北海道教育委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北海道の旗 北海道の行政官庁
北海道教育委員会
Hokkaido-Govt-Annex-Bldg.jpg
役職
教育委員長 中村隆信
委員 鶴羽佳子
末岡裕文
田澤由利
橋場弘之
立川宏(教育長
組織
北海道教育庁 総務政策局、学校教育局、生涯学習推進局、教育職員局、新しい高校づくり推進室
出先機関 空知教育局、石狩教育局、後志教育局、胆振教育局、日高教育局、渡島教育局、檜山教育局、上川教育局、留萌教育局、宗谷教育局、オホーツク教育局、十勝教育局、釧路教育局、根室教育局
概要
所在地 北海道札幌市中央区北3条西7丁目
年間予算 459,568,900千円(平成25年度一般会計)
ウェブサイト
北海道教育委員会
テンプレートを表示

北海道教育委員会(ほっかいどうきょういくいいんかい)は、北海道教育委員会である。

概要[編集]

所在地
〒060-8544 北海道札幌市中央区北3条西7丁目北海道庁別館

北海道内の教育に関する事務を所掌する行政委員会であり、6人の委員で構成される。2015年1月現在の教育委員長は中村隆信。近年は、学力向上、高校改革などの教育改革に取り組んでいる。

広義では、教育委員会の事務を担当する執行機関である北海道教育庁(教育委員会事務局)を含めて、教育委員会と呼ぶこともある。教育委員会の事務の執行責任者であり、事務局の長である教育長は、教育委員会の委員を兼任する。2015年1月現在の教育長は立川宏。

組織[編集]

北海道教育庁の組織は下記の通りである。

本庁[編集]

  • 北海道教育委員会
    • 北海道教育庁(教育長、教育次長)
      • 総務政策局 (総務課、施設課、教育政策課、教職員課)
      • 学校教育局 (高校教育課、義務教育課、特別支援教育課、健康・体育課)
      • 生涯学習推進局 (生涯学習課、文化財・博物館課)
      • 教育職員局 (給与課、福利課、教職員事務センター)
      • 新しい高校づくり推進室

出先機関[編集]

出先機関は下記のとおりである。

  • 空知教育局 (企画総務課、教育支援課、道立学校運営支援室)
  • 石狩教育局 (企画総務課、教育支援課、道立学校運営支援室)
  • 後志教育局 (企画総務課、教育支援課、道立学校運営支援室)
  • 胆振教育局 (企画総務課、教育支援課、道立学校運営支援室)
  • 日高教育局 (企画総務課、教育支援課、道立学校運営支援室)
  • 渡島教育局 (企画総務課、教育支援課、道立学校運営支援室、実習船管理室)
  • 檜山教育局 (企画総務課、教育支援課、道立学校運営支援室)
  • 上川教育局 (企画総務課、教育支援課、道立学校運営支援室)
  • 留萌教育局 (企画総務課、教育支援課、道立学校運営支援室)
  • 宗谷教育局 (企画総務課、教育支援課、道立学校運営支援室)
  • オホーツク教育局 (企画総務課、教育支援課、道立学校運営支援室)
  • 十勝教育局 (企画総務課、教育支援課、道立学校運営支援室)
  • 釧路教育局 (企画総務課、教育支援課、道立学校運営支援室)
  • 根室教育局 (企画総務課、教育支援課、道立学校運営支援室)

所管機関[編集]

所管する機関は下記のとおりである。


地域キャンパス校[編集]

地域キャンパス校は小規模の道立高等学校に対して北海道教育委員会が行なっている制度で、それぞれの地域キャンパス校に対して指定されたセンター校より出張授業や通信授業等の支援を受ける。[2]

2014年4月現在の地域キャンパス校(カッコ内はセンター校)
北海道蘭越高等学校北海道倶知安高等学校
北海道寿都高等学校北海道岩内高等学校
北海道虻田高等学校北海道伊達高等学校
北海道厚真高等学校北海道苫小牧東高等学校
北海道穂別高等学校北海道苫小牧西高等学校
北海道平取高等学校北海道静内高等学校
北海道福島商業高等学校北海道函館商業高等学校
北海道熊石高等学校北海道八雲高等学校
北海道南茅部高等学校北海道函館中部高等学校
北海道下川商業高等学校北海道士別翔雲高等学校
北海道美深高等学校北海道名寄高等学校
北海道苫前商業高等学校北海道留萌高等学校
北海道豊富高等学校北海道稚内高等学校
北海道常呂高等学校北海道北見北斗高等学校
北海道津別高等学校北海道美幌高等学校
北海道清里高等学校北海道網走南ヶ丘高等学校
北海道興部高等学校北海道紋別高等学校
北海道阿寒高等学校北海道釧路湖陵高等学校

ほっかいどう生涯学習ネットワークカレッジ事業[編集]

市町村教育委員会[編集]

不祥事[編集]

  • 2011年12月、道内の男性教諭が女子高生のスカートの中を盗撮しようとして逮捕され罰金刑を受けたが、盗撮は免職に当たるわいせつ行為ではないとして、この教諭を停職処分で済ましていた。この教諭は元の勤務校に復帰することになったため保護者からの反発も受けていた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 北海道登別明日中等教育学校の1校のみ
  2. ^ 地域キャンパス校・センター校について 北海道教育委員会
  3. ^ 読売新聞2012年9月28日記事

関連項目[編集]

外部リンク[編集]