キタキツネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キタキツネ
Vulpes vulpes laying in snow.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: イヌ目 Carnivora
: イヌ科 Canidae
: キツネ属 Vulpes
: アカギツネ V.vulpes
亜種 : キタキツネ V.v.schrencki
学名
Vulpes vulpes schrencki
Kishida,1924
英名
Ezo red fox

キタキツネ(北狐、Vulpes vulpes schrencki )は、北半球に広く分布するアカギツネ亜種。日本では北海道樺太および周辺島嶼に生息する。

名称「北狐」(きたきつね)は、1924年大正13年)に岸田久吉[1]が樺太に生息する本種に対して命名したものだが、その後に北海道と千島列島南部に生息する本種も「北狐」と呼称されるようになった[2]アイヌ語ではチロンヌプ(cironnup)、スマリ(sumari)、キモッペ(kimotpe)、フレプ(hurep)などの名称がある[3]

1978年(昭和53年)公開のドキュメンタリー映画『キタキツネ物語』でよく知られるようになった。

形態[編集]

本州四国九州に生息するホンドギツネよりも全体的にやや大きく、耳の裏と四肢の足首の部分が黒い。 大陸系のアカギツネと相似点が多い。

数は、切歯が上6本下6本、犬歯が上2本下2本、小臼歯が上8本下8本、大臼歯が上4本下6本、合計42本。乳頭数は、胸部1対、腹部2対、鼠径部1対、合計8個(7 - 10個の個体例あり)。指趾数(の数)は、前肢が5本、後肢が4本、合計18本[2]

生態[編集]

北海道の平地から高山帯まで、広く生息している。ネズミエゾユキウサギ鳥類昆虫などを主に食べる。秋には果実や木の実も食べる。観光地では、昼間に路上を歩いて観光客に餌をねだったり、ごみ捨て場の残飯や牧場で出産時に捨てられた牛の胎盤を餌とする個体もいる。土手などに穴を掘り、巣穴とする。春先に子どもを産み、秋にかけて雌が育てる。雄は単独で行動し、子育てはしない。近年、青森県でもたびたび目撃されるようになり、青函トンネル内の監視カメラなどに映っていることから、55km以上もあるトンネル(内部は通年気温20℃、湿度95%)を通ってやってきていると考えられている。青森県で見られるようになったのも、青函トンネルが完成してから。同様にエキノコックスも青森県で確認されている。[要出典]

エキノコックス[編集]

北海道・菅野温泉(かんのおんせん)玄関のキタキツネ

キツネ、特にキタキツネは近代以降にアリューシャン列島の養殖ギンギツネを経由して北海道へ拡大した寄生虫エキノコックスの終宿主となることがある。(北海道のキタキツネと野ネズミの間で感染が維持されるエキノコックス症は多包条虫によるものであり、世界的に家畜(牛・羊など)とイヌなどの間で感染がみられる単包条虫とは別種である。)キツネの糞便とともに排泄されたエキノコックス虫卵が人間に摂取されると、幼虫が寄生しエキノコックス症を引き起こす。早期に発見すれば治療可能だが、発見の遅れや手術の難しい部位への寄生など、最悪の場合死に至る可能性もある。

1999年頃より、駆虫薬を野生のキタキツネに摂取させることで感染率の低下を図る活動が行われている。

キタキツネと人間の関わり[編集]

野生動物であるキタキツネは、本来ならば人間から食べ物を与えられない状態で頭数のバランスがとれており、人間が干渉することでキタキツネのみならず、その生息環境に悪影響が出ると考えられている。他方ではキタキツネの体表面やなどを媒介とするエキノコックス症への感染も問題視されており、北海道では餌付けを含めキタキツネに干渉しないよう・生息域で感染の恐れがある行為をしないよう呼び掛けている([1])。これらでは旅行で持ちこまれたペットなどへ、逆にペットからキタキツネへのその他の病気の伝染も危惧される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 理学博士、農学博士 --『野生動物調査痕跡学図鑑』(p397)より。
  2. ^ a b 野生動物調査痕跡学図鑑』(p361)より。
  3. ^ 知里真志保『分類アイヌ語辞典』

参考文献[編集]

関連項目[編集]