日本の普通切手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本の普通切手(にほんのふつうきって)では、日本で発行された普通切手について記述する。

概要[編集]

郵便料金の納付を主目的とする切手であり、郵便局では多数の額面の普通切手を在庫している。 日本最初の切手である竜切手も普通切手であった。

国家元首の肖像を意匠とすることの多い世界的傾向とは異なり、天皇の肖像を意匠としたことはない。 但し、天皇の身代わりとして明治から昭和にかけての高額普通切手の意匠に神功皇后の肖像が採用されたことはある。 これには明治天皇の意向が反映されているといわれている。 明治初期に、紙幣と切手製造の基礎を構築した、イタリア人技術者エドアルド・キヨッソーネは、日本も紙幣や切手に国家元首の肖像(御真影。これ自体、彼の手になる肖像画を、写真撮影したものである。)を使うのが妥当であるとしていた。 しかし、明治天皇が生来の写真嫌いで拒否されたという。天皇が神格化されたこともあって、天皇を切手の意匠とするのはタブーとされるようになった。

明治から昭和初期にかけては、証票的な意匠としていたが、それ以降は徐々に具体的なモチーフを意匠とすることが多くなった。 第二次世界大戦中には、逓信省も戦意昂揚の一翼を担い、大東亜共栄圏の地図や戦闘機少年航空兵靖国神社など国家主義的、軍国主義的な意匠となった。 戦後は一転して産業、風景、動植物、文化財を意匠とするようになった。 以上の事情を踏まえ、切手収集家は以下のように普通切手を分類している。 なお、厳密にいえば、改元は普通切手のシリーズ変更と直接の関係は無い。 このため、時代ごとの区分では矛盾が生じることもある。

現在、郵便事業を担う日本郵便の発行する普通切手のテーマは「日本の自然」であり、日本国内に生息する鳥類や花や昆虫を意匠としている。 但し、切手収集家からは「平成切手」と呼ばれており、切手カタログにもこの名称が使われている。

日本の切手の有効性[編集]

手彫切手や5厘を除く旧小判切手は1889年11月30日まで有効で既に使用禁止となっていたため無効である。戦後、GHQから軍国主義的あるいは神道等の象徴に関係するものとされた切手(いわゆる追放切手)は逓信省令[1] により使えなくなった。それ以外の切手は、たとえ銭位・厘位であっても、無効を定めた法令がないため、現在でも有効である [2] [3] [4]

日本の普通切手の一覧[編集]

明治時代[編集]

新小判10銭切手
菊1銭切手
竜文切手 1871年
日本最初の切手、通貨制度が江戸時代と同じだったため額面が「文」表示。目打が無く、裏面に糊もついていなかった。
竜銭切手 1872年
通貨制度近代化により額面が「銭」表示となる。初めて目打が入れられたのもこの切手からである。
桜切手 1872年 - 1876年
四隅に桜花をあしらっていたことに由来する名称。途中から在庫管理のため、印面にカナが加えられた。また、民間の印刷会社である松田印刷が印刷を担ったシリーズも存在する。カナを含め、数多くのバリエーションがあり、日本切手の収集家の人気が最も高いシリーズである。この切手の途中から、政府のみが切手の印刷を行うようになる。このシリーズから切手に菊花紋章を表示するようになった。
鳥切手 1875年
外国郵便開業に伴い、外国郵便料金に合わせて発行。
  • なお、竜文切手と竜銭切手、桜切手に鳥切手を併せ、手彫切手(印刷に用いる実用版を、手作業による彫刻や腐食により製造したため)と呼ばれる場合もある。
小判切手 1876年 - 1892年
キヨッソーネが指導した電胎法凸版印刷による最初の切手。名称は小判のような印面のデザインに由来する。1883年に刷色が変更され、新たな額面が加わる。このため、収集家はこれ以前の切手を旧小判、以後を新小判と呼ぶ。このシリーズから、国名表記として「大日本帝國郵便」と印刷されるようになる。
菊切手 1899年 - 1908年
切手の中央に菊の御紋章が大きく入ったデザイン。1913年に偽造事件が起こる。
旧高額切手 1908年 - 1914年
おもに電信・電話料金納入を意図し発行された切手。キヨッソーネのデザインを参考に、神功皇后を図案とした。5円・10円の2種類がある。1914年に印刷用紙の変更(透かし入り毛紙。田沢切手を参照)をおこなっている。

