忠別岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
忠別岳
Mount Chubetsu and Chubetsu-numa.jpg
北側から見た忠別岳と忠別沼
標高 1,962.75[1] m
所在地 日本の旗 日本
北海道美瑛町上川町
位置 北緯43度35分28秒
東経142度53分40秒
座標: 北緯43度35分28秒 東経142度53分40秒[2]
山系 大雪山系
忠別岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
白雲岳方面から望む高原沼と忠別岳

忠別岳(ちゅうべつだけ)は、北海道大雪山系(表大雪)に位置し、美瑛町上川町にまたがる標高1,963 m第四紀火山である。大雪山国立公園に属する。山頂には点名「忠別岳」の二等三角点が設置されている[1]

特徴[編集]

地質は安山岩質の成層火山であり、およそ100万年から80万年前に噴火活動時期があったと考えられている。

登山[編集]

黒岳旭岳トムラウシ山を結ぶ縦走路上に位置する。登山口は複数あるが、どの登山口から入山しても長いアプローチを必要とする。南の五色岳との鞍部の東側には忠別岳避難小屋があり、キャンプ指定地が併設されている。

周辺の山小屋[編集]

名称 所在地 標高
(m)
忠別岳からの
方角と距離 (km)
収容
人数
キャンプ
指定地
備考
白雲岳避難小屋 白雲岳の南東の肩 1,990 16 cardinal points NNE.png北北東 7.6
60
80張 夏期のみ管理人駐在
忠別岳避難小屋 忠別岳と五色岳の鞍部の東 1,620 16 cardinal points S.png南 1.4
30
15張 無人
ヒサゴ沼避難小屋 ヒサゴ沼畔 1,600 16 cardinal points SSW.png南南西 5.1
30
30張 無人

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 基準点成果等閲覧サービス・忠別岳”. 国土地理院. 2012年2月13日閲覧。
  2. ^ 日本の主な山岳標高(北海道の山)”. 国土地理院. 2012年2月13日閲覧。

外部リンク[編集]