速達郵便

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

速達郵便(そくたつゆうびん)は、世界各国の郵便制度にあるオプションサービスの名称の1つ。

概要[編集]

一般に、追加料金を支払うことで、速達でない郵便よりも速く配達するサービスを速達郵便という。日本での略称は速達

国際郵便の速達は、ExpressまたはExprèsと表示されている。(また、アメリカから日本への速達郵便は全てPriority Mailという専用封筒で送られてくる)

1998年以降は国際的にも、万国郵便連合(Universal Postal Union:UPU)の枠組みの中で制定された国際スピード郵便(Express Mail Service:EMS)によって類似のサービスを受けることができるようになった。現在、万国郵便連合191加盟国中138か国で取り扱っている。

日本の速達郵便[編集]

東京駅八重洲口付近に現存する速達郵便専用ポスト。通常の郵便ポストに併設されている。

日本の郵便制度では、特殊取扱(オプションサービス)の1つとして定義されており、郵便物やゆうメールに対して、切手または窓口にて特殊取扱料金を支払うことで速達のサービスを受けられる。郵便制度においては、「同一種類で速達としない郵便物に優先して送達する郵便」と定義されている。普通郵便は基本的に1日1回しか配達しないのに対し、速達郵便は原則として1日に3~4回配達するほか、普通郵便が配達休止となる日曜・祝日にも配達する(ただし会社や学校宛ては土日祝や年末年始は玄関が閉まっていて配達できないため翌平日回しにする場合が多い)。

普通郵便は朝までに配達局に到着した郵便物のみを当日配達するため、配達局に朝以降に到着した郵便物の配達は翌日となるが、速達郵便の場合は翌日回しにならず、15時までの到着であればその日のうちに配達される。

近県宛てであれば、普通郵便と速達が結果的に送達速度が全く同じになることも多いが、それは結果的に同じになったというだけである。普通郵便は誤区分により1~2日遅れになることがある代わりに安いサービスであるが、速達は誤区分しないように点検されているため、遅れる恐れは殆どない。近県宛てにおいては、速達は「速いサービスというよりも、遅れないサービス」と言える。

料金[編集]

速達を利用する場合は基本料金に加えて、特殊取扱料金として速達料金が上乗せされる。速達料金は2014年現在、250gまでの郵便物では280円である(ゆうメールや250g超えの郵便物の速達料金は、日本郵便のウェブサイトを参照)。例えば、封書の定形郵便物(25g以下)を速達で送る場合、基本料金の82円に、速達として送るための特殊取扱料金280円を加えた362円が必要になる)。

差出方法[編集]

速達郵便は、決められた方法で速達表示する必要があるが、郵便窓口で差し出すならば、窓口局員に「速達でお願いします」と口頭で申し出れば、局員が速達のスタンプ印を押すので、自分で速達表示しておく必要はない。

速達郵便を窓口ではなく郵便ポストに差し出す場合は、次の方法で速達表示する。

  • 郵便物が縦長ならば郵便番号欄よりも上に、横長ならば宛先住所の上(または郵便番号枠よりも右)に、赤い線を記す。線の色は必ず赤(または朱色)でなければならない。線は横40mm以上、太さは3mm以上が望ましい。
  • 赤い線を表示していれば、速達の文字の記入は必須ではないが、赤字で「速達」と明記しないと郵便局員に速達であることが見落とされたり、「単なる赤い柄」と誤解されたり、受取人が普通郵便と誤解する恐れが高いため、速達の文字も併せて記載すべきである。
  • ――― 速達 ―――」(赤線はなるべく太く長く書く)のように記すのが一般的で、かつ、分かりやすい表示である。
  • この速達表示のためのスタンプ印も文具店で市販されている。このスタンプ印は、赤線を手書きするよりも明瞭な速達表示になるため、局員に押してもらわずに自分で表示する場合は、なるべくスタンプ印利用が望ましい。

速達の差出方法としては、郵便窓口で速達扱いを申し出て郵便料金を現金で支払うのが確実である。自分で郵便料金計算して切手を貼って郵便ポストに差し出すことも可能だが、郵便料金計算を間違えて料金不足になり受取人に迷惑をかける恐れがある。郵便局の営業時間外に差し出したい場合は、ゆうゆう窓口(時間外窓口)で年中無休で差し出すことができる。

当日発送締切[編集]

郵便窓口に差し出す場合の当日発送締切時刻は、郵便局によって異なる(通例、小さい局は16時。大きい局は17時または18時まで)。

郵便ポストに差し出す場合の当日発送締切時刻は、平日・土曜は概ね15時、日曜・祝日は概ね8時である。

これらの時刻を過ぎた後に差し出した場合は、翌日差出扱いとなることがある。

配達方法[編集]

速達の配達は、昔は手渡し配達であったが、現在は必ずしも手渡しとは限らず、受取人が在宅であっても(配達員が忙しいなどの理由で)インターホンを鳴らさずに郵便受けに配達する方法も許されている。受け取りの際に受領印は不要。

在宅の場合に手渡し配達が希望の場合は、速達の代わりに「配達時間帯指定郵便」を利用すればよい。

速達の転送や返還[編集]

内国郵便約款によると、速達郵便が転送や返還される間の配送も速達扱いとなる。

交通困難地域へ差し出す場合の扱い[編集]

山小屋のような交通困難地域[1]へは、速達で差し出すことはできない。当該地域あてに速達郵便を差し出した場合も速達扱いはなされず、速達料金については差出人に返還される。

日本郵便の速達関連サービス[編集]

レターパックプラス
速達並みの送達日数である。例えば夕方までに本州から差し出せば東京都あてに翌日に配達予定である。ただし受領印が必要なので留守だと実際の配達日はもっと遅くなる。
新特急郵便
札幌市東京23区名古屋市大阪市福岡市において、市内から同一市内宛て(23区については、23区から23区宛て)のものを、午前の締切時刻までに窓口で差し出せば、当日の17時ごろまでに配達されるサービスである。事前契約が必要なので基本的に個人は利用できないが、23区内ならば個人でも単発利用できる。締切時刻が9:20~11:00(局により異なる)なので利用に注意が必要。
配達時間帯指定郵便
配達時間帯について、午前、午後、夜間のいずれかを指定することができる。例えば近県宛てにおいては速達は午前配達の義務はなく配達が12時を少し過ぎることも多いが、午前指定とした配達時間帯指定郵便は12時までに配達の義務がある点で、速達よりも厳格な速達性のあるサービスとなっている。翌朝10時郵便の後継サービスで2014年に開始された。

速達系サービスである「速達ゆうパック」「超特急郵便」「翌朝10時郵便」「エクスパック」「ポスパケット」は今は廃止されている。

宅配便の速達サービスについて[編集]

速達郵便よりも配達が速い場合もあるが、郵便法および各社の約款により信書を内容物とすることはできない。

宅急便タイムサービス超速宅急便・宅急便TODAYサービス
スーパーペリカン便

国際宅配便[編集]

国際宅配便事業者として、UPS、DHL、FedExなどがある。世界中に2~5日程度で配達できるが料金は高額である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]