大正時代[編集]

田沢切手 左から5厘・7銭・50銭
富士鹿20銭切手

震災切手・新高額切手・風景切手は国名表記が「日本郵便」に変更された。

田沢切手 1913年 - 1937年
日本で初めて切手図案の公募が行われ、逓信省技官であった田沢昌言のデザインが採用されたためこの名がある。当時世界的に流行していたアール・ヌーヴォー調のデザインであった。またデザインは低額面用、中額面用、高額面用の3種類があった。当初は透かしのない白紙に印刷されていたが、同年、菊切手の偽造事件が発生したため、偽造防止の目的で透かしの入った毛紙(けがみ)に用紙が切り替えられた。毛紙とは着色繊維(赤・青)が漉き入れられた印刷用紙である。
また、1926年、新型印刷機の導入により、印面寸法が変更された。「昭和毛紙切手」は、切り替えで生じた切手の俗称である。
昭和切手が発行開始された1937年になっても、一部の切手は当時使用されていた切手用の用紙に切り替え、印刷をつづけていた。収集家は、これを「昭和白紙切手」と呼ぶ。
冨士鹿切手 1922年 - 1937年
国際郵便用の切手、富士山と鹿がデザインされている。田沢切手と同様の変化を見せた。
震災切手 1923年
関東大震災で切手印刷工場が被災、普通切手の在庫や実用版が焼失したため、応急措置的に大阪の民間印刷会社で製造した切手。復興が進むと東京でも印刷が行われた。無目打で、印刷も粗末である。
新高額切手 1924年 - 1937年
関東大震災による旧高額切手原版焼失に伴い、新たに作成された。神功皇后のデザインは「考古学的考証」を加味、より日本人的な顔立ちになった。
風景切手 1926年 - 1937年
国際郵便用の切手、富士山・日光東照宮陽明門・名古屋城がデザインされている。田沢切手と同様の変化を見せた。

昭和時代前期[編集]

昭和切手 1937年 - 1946年
日本国内の風景や神社仏閣、人物、産業設備等をテーマにしたシリーズ。当初から様々なテーマが盛り込まれ、印刷方式も凹版と凸版が入り混じり、統一性を欠いていた。戦争末期には、より簡単な平版印刷が導入された。国名表記は再び「大日本帝國郵便」に戻されている。
第一次昭和切手 1937年 - 1944年
日本各地(外地も含む。)の風景と神社仏閣がデザインの中心。ただし基本料金は乃木希典(2銭)と東郷平八郎(4銭)の肖像(2名ともに著名な軍人)。前述のとおり、これらの切手の内、軍国主義的あるいは神道等の象徴に関係するものとされた切手は、昭和22年逓信省令第24号により無効となった。
敵国降伏10銭切手(1945年発行)
第二次昭和切手 1942年 - 1946年
日米開戦により戦時色が濃くなり、戦意高揚的な図案が増える。
第三次昭和切手 1945年 - 1946年
物資欠乏のため印刷が粗雑化、目打も省かれる。戦争末期の混乱ゆえ、殆どの切手が戦争後に発行されたほか、発行の告示も後追いとなった。

昭和時代中期[編集]

新昭和切手
第一次新昭和切手 1946年 - 1947年
戦後の混乱のため、粗雑な印刷が続く。図案は絵画や風景など平和的なものとなり、切手の国名表示も再び「日本郵便」となる。
第二次新昭和切手 1946年 - 1948年
目打がようやく復活する。
第三次新昭和切手 1948年
菊花紋章が無くなる。
産業図案切手 1948年 - 1949年
農業や工業など産業に従事する労働者を描く。
捕鯨3円
(1949年発行)
茶摘5円
(1949年発行)
昭和すかしなし切手 1951年 - 1952年
産業図案切手や新昭和切手の一部が、印刷用紙切り替えに伴い、透かしのない用紙に印刷される。
動植物国宝図案切手
国宝や植物などが登場した。1952年に銭表示が廃止され、第二次動植物国宝図案切手以後は、額面表記が円単位になる。

後の「新動植物国宝図案切手」も含め料金改定のたびに発行されたためデザインに統一性が少ない。 ただし最低額の1円は郵便制度の父、前島密、低額面は動物と植物、高額面は仏像などの国宝という慣習があった。

