菅野温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hot springs 001.svgかんの温泉
菅野温泉(かんのおんせん)P6270342浴場棟(左)と旧館.jpg
旧・温泉棟(左)と旧館
温泉情報
所在地 北海道河東郡鹿追町
座標 北緯43度19分33秒
東経143度2分58秒
座標: 北緯43度19分33秒 東経143度2分58秒
交通 鉄道-JR北海道根室本線帯広駅より車で約1時間
車-道東自動車道芽室ICより約45㎞
泉質

含芒硝重曹食塩鉄泉、含炭酸重曹食塩泉、重曹食塩泉、含硼酸重曹食塩泉、含石膏食塩泉、含硼酸重曹食塩泉、重曹硼酸食塩泉、含石膏食塩鉄泉

平成25年9月分析

 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
泉温(摂氏 35 - 78 ℃
湧出量 2850リットル
宿泊施設数 1
テンプレートを表示
本館向かいにある源泉

菅野温泉(かんのおんせん)は、北海道河東郡鹿追町にある温泉大雪山国立公園内にあり、秘湯として知られる[1]

平仮名かんの温泉と表記されて紹介されることも多い。「菅野温泉旅館」1軒のみの営業であったが旧経営者の都合により2008年12月から休業中であった。2012年に別会社が買収し、2014年には改装工事が終了し再開業、8月19日から入湯が行われている[2]

アクセス[編集]

2014年再開からは、無料の送迎は行われていない。

泉質[編集]

  • 含芒硝重曹食塩鉄泉
  • 含炭酸重曹食塩泉
  • 重曹食塩泉
  • 含硼酸重曹食塩泉
  • 含石膏食塩泉
  • 含硼酸重曹食塩泉
  • 重曹硼酸食塩泉
  • 含石膏食塩鉄泉

その効能の高さが知られており、「菅野で治らぬ病なし」と言われている。

※効能はその効果を万人に保証するものではない。

温泉地[編集]

大雪山国立公園内、標高780メートル然別峡の支流のどん詰まりに一軒宿の「かんの温泉」が営業している。「かんの温泉」は湯治場の伝統を残し、レトロなムードいっぱいの木造の旧館には湯治客向けの炊事場も残るなど、かつての湯治場の雰囲気を今なお色濃く伝えている。多くの泉質を持ち、すべて源泉掛け流しで消毒剤も使用していない。

中浴場(不動の湯)

風呂は七福神にちなんだ「七福の湯」と名付けられたられた7つの湯舟がある。

  • 『布袋の湯』
  • 『大黒の湯』
  • 『恵比寿の湯』
  • 『弁天の湯』
  • 『福禄の湯』(露天)
  • 『寿老の湯』(露天)
  • 『毘沙門の湯』

以上のほか『不動の湯』と『観音の湯』(露天)を加えて合計9つの湯舟を持っていた。2012年7月に温泉建物を買収し、新たに経営権を持った株式会社鹿追ホットスプリングス(鹿追町、勝海敏正社長)が2013年より改築を始め、新たな温泉棟のほか旧施設の一部を利用した宿泊棟を整備し、再営業の予定。新しい温泉棟は500㎡の木造で男女計11の浴槽からなり可能な限り旧施設のものを生かし、8種類の源泉から引湯しかつて同様にかけ流しで提供される。最奥にある旧・新館であった3階建て鉄筋コンクリート造りの建物1300㎡は改修し、内装を板張り山小屋風の1-2人用20室に改装し自炊も可能な湯治宿としての利用も可能とし、レストランも併設。暖房はペレットストーブ、施設内電力は屋上に設置する太陽光パネル及び沢水を利用した水力発電でまかなう。総工費約1億円[1]

また周辺には数多くの野湯も存在する。野営場の近くに鹿の湯然別峡ダム周辺にペニチカの湯、ピラの湯、メノコの湯、キヌプの湯、シリコトルの湯などがある。

温泉地は日本百名湯にも選ばれている。

歴史[編集]

2014年現在すでに取り壊された旧館と浴室棟
  • 1941年 - 「菅野旅館」として創業[3]
  • 1955年 - 鉱泉脈を発見しボーリングに成功[3]
  • 1965年 - 「然別峡七福の湯かんの温泉」新築に伴い「かんの温泉」設立[3]
  • 1980年 - 温泉・秘湯ブームにのり同年9月期には6500万円の売り上げを計上[3]
  • 1983年 - 3月に会社更生法手続きを終了。しかし、その後は温泉ブームの下火や施設老朽化から売り上げは減少へ[3]
  • 2008年12月 - 経営者の体調不良から休業。事業移譲などの形を模索するが、具体策が決まらず、加えて旅館が国有林内にあるため、2009年末までの土地の使用許可の期限が迫っており、存亡の危機にあった。管理する上士幌町の十勝西部森林管理署東大雪支署のよれば2009年末までに再開のめどが立たない場合は、許可の更新が困難になる恐れがあった。(毎日新聞社)
  • 2012年6月29日 - 閉鎖された施設が大樹町の鹿追ホットスプリングス(勝海電気の子会社)が買収し同年11月には解体工事に着工、2013年5月を目処に営業を再開する予定[6]だったが、解体に時間がかかったほか、温泉棟の設計変更などで着工が遅れていた[1]
  • 2013年7月28日、かんの温泉公式Facebookが立ち上がり、株式会社鹿追ホットスプリングスの名にて再開業が予告される[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 鹿追「かんの温泉」温泉棟を新築 月内にも着工 9月営業開始(北海道新聞記事より)
  2. ^ a b かんの温泉公式Facebook
  3. ^ a b c d e f 十勝毎日新聞2011年2月7日
  4. ^ 十勝毎日新聞社ニュース「かんの温泉復活へ」2012年6月30日
  5. ^ かんの温泉が破産 十勝毎日新聞 2011年2月7日
  6. ^ かんの温泉復活へ WEB TOKACHI - 十勝毎日新聞

関連項目[編集]

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]