アジアのいくつかの国の通貨である。

「銭」(旧字体「錢」)は元は農具の「」を意味する漢字だったが、鍬形の貨幣があったことから貨幣の意味に転じた。通貨としては複数の意味があるが、主に

の2つの系統の意味がある。

日本[編集]

古代から江戸時代までは、銭貨1枚の価値を表した。つまり、あるいは0.001に等しい。に換算すると1700年レートでは銀0.015にあたり、銀1銭(1匁)の価値である中国の銭とは2桁異なる。

1871年明治3 - 4年)に新貨条例により円・銭・厘が新通貨として導入され、「」には新たな意味を与えられた。この銭は、0.01・10に等しい。1=1円の切り替えレート(および1両=4000文のレート)から換算すると、銭(新)=40銭(旧)となる。1953年昭和28年)に小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律により廃止され、現金単位としては役割を終えた。

現在の日本では「銭」の使用は金融分野にほとんど限定され、株価為替レートなどの、1円未満の端数表示に使われる。

朝鮮[編集]

チョン
北朝鮮の1970年の1チョン硬貨
北朝鮮の1970年の1チョン硬貨。
各種表記
ハングル
漢字 - (錢)
発音 チョン
ローマ字 chon/jeon
テンプレートを表示

朝鮮語では「錢」を (チョン)と読む。英字表記は、1962年からの韓国では jeon北朝鮮および1962年までの韓国では chon である。なお、ウォンと同様に、現在は南北ともに公式な漢字表記はない。

南北双方でチョン=1100ウォンである。ただし現在の韓国では、チョンの使用は日本の銭と同様、金融分野にほぼ限られている。北朝鮮では現在もチョン硬貨が鋳造されているが、ほとんど使われていないようである。

1892年110(ヤン)にあたる補助通貨として導入された。5両=圜(ファン)だったので、銭=150圜に等しい。

1902年、圓(ウォン)の導入に伴い、銭=1100圓と改められた。切り替えレートは圓=5両(=圜)なので、銭(新)=2銭(旧)となる。

日本統治時代には基本通貨が圓(エン)、補助通貨が銭(セン)となった(切り替えレートは導入時・廃止時とも1:1)が、レートは変わらず銭=1100圓だった。1953年から1962年までの韓国では基本通貨が圜(ファン)に戻ったが、補助通貨は変わらず銭=1100圜だった。ただし、1953年の圜導入時に100倍、1962年の新圓導入時に10倍のデノミネーションがあったため、それに伴い銭の価値も一定ではなくデノミネーションされている。

中国[編集]

110に等しかった。「1」、つまり、質量1銭の銀の価値だった。

ちなみに今の1元の110は角、1100は分である。

ベトナム[編集]

ベトナム語では「錢」を tiền(ティエン)と読む。

阮朝 (1802–1945) 後期に、110、あるいは銀1銭に等しい価値の通貨として使われた。

時期は不明だが、安南国では1錢=1100両だったともされる[1]

アメリカ合衆国[編集]

「銭」が小額貨幣の呼称で、かつアメリカ合衆国の貨幣単位の「cent」と音が似ていたことから、戦前のアメリカの日系移民の間では銭の単位を流用し、アメリカの「セント」を「米銭」と表記することがあった。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ラング;」、二村隆夫 監修『丸善 単位の辞典』2002年 丸善