前島密
(1952年発行)
秋田犬
(1953年発行)
ニホンカモシカ
(1952年発行)
オオムラサキ (1956年発行)

昭和時代後期[編集]

新動植物国宝図案切手
万国郵便連合の規則により「NIPPON」のローマ字国名表記が入るようになった。
1980年シリーズから、慶事用、弔事用、電子郵便用が発行された。

平成時代[編集]

平成切手 1992年 -
  • 発行時郵政省は「日本の自然」と発表。その後「平成切手」の名称を切手収集家が使うようになった。意匠の傾向は、9円から30円までは昆虫、41円から160円まで鳥、190円から430円までは花、700円と1000円は記念切手大で絵画としていた。
  • 1995年よりグリーティング切手(シール式切手)が発行された。
  • 2014年・2015年に、新デザイン切手発行による普通切手全券種のデザイン統一が図られ、意匠の傾向は引き続き「日本の自然」であるものの、2円から50円までが動物、52円から140円までが花、205円から500円が国立公園、1000円が絵画とされている。

変遷[編集]

普通切手は、その性格から料金改定によって適用する料金が無くなっても在庫があるかぎり販売されていた。

2002年(平成14年)

  • 9月30日 郵政事業庁は需要減少により57券種の内、次の30券種の販売終了。
    • 2円・4円・9円・15円・18円・40円(2種)・60円(2種)・190円・210円・250円・260円・300円・310円・360円・390円・400円・410円・430円・600円・700円・1,000円(吉祥天立像)
    • 慶事用 50円(折鶴及び宝雲)・慶事用 80円(折鶴及び瑞雲)・慶事用 90円(松竹梅及びユズリハ)・弔事用 50円(花輪)

2007年(平成19年)

2009年(平成21年)

  • 7月23日 300円発売。2月の配達記録郵便廃止に伴い、簡易書留料金が350円から300円に値下げされたことによる300円切手の需要が生じたため。

2010年(平成22年)

  • 1月から、50円(オシドリ)の目打が一部楕円になった。
  • 11月29日 1円・3円・5円・100円・200円・500円の書体の変更。

2011年(平成23年)

  • 1月7日 70円・110円・420円・慶事用80円切手のシート構成が100枚から10枚に変更。
  • 3月31日 弔事用80円(コウホネ)販売終了。需要減少による。

2012年(平成24年)

  • 7月2日 350円・500円切手発売。前年からこの年にかけて起きた切手偽造事件の影響による意匠変更。

2014年(平成26年)

  • 3月3日 2円・52円・82円・92円・205円・280円・310円・慶事用52円・慶事用82円・慶事用92円・弔事用52円を発売[5]。4月からの消費税率改定による郵便料金値上げに対応するため。またこの時より新デザインとなる。
  • 3月31日 次の17券種の販売終了[6]
    • 70円・80円(2種)・90円・110円・130円・160円・200円・270円・300円・350円(2種)・420円
    • 慶事用 50円・慶事用 80円・慶事用 90円・弔事用 50円

2015年(平成27年)

  • 2月2日 1円・3円・5円・10円・20円・30円・50円・100円・120円・140円・500円・1000円を発売。これにより普通切手全券種のデザイン統一が図られる[7]。なお旧デザインは、在庫が無くなり次第販売終了となる[8]

最新の普通切手一覧[編集]

(【】内は一般的な適用料金)

その他[編集]

  • 普通切手は意匠変更が長年行われないことがある。例えば1951年(昭和26年)4月14日発行の1円前島密像は、1952年(昭和27年)8月11日に銭単位の表示省略、1968年(昭和43年)1月10日に”NIPPON”を追加し刷色を変更、2010年(平成22年)11月29日に額面の書体、2015年(平成27年)2月2日に額面と”NIPPON”の位置を交換している。しかし肖像そのものは変わっていないので事実上60年以上も発行が続けられているといえる。前身の1947年(昭和22年)8月10日発売の1円も別意匠の前島密であった。
  • 航空切手は日本では普通郵便に使えたため、普通切手の一種と混同されるが、諸外国では航空郵便のみに使えたもので、別個の切手として分類される。
  • グリーティング切手は、使用目的から普通切手の一種とされる。但し、発売期間は限定される。なお、製造コストが上乗せされて販売されていた時期がかつてあった。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]