富良野市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふらのし
富良野市
Symbol of Furano Hokkaido.svg
富良野市章
1966年(昭和41年)10月15日制定
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 上川総合振興局
団体コード 01229-7
法人番号 9000020012297
面積 600.71km2
総人口 22,715
住民基本台帳人口、2016年9月30日)
人口密度 37.8人/km2
隣接自治体 上川総合振興局
空知郡上富良野町中富良野町南富良野町
空知総合振興局
芦別市
市の木 イチイ
ホオノキ
市の花 エゾムラサキツツジ
他のシンボル 市の鳥:クマゲラ
市の獣:エゾリス
富良野市役所
市長 能登芳昭
所在地 076-8555
北海道富良野市弥生町1番1号
北緯43度15分00秒東経142度23分00秒
Furano City Hall.jpg
外部リンク 富良野市

日本地域区画地図補助 01450.svg

富良野市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

富良野市(ふらのし)は、北海道上川総合振興局にある

概要[編集]

北海道のほぼ中央にあり、富良野盆地の中心都市になっている[1]。『国民体育大会』スキー競技会、『全日本スキー選手権』、『FISワールドカップ』を開催し、テレビドラマ北の国から』の反響によって多くの旅行者が訪れるようになり(フィルムツーリズム)、周辺地域を含めて北海道を代表する観光地になっている[2]。富良野市を含む1市6町村で「富良野・美瑛観光圏」を形成している[3][4][5]

1991年(平成3年)、「富良野市(麓郷)」として「美しい日本のむら景観百選[6]、2001年(平成13年)に「ふらののラベンダー」として環境省から「かおり風景100選[7]、「十勝岳山麓に広がる田園風景」として「人と自然が織りなす日本の風景百選」に選定されている。市町村の魅力度ランキング調査ではトップ10にランクインする都市になっている[8]

市名の由来は、アイヌ語の「フラヌイ」(hura-nu-i 臭・もつ・所)が転訛したとする説が有力であり、十勝岳を水源とする富良野川が硫黄の臭気を含むことから呼ばれたと考えられている[1]

地理[編集]

市域は東西約32.8㎞、南北約27.3㎞、周囲約133.0㎞、面積は600.71km²となっている[9]。東方に大雪山国立公園の大雪山系十勝岳連峰[10]、西方に富良野芦別道立自然公園夕張山地芦別岳[11]、南方には東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林北海道演習林(東京大学北海道演習林)があり[12]、市域の約7割を山林が占めている[1]

  • 山:富良野岳(1,912m)、大麓山(1,460m)、丸山(843m)、一ノ山(858m)、築柴岳(581m)、富良野西岳(1,331m)、芦別岳(1,727m)
  • 河川:空知川富良野川、ヌッカクシ富良野川、ベベルイ川、布札別川、西達布川
  • 滝:不動の滝、二段ノ滝、勝竜の滝
  • 池沼:鳥沼
  • ダム:東郷ダム

気候[編集]

東は大雪山系、西は夕張山系に囲まれ、典型的な内陸性気候となっている[9]

