大雪山国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大雪山国立公園
Daisetsuzan National Park
IUCNカテゴリII(国立公園
美瑛町から望む大雪山
美瑛町から望む大雪山
指定区域
北海道の北大雪、表大雪、東大雪、十勝連峰の山域[1]
北緯43度39分49秒 東経142度51分15秒 / 北緯43.66361度 東経142.85417度 / 43.66361; 142.85417座標: 北緯43度39分49秒 東経142度51分15秒 / 北緯43.66361度 東経142.85417度 / 43.66361; 142.85417
分類 国立公園
面積 226,763.56 ha[2]
指定日 1934年12月4日
運営者 環境省
年来園者数 501万人(2008年)[3]
施設 関連施設を参照
事務所所在地 060-0808
北海道札幌市北区北8条西2丁目札幌第一合同庁舎3階
公式サイト 大雪山国立公園(環境省)
テンプレートを表示

大雪山国立公園(だいせつざんこくりつこうえん)は北海道中央部にある日本最大の国立公園1934年12月4日阿寒国立公園日光国立公園中部山岳国立公園、阿蘇国立公園(現・阿蘇くじゅう国立公園)とともに指定された。

旭岳北鎮岳白雲岳黒岳赤岳などの大雪山系や、十勝岳トムラウシ山ニペソツ山石狩岳など2,000 m前後の山々が連なる山岳公園である。

自然[編集]

特別天然記念物[編集]

動物[編集]

公園内の山域には、エゾシカエゾシマリスエゾナキウサギエゾリスキタキツネヒグマなどの動物が生息している。ウスバキチョウなどの高山蝶が生息している。

植物[編集]

公園内の山上の森林限界登山道では、多くの高山植物が見られる[5]。本国立公園特別地域内指定植物の主な種を以下に示す[6]。大雪山(イワウメなど)、沼の平(サンカヨウなど)、十勝岳(イワブクロなど)、富良野岳(ハクサンイチゲなど)が、花の百名山に選定されている[7]。また黒岳(チョウノスケソウなど)、小泉岳(ジンヨウキスミレなど)、白雲山(ナガバキタアザミなど)が、新・花の百名山に選定されている[8]

地理[編集]

面積[編集]

総面積は226,763.56 ha[2]東京都の面積よりも大きい)におよぶ、日本一の面積を誇る国立公園である。国有地の比率が98%あまりと非常に多く、北海道有地などを含めると99%あまりが公有地であることが特筆される。

主な山[編集]

指定区域の北大雪、表大雪、東大雪、十勝連峰の各山域の主な山を下表に示す[1]最高峰北海道の最高峰でもある標高2,291 mの旭岳である。

山容 山名 よみ 標高(m) 山系 備考
Mt-Niseikausyuppe.JPG ニセイカウシュッペ山 1,883 北大雪 日本三百名山
Daisetsuzan-asahidake.jpg 旭岳 あさひだけ 2,291 表大雪 日本百名山
Mount Niseykauspe and Mount Kuro.jpg 黒岳 くろだけ 1,984 表大雪
忠別岳.jpg 忠別岳 ちゅうべつだけ 1,963 表大雪
Tomuraushi from chuubetsudake 2006-8-25.jpg トムラウシ山 2,141 表大雪 日本百名山
Oputateshikeyama and Bieifuji from Bieidake 2005-8-15.jpg オプタテシケ山 2,012 十勝連峰 日本三百名山
Mount Tokachi from Mount Biei 1998-8-9.jpg 十勝岳 とかちだけ 2,077 十勝連峰 日本百名山
Mount Furano from Mount Tokachi 1998-08-09.jpg 富良野岳 ふらのだけ 1,912 十勝連峰 日本三百名山
Mount Ishikari from Nipesotsu-Maruyama Volcanic Group 2005-08-17.jpg 石狩岳 いしかりだけ 1,967 東大雪 日本二百名山
Nipesotsuyama from Tengudake 2005-8-17.jpg ニペソツ山 2,013 東大雪 日本二百名山
Mt Upepesanke.JPG ウペペサンケ山 1,848 東大雪

