ギンザンマシコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギンザンマシコ
ギンザンマシコ
ギンザンマシコ(オス) Pinicola enucleator
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: アトリ科 Fringillidae
亜科 : ヒワ亜科 Carduelinae
: ギンザンマシコ属 Pinicola
: ギンザンマシコ P. enucleator
学名
Pinicola enucleator
(Linnaeus, 1758)
和名
ギンザンマシコ
英名
Pine grosbeak

ギンザンマシコ(銀山猿子、学名:Pinicola enucleator)は、動物界脊索動物門鳥綱スズメ目アトリ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

アメリカ合衆国カザフスタンカナダスウェーデン中華人民共和国北部、日本ノルウェーフィンランドモンゴルラトビアロシア

スカンジナビア半島北部からロシア極東地域に至るユーラシア大陸の亜寒帯と、アラスカ、カナダ北部、ロッキー山脈で繁殖し、一部の個体は冬季に南方へ渡る。

日本では、北海道の高山(大雪山系など)で少数が繁殖するほか、冬鳥として北海道の各地に渡来する。本州では冬季まれに観察される。

形態[編集]

オス メス


全長20-22cm。腹部の羽毛は灰色。翼や尾羽の羽毛は黒褐色で、羽縁は淡色。

オスは全身が赤い羽毛で覆われる。メスは全身が黄褐色の羽毛で覆われる。

亜種[編集]

4-11亜種に分かれるとされる。日本では、次の2亜種が記録されている。

  • Pinicola enucleator sakhalinensis (Buturlin, 1915) ギンザンマシコ
  • Pinicola enucleator kamtschatkensis (Dybowski, 1883) コバシギンザンマシコ

生態[編集]

高山帯や針葉樹林に生息する。冬季になると標高の低い場所へ移動し、小規模の群れを形成する。冬季には市街地の街路樹でも見られる。

食性は雑食昆虫類、木の果実ナナカマドハイマツハンノキ)等を食べる。地上でも樹上でも採食を行う。

Pinicola enucleator

ハイマツ等の樹上に枯枝を組み合わせた皿状の巣を作り、日本では5-6月に1回に3-5個の卵を産む。メスのみが抱卵し、抱卵期間は13-14日。雛は孵化してから約14日で巣立つ。

比較的、人を恐れない。

地鳴きは「ピュル ピュル」など。さえずりは「ピュイーピュイーピュヨ ピュヨ ピュヨ」「ピュルピュルピュロルリリ」などのように聞こえる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]