富良野(富良野市東町、標高174m)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 6.9
(44.4)
13.3
(55.9)
15.3
(59.5)
29.2
(84.6)
31.0
(87.8)
36.3
(97.3)
35.0
(95)
36.3
(97.3)
32.3
(90.1)
25.7
(78.3)
20.4
(68.7)
13.6
(56.5)
36.3
(97.3)
平均最高気温 °C (°F) −4.1
(24.6)
−2.8
(27)
2.1
(35.8)
10.9
(51.6)
17.9
(64.2)
22.6
(72.7)
25.7
(78.3)
26.5
(79.7)
21.6
(70.9)
14.8
(58.6)
6.2
(43.2)
−1.1
(30)
11.69
(53.05)
日平均気温 °C (°F) −8.8
(16.2)
−8.1
(17.4)
−2.7
(27.1)
5.2
(41.4)
11.7
(53.1)
16.5
(61.7)
20.1
(68.2)
20.9
(69.6)
15.7
(60.3)
8.9
(48)
1.8
(35.2)
−5.2
(22.6)
6.33
(43.4)
平均最低気温 °C (°F) −15.1
(4.8)
−14.9
(5.2)
−8.4
(16.9)
−0.4
(31.3)
5.6
(42.1)
11.1
(52)
15.5
(59.9)
16.3
(61.3)
10.6
(51.1)
3.7
(38.7)
−2.4
(27.7)
−10.4
(13.3)
0.93
(33.69)
最低気温記録 °C (°F) −34.5
(−30.1)
−34.0
(−29.2)
−28.3
(−18.9)
−17.8
(0)
−3.1
(26.4)
1.0
(33.8)
6.3
(43.3)
6.5
(43.7)
−0.5
(31.1)
−5.3
(22.5)
−21.3
(−6.3)
−28.4
(−19.1)
−34.5
(−30.1)
降水量 mm (inch) 49.6
(1.953)
37.1
(1.461)
49.4
(1.945)
53.5
(2.106)
66.5
(2.618)
54.5
(2.146)
100.0
(3.937)
148.7
(5.854)
134.8
(5.307)
96.9
(3.815)
105.0
(4.134)
69.3
(2.728)
965.3
(38.004)
降雪量 cm (inch) 166
(65.4)
137
(53.9)
125
(49.2)
25
(9.8)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
2
(0.8)
78
(30.7)
171
(67.3)
704
(277.1)
平均月間日照時間 67.6 91.4 133.4 162.9 193.1 181.8 164.5 161.1 138.2 118.2 69.4 50.4 1,532
出典: 気象庁

人口[編集]

Demography01229.svg
富良野市と全国の年齢別人口分布(2005年) 富良野市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 富良野市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
富良野市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 30,876人
1975年 29,155人
1980年 28,499人
1985年 27,876人
1990年 26,665人
1995年 26,046人
2000年 26,112人
2005年 25,076人
2010年 24,266人
総務省統計局 国勢調査より

歴史[編集]

富良野市は、1896年(明治29 年)に富良野原野殖民地区画の設定が行われ、1897年(明治30年)に福岡県出身の中村千幹らが現在の扇山地区に入植したことに始まる[1]

友好都市[編集]

オーストリアの旗 シュラートミンク(シュタイアーマルク州
1977年(昭和52年)2月23日友好都市提携[21]
日本の旗 西脇市兵庫県[21]
1978年(昭和53年)10月20日友好都市親善協定締結

市議会[編集]

議員定数18人
定例会(年4回)
臨時会
委員会
常任委員会
総務文教委員会
保健福祉委員会
経済建設委員会
特別委員会等
議会運営委員会
議会広報特別委員会

官公署[編集]

国の機関
財務省
国税庁札幌国税局富良野税務署
厚生労働省
北海道労働局旭川公共職業安定所富良野出張所(ハローワーク富良野)
農林水産省
林野庁北海道森林管理局上川南部森林管理署富良野森林事務所
国土交通省
北海道開発局旭川開発建設部
富良野道路事務所
富良野地域農業開発事務所
道の機関
上川総合振興局
北海道富良野保健所
上川農業改良普及センター富良野支所
南部森林室富良野事務所
旭川建設管理部富良野出張所

公共施設[編集]

富良野市中心街活性化センター ふらっと
富良野文化会館
富良野市女性センター
市立富良野図書館
富良野市勤労青少年ホーム
富良野市労働会館
富良野市老人福祉センター
富良野市生涯学習センター・博物館
富良野スポーツセンター

公的機関[編集]

警察
富良野警察署
駅前交番・麓郷駐在所・山部駐在所・東山駐在所
消防
富良野広域連合
富良野消防署
山部出張所
病院
北海道社会事業協会富良野病院(富良野協会病院)
ふらの西病院
北の峰病院
電気
北海道電力富良野営業所
報道機関
北海道新聞社富良野支局
コミュニティFM
ラジオふらの
フリーペーパー
ライナーネットワーク
asatan
その他
空知川上流土地改良区

教育機関[編集]

