北海道ガーデン街道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
参加ガーデン「六花の森
真鍋庭園

北海道ガーデン街道(ほっかいどうガーデンかいどう)は、北海道旭川市上川町から十勝地方(帯広市など)に至る道路の愛称名。2009年に命名された。

概要[編集]

  • 北海道の著名ガーデン・観光地が集まっている上川町-旭川市-美瑛町-富良野市-十勝地方を結ぶ約250kmの街道[1]。既存の国道などに命名された。
  • 北海道を代表する風景が楽しめる道路で、北海道を代表する観光地域を結んでいる[2]大雪山日高山脈の風景・丘陵風景・田園風景が道中で楽しめる。
  • 旭川-美瑛-富良野間は以前より「花人街道」と呼ばれており、以前より北海道を代表するの観光地となっている。
  • 旭川市-帯広市の所要時間は約3時間40分(どこにも立ち寄らない場合)。
  • ほぼ並行して鉄道も通っている(JR富良野線全線とJR根室本線の富良野-帯広間)。
  • 共通チケットあり。2泊以上の滞在型観光の定着を目指している。

ガーデン街道とされる道路[編集]

など

参加ガーデン[編集]

以上、出典は[3]

街道沿いに存在する観光地[編集]

街道沿いのご当地グルメ[編集]

アクセス[編集]

出典[編集]

  1. ^ ひがし北海道観光事業開発協議会/北海道観光振興機構・北海道ガーデン街道
  2. ^ るるぶ十勝 帯広 ガーデン街道(2017年版)
  3. ^ <とかち探訪>庭園=帯広・真鍋庭園*カエデ並木が印象的 2015年08月18日 北海道新聞夕刊地方 8頁 勝A (全908字)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]