火山[編集]

大雪山、忠別岳、トムラウシ山、十勝岳、東大雪・丸山、ニペソツ山、然別山、十勝三股カルデラ

河川[編集]

公園内には以下の河川が流れ、その上流域である[1]

ダム湖[編集]

公園内には発電用の大規模なダム湖がある[1]

湖沼[編集]

然別湖と白雲山

公園内の山上には多数の湖沼火口湖がある[1]

  • 一ノ沼、二ノ沼、三ノ沼、四ノ沼、五ノ沼、六ノ沼、大沼、小沼、半月ノ沼 - 沼ノ平
  • 高原沼、空沼、淵無し沼、緑の沼
  • 忠別沼
  • ヒサゴ沼
  • 北沼 - トムラウシ山
  • 大沼 - 沼の原
  • 硫黄沼 - 美瑛川
  • 然別湖
  • 東雲湖

湿地[編集]

湿地が多数あり、3項目が日本の重要湿地500に選定されている。

  • 大雪山系トムラウシ山周辺湿原群(高根ヶ原、忠別沼、五色ヶ原、沼ノ原、ヒサゴ沼、銀杏が原湿原、トムラウシ南麓湿原など)
  • 大雪山系旭岳周辺湿原群(天人ヶ原湿原、沼ノ平湿原、雲井ヶ原など)
  • 原始ヶ原湿原
滝見台からの羽衣の滝

主な滝[編集]

主な温泉[編集]

白金温泉と十勝連峰

スキー場[編集]

関係市町村[編集]

交通・アクセス[編集]

マイカー規制[編集]

公園の特別保護地区や十勝川源流部原生自然環境保全地域では、スノーモービル等の乗入れが禁止・規制されている[9]

ロープウェイ[編集]

公園内を通る主な道路[編集]

周辺の自動車専用道路[編集]

周辺の主な駅[編集]

周辺の空港[編集]

関連施設[編集]

ビジターセンター[編集]

利用者数は2008年(平成20年)[10]

センター名 設置者 所在地 利用者数(人)
層雲峡ビジターセンター 環境省 北海道上川郡上川町字層雲峡[11][12] 38,429
ヒグマ情報センター(高原温泉鳥獣保護管理棟) 7,864
旭岳ビジターセンター 北海道 北海道上川郡東川町旭岳温泉[13] ???

関連画像[編集]

風景[編集]

切手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 大雪山国立公園の区域図 (PDF)”. 環境省. 2012年3月6日閲覧。
  2. ^ a b 大雪山国立公園の公園紹介”. 環境省. 2012年3月6日閲覧。
  3. ^ 大雪山国立公園”. セブンイレブン記念財団. 2012年3月6日閲覧。
  4. ^ 国指定文化財等データベース(大雪山)”. 文化庁. 2012年3月6日閲覧。
  5. ^ 『花の百名山地図帳』 山と溪谷社、2007年5月、20-25頁。ISBN 9784635922463
  6. ^ 国立・国定公園特別地域内指定植物”. 環境省. 2012年3月6日閲覧。
  7. ^ 田中澄江 『花の百名山(愛蔵版)』 文藝春秋、1997年6月、161-178頁。ISBN 4-16-352790-7
  8. ^ 田中澄江 『新・花の百名山』 文春文庫、1995年6月、28-32頁。ISBN 4167313049
  9. ^ スノーモビル等乗入れ禁止について (PDF)”. 環境省. 2012年3月6日閲覧。
  10. ^ 環境省自然ふれあい推進室"表II-9 国立公園内ビジターセンター等利用者数"自然公園等利用者数調(2013年3月16日閲覧。)
  11. ^ 大雪山国立公園 層雲峡ビジターセンター”. 層雲峡ビジターセンター. 2012年3月6日閲覧。
  12. ^ ビジターセンター・博物館”. 大雪山国立公園連絡協議会. 2013年3月16日閲覧。
  13. ^ 旭岳ビジターセンター”. 北海道. 2012年3月6日閲覧。

外部リンク[編集]