演習林
東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林北海道演習林
高等学校
北海道富良野高等学校
北海道富良野緑峰高等学校
専修学校
富良野看護専門学校
中学校
富良野市立富良野東中学校
富良野市立富良野西中学校
富良野市立樹海中学校
富良野市立山部中学校
小中学校
富良野市立麓郷小中学校
富良野市立布部小中学校
小学校
富良野市立富良野小学校
富良野市立扇山小学校
富良野市立東小学校
富良野市立鳥沼小学校
富良野市立布礼別小学校
富良野市立樹海小学校
富良野市立山部小学校
保育所
虹いろ保育所(認可)
あおぞら保育所(へき地)
山部保育所(へき地)
東山保育所(へき地)
麻町保育所
幼稚園
聖園幼稚園
ルンビニ幼稚園
慈恵ひまわり幼稚園
富良野みどり幼稚園
市民大学講座
ことぶき大学
学校教育以外の施設
富良野自動車学校

経済・産業[編集]

基幹産業は農業であり、野菜タマネギニンジンメロンスイカなど)、水稲畑作麦類など)、畜産(肉用牛・養豚酪農・飼料作物)などを生産している[28][29]。産業別就業者数では、観光に関連した業種を中心とした第三次産業の割合が最も高い[30]

官民連携のまちづくりが行われており、中心市街地活性化ではちょっとおしゃれな田舎町「ルーバン・フラノ構想」(「ルーラル」(田舎)と「アーバン」(都会)を合わせた造語)を掲げ、新たな拠点空間の創出して観光客を「まちなか」に誘導するための施策や、移住希望者に向けての様々な施策を積極的に展開し、経済のパイの拡大と同時に人口増も図りながら市民にとって暮らしやすい社会を実現していくための事業を展開している[31]。まちの活性化や魅力創出に貢献している取組みが評価され、2016年(平成28年)にふらのまちづくり株式会社が「まちづくり法人国土交通大臣表彰」国土交通大臣賞(まちの活性化・魅力創出部門)を受賞した[32][33]。また、移住に向けての活動に積極的であり、ふらの市移住促進協議会を設置して情報発信しているほか[34]、「富良野の住まい情報バンク」では移住者向けの物件を無料で掲載している[35]。移住を検討している人々のために「富良野市お試し暮らし住宅」を用意している[36]

立地企業[編集]

共済農場
ノザワ
マルハニチロ北日本
ルノール(菓子工房フラノデリス
北印
北海道コカ・コーラボトリング
プリンスホテル
第一寶亭留

組合[編集]

ふらの農業協同組合(JAふらの)本所・山部支所・東山支所・東部出張所
富良野地区農業共済組合(富良野地区NOSAI)事務所・家畜診療所
富良野地区森林組合
富良野料飲店組合[37]
富良野旅館業組合[38]
北の峰地区旅館組合

商業施設[編集]

ホクレン商事
エーコープフォーレスト店
エーコープやまべ店
エーコープ春日店
ホクレンショップあさひ店
道北アークスアークスグループ
ラルズマート富良野店
生活協同組合コープさっぽろ
富良野店
ダイゼン
DZマート富良野店

金融機関[編集]

北洋銀行富良野支店
北海道銀行富良野支店
旭川信用金庫富良野支店
北海道労働金庫富良野支店
空知商工信用組合富良野支店
JAバンク北海道(北海道信用農業協同組合連合会)JAふらの 本所・春日出張所・山部支所・東山支所

郵便[編集]

富良野郵便局(集配局)
山部郵便局
富良野若葉郵便局
麓郷郵便局
布部郵便局
西達布郵便局
東山郵便局
富良野麻町簡易郵便局
老節布簡易郵便局
北の峰簡易郵便局

宅配便[編集]

ヤマト運輸道北主管支店
富良野センター・富良野南センター・上富良野センター
佐川急便富良野営業所

交通[編集]

富良野駅(2011年9月)

鉄道[編集]

JR logo (hokkaido).svg北海道
根室本線島ノ下駅 - 富良野駅 - 布部駅 - 山部駅
富良野線学田駅 - 富良野駅

バス[編集]

