上信越高原国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上信越高原国立公園
Jōshin'etsu-kōgen National Park
IUCNカテゴリII(国立公園
草津白根山
指定区域
群馬県新潟県長野県にまたがる山岳部および高層湿原[1][2]
北緯36度37分30秒 東経138度37分30秒 / 北緯36.62500度 東経138.62500度 / 36.62500; 138.62500座標: 北緯36度37分30秒 東経138度37分30秒 / 北緯36.62500度 東経138.62500度 / 36.62500; 138.62500
分類 国立公園
面積 148,072 ha[3]
指定日 1949年9月7日
運営者 環境省
年来園者数 2,588万人(2010年)[4]
施設 関連施設を参照
事務所 中部地方環境事務所
事務所所在地 460-0001
愛知県名古屋市中区 (名古屋市)三の丸2-5-2
公式サイト 上信越高原国立公園(環境省)
テンプレートを表示
上信越高原国立公園東部空撮画像。谷川岳、三国峠、苗場山などを望む。
上信越高原国立公園東部空撮画像。谷川岳三国峠苗場山などを望む。

上信越高原国立公園(じょうしんえつこうげんこくりつこうえん)は、長野県を中心に、新潟県群馬県にまたがる国立公園である。

概要[編集]

群馬県と新潟県の県境にある三国山脈南西部の志賀高原を中心とする高層湿原や浅間、本白根、草津など今なお活発な火山活動地域を含み、苗場などの火山が集まる、日本で最も火山の密集した地域となっている。

年表[編集]

面積[編集]

総面積は148,072 ha

三国山脈南西部[編集]

谷川岳本白根山白砂山岩菅山四阿山浅間山烏帽子岳苗場山清水峠西部・三国峠鳥居峠碓氷峠西部・軽井沢周辺・草津周辺と志賀高原一帯

火山[編集]

鳥甲岳、毛無山、草津白根山、志賀高原、四阿山、烏帽子岳、浅間山

関係市町村[編集]

長野県[編集]

須坂市小諸市東御市上田市軽井沢町御代田町高山村山ノ内町木島平村野沢温泉村栄村

新潟県[編集]

津南町十日町市南魚沼市湯沢町

群馬県[編集]

嬬恋村安中市草津町長野原町中之条町みなかみ町

上信越高原国立公園の風景[編集]

ビジターセンター[編集]

利用者数は2008年(平成20年)[11]

センター名 設置者 所在地 利用者数(人)
鹿沢ビジターセンター 環境省 群馬県吾妻郡嬬恋村大字田代2134 12,248
草津ビジターセンター 草津町 群馬県吾妻郡草津町草津521 32,564
志賀高原自然保護センター 長野県志賀高原自然保護センター運営協議会 長野県下高井郡山ノ内町平穏7148 43,589

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 上信越高原国立公園の区域図(東部) (PDF)”. 環境省. 2012年10月8日閲覧。
  2. ^ 上信越高原国立公園の区域図(西部) (PDF)”. 環境省. 2012年10月8日閲覧。
  3. ^ 上信越高原国立公園 公園紹介 基礎情報”. 環境省. 2015年5月27日閲覧。
  4. ^ 国立公園の利用者数(公園、年次別) (PDF)”. 環境省. 2012年10月6日閲覧。
  5. ^ 同日厚生省告示第183号「上信越高原国立公園指定」
  6. ^ 同日厚生省告示第177号「上信越高原国立公園指定の件の区域に新潟県糸魚川市の一部等の区域を追加指定する件」
  7. ^ 同日環境省告示第15号「上信越高原国立公園草津・万座・浅間地域の公園区域を変更する件」
  8. ^ 上信越国立公園、分割へ…「妙高・戸隠」新指定”. 読売新聞. 2014年4月18日閲覧。
  9. ^ 国立公園:妙高戸隠連山を指定 32番目に”. 毎日新聞. 2015年2月16日閲覧。
  10. ^ 「妙高戸隠連山国立公園」誕生へ=32カ所目、「上信越高原」から分離”. 時事通信社. 2015年2月16日閲覧。
  11. ^ 環境省自然ふれあい推進室"表II-9 国立公園内ビジターセンター等利用者数"自然公園等利用者数調(2013年3月18日閲覧。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]