路線バス
ふらのバス
占冠村営バス
都市間バス
北海道中央バス
道北バス北海道拓殖バス十勝バス共同運行

タクシー[編集]

ふらのタクシー
中央ハイヤー

道路[編集]

市内を通る幹線道路は、シーニックバイウェイの「大雪・富良野ルート」、大雪 - 富良野 - 十勝を結ぶ「北海道ガーデン街道」になっている[39][40]

地域高規格道路
富良野道路(事業中)
一般国道
国道38号
国道237号
都道府県道
北海道道135号美唄富良野線
北海道道253号東山富良野停車場線
北海道道298号上富良野旭中富良野線
北海道道544号麓郷山部停車場線
北海道道706号南陽山部停車場線
北海道道759号奈江富良野線
北海道道800号北の峯線
北海道道985号山部北の峰線

文化財・観光・レジャー・祭事・催事[編集]

文化財[編集]

富良野市指定文化財
富良野獅子舞 - 富良野獅子舞保存会、富良野市生涯学習センター[41]
北海道中央経緯度観測標 - 富良野小学校校庭[41]
北大第八農場山部成墾記念碑 - 山部神社境内[41]
北大第八農場富良野成墾記念碑 - 天満宮境内[41]

観光・レジャー[編集]

市街地エリア
富良野・美瑛広域観光センター
フラノマルシェ・フラノマルシェ2[42]
北の峰エリア
朝日ヶ丘総合公園
富良野スキー場
富良野プリンスホテル
風のガーデン
珈琲 森の時計
新富良野プリンスホテル
Soh's Bar
ニングルテラス
富良野・ドラマ館
富良野演劇工場[43]
富良野チーズ工房[44]
アイスミルク工房
ピッツァ工房
手作り体験工房
麓郷エリア
ふらのハーブガーデン ポプリの里
グラス・フォレスト in 富良野[45]
拾ってきた家
純と結の家
麓郷の森
富良野オルゴール堂
五郎の石の家
最初の家
ふらのジャム園[46]
アンパンマンショップふらの店
麓郷展望台(美しい日本のむら景観百選[6]
郊外エリア
ふらのワイン工場(富良野市ぶどう果樹研究所)[47]
ふらのワインハウス[48]
ふらのぶどう果汁工場
ハイランドふらの[49]
鳥沼公園
春よ、来いの木[50]
富良野ゴルフコース
私設万華鏡学校 ふらび[51]
山部@まるごと体験村[52]
山部自然公園太陽の里[53]
東大演習林樹木園

祭事・催事[編集]

GREAT EARTH FURANO Ride(6月)[54]
北海イカダくだり in 空知川(7月)
北海へそ祭り(7月28日・29日)
ゆうふれ音楽祭(8月)
ふらの花火大会(8月)[55]
富良野神社例大祭(8月25・26日)
ふらのワインぶどう祭り(9月)
ふらのチーズ祭り(9月)
ふらの歓寒村(12月から3月)

特産・名産[編集]

富良野で収穫した農産品やそれらを使ったチーズワイン・スイーツはじめ、ラベンダーや、北海道の中心「へそのまち」に関する商品[56]レトルト食品ソースなどがある[57]ご当地グルメとして富良野オムカレーがあり、「富良野オムカレー推進協議会規約」を設けている[58]。富良野産の食材に拘ったふらのバーガーも人気となっている[59]

富良野市が舞台(ロケ地)となった作品[編集]

教養番組
にこにこぷん
テレビドラマ
北の国から
ラストクリスマス
優しい時間
華麗なる一族
風のガーデン
ラブレイン
映画
学校II
斉藤竜明「フラノの歌」

人物[編集]

名誉市民[編集]

「富良野市の概要」参照[60]

出身人物[編集]

50音順

ゆかりのある人物[編集]

50音順

市民憲章・都市宣言[編集]

富良野市民憲章

わたしたちは、北海道の中心標が立つ富良野の市民です。

わたしたちは、この美しい自然の環境につつまれながら新しい生産都市をつくりあげるために自信と誇りをもって進みます。

1 明るく健康で働くまち富良野
1 あたたかくみんなの幸せを願うまち富良野
1 大きく未来に生きる知性のまち富良野
— 昭和44年7月28日制定[65]
都市宣言
「青少年健全育成都市」宣言(昭和42年10月9日)
「交通安全都市」宣言(昭和42年10月9日)
「青色申告と諸税完納都市」宣言(昭和53年3月23日)
「非核平和都市」宣言(昭和61年9月20日)
「暴力追放都市」宣言(平成4年3月19日)
「食と自然を守る都市」宣言(平成5年1月22日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 富良野市の概要 2015, p. 1.
  2. ^ 富良野市中心市街地活性化基本計画について 2009, p. 1.
  3. ^ 富良野・美瑛観光圏 (PDF)”. 国土交通省. 2016年3月30日閲覧。
  4. ^ 観光圏整備実施計画認定地域(13地域) (PDF)”. 観光庁. 2016年3月30日閲覧。
  5. ^ 富良野・美瑛 広域観光圏整備計画.
  6. ^ a b 美しい日本のむら景観百選 北海道 (PDF)”. 農林水産省. 2016年4月5日閲覧。
  7. ^ かおり風景100選一覧表 (PDF)”. 環境省. 2016年3月31日閲覧。
  8. ^ 第9回「地域ブランド調査2014」調査結果 最も魅力的な市区町村は函館市。北海道は6年連続 (PDF)”. ブランド総合研究所 (2014年10月6日). 2016年4月7日閲覧。
  9. ^ a b 第1章 総則 (PDF)”. 富良野市防災計画(平成27年度版). 富良野市. 2016年4月4日閲覧。
  10. ^ 大雪山国立公園”. 北海道地方環境事務所. 環境省. 2016年4月6日閲覧。
  11. ^ a b 富良野芦別道立自然公園”. 北海道. 2016年4月6日閲覧。
  12. ^ a b 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林 北海道演習林 (PDF)”. 東京大学 (2015年). 2016年4月5日閲覧。
  13. ^ a b c 山部地区年表 (PDF)”. 富良野市. 2016年4月6日閲覧。
  14. ^ a b 富良野スキー場の歴史”. ふらの観光協会公式サイト ふらのindex. 2016年4月6日閲覧。
  15. ^ a b 石綿鉱山採掘跡地等実態調査の結果 (PDF)”. 原子力安全・保安院. 経済産業省 (2006年1月12日). 2016年4月6日閲覧。
  16. ^ 富良野市の概要 2015, p. 7.
  17. ^ 富良野スキー場開設50年記念 (PDF)”. プリンスホテル (2012年). 2016年4月6日閲覧。
  18. ^ 富良野文化会館(施設の概要)”. 富良野市. 2016年4月7日閲覧。
  19. ^ ふらのワインの歴史”. 富良野市ぶどう果樹研究所. 2016年4月5日閲覧。
  20. ^ 第30回大会(昭和50年・1975年開催)”. 日本体育協会. 2016年4月7日閲覧。
  21. ^ a b c d 友好都市・姉妹都市”. 富良野市. 2016年4月4日閲覧。
  22. ^ a b 富良野市の概要 2015, p. 6.
  23. ^ 会社概要”. 旭川信用金庫. 2016年4月4日閲覧。
  24. ^ ふらのまちづくり株式会社”. 2016年10月10日閲覧。
  25. ^ フラノ・マルシェ オープン”. 富良野市. 2016年4月6日閲覧。
  26. ^ 定住自立圏構想について”. 富良野市. 2016年4月4日閲覧。
  27. ^ 富良野市「ネーブルタウン」が完成 (PDF)”. まちづくりメールニュース Vol.233. 北海道開発局. 2016年4月6日閲覧。
  28. ^ 富良野農業の現況 (PDF)”. 富良野市 (2015年). 2016年4月4日閲覧。
  29. ^ 農畜産物の生産状況 (PDF)”. 富良野市 (2015年). 2016年4月4日閲覧。
  30. ^ 富良野市の概要”. 富良野市. 2016年4月7日閲覧。
  31. ^ 富良野市中心市街地活性化基本計画について 2009, p. 4.
  32. ^ “「第5回まちづくり法人国土交通大臣表彰」の受賞者決定について” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省, (2016年5月26日), http://www.mlit.go.jp/common/001132771.pdf 2016年10月10日閲覧。 
  33. ^ “「第5回まちづくり法人国土交通大臣表彰」審査結果” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省, (2016年5月26日), http://www.mlit.go.jp/common/001132537.pdf 2016年10月10日閲覧。 
  34. ^ ふらの市移住促進協議会”. 2016年4月7日閲覧。
  35. ^ 富良野の住まい情報バンク”. 富良野市. 2016年4月7日閲覧。
  36. ^ ふらの生活体験”. 富良野市. 2016年4月7日閲覧。
  37. ^ ふらの 食べどこ飲みどこガイド”. 富良野料飲店組合. 2016年4月7日閲覧。
  38. ^ 富良野旅館業組合”. 2016年4月7日閲覧。
  39. ^ 大雪・富良野ルート”. シーニックバイウェイ北海道. 2016年3月30日閲覧。
  40. ^ 北海道ガーデン街道”. 北海道ガーデン街道協議会. 2016年3月30日閲覧。
  41. ^ a b c d 富良野市の概要 2015, p. 4.
  42. ^ フラノマルシェ -Top Page-”. 2016年4月4日閲覧。
  43. ^ ふらの演劇工房”. 2016年4月4日閲覧。
  44. ^ 富良野チーズ工房”. 2016年4月4日閲覧。
  45. ^ Glass Forest in FURANO 〜ふらの硝子〜”. 2016年4月4日閲覧。
  46. ^ ふらのジャム園”. 2016年4月4日閲覧。
  47. ^ ふらのワイン”. 富良野市ぶどう果樹研究所. 2016年4月4日閲覧。
  48. ^ ふらのワインハウス”. 2016年4月4日閲覧。
  49. ^ ハイランドふらの”. 2016年4月4日閲覧。
  50. ^ 春よ、来いの木”. 北海道ファンマガジン (2008年3月14日). 2016年4月7日閲覧。
  51. ^ ふらの万華鏡「私設万華鏡学校 ふらび」”. 2016年4月4日閲覧。
  52. ^ 山部@まるごと体験村”. 2016年4月4日閲覧。
  53. ^ 山部自然公園太陽の里”. 2016年4月4日閲覧。
  54. ^ GREAT EARTH 富良野ライド”. 2016年4月7日閲覧。
  55. ^ ふらの花火大会”. 2016年4月4日閲覧。
  56. ^ 富良野で「へそ」を探そう!へそ和菓子・へそ豚まん・へそ歓楽街まで”. 北海道ファンマガジン (2014年3月20日). 2016年4月7日閲覧。
  57. ^ 富良野自慢のお土産 特産品”. ふらの観光協会公式サイト ふらのindex. 2016年4月6日閲覧。
  58. ^ 富良野オムカレー”. 富良野オムカレー推進協議会. 2016年4月6日閲覧。
  59. ^ 最高のロケーションで味わう 究極のメイドイン富良野。ふらのバーガー”. 北海道ファンマガジン (2015年6月3日). 2016年4月7日閲覧。
  60. ^ 富良野市の概要 2015, p. 8.
  61. ^ 富良野自然塾”. 2016年4月8日閲覧。
  62. ^ 倉本聰・富良野塾・富良野GROUP”. 2016年4月8日閲覧。
  63. ^ 雨上がり決死隊・蛍原徹 北海道富良野市ふらの観光大使就任!”. 吉本興業 (2014年5月14日). 2016年4月7日閲覧。
  64. ^ ふるさと大使 第1号に松井博和氏”. 日刊富良野 (2012年6月25日). 2016年4月7日閲覧。
  65. ^ 富良野市民憲章”. 富良野市例規類集. 2016年4月4日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政

産業

観光