白金温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hot springs 001.svg白金温泉
Mori-no-ryotei-Biei Shirogane Onsen Biei Hokkaido Japan02s3.jpg
温泉情報
所在地 北海道上川郡美瑛町白金温泉
交通 JR北海道富良野線美瑛駅より道北バスで約26分
泉質 芒硝泉(ナトリウムカルシウムマグネシウム - 硫酸塩塩化物泉)
泉温 46~55
宿泊施設数 7
テンプレートを表示

白金温泉(しろがねおんせん)は、北海道上川郡美瑛町にある温泉。付近は白樺林の美しい光景が広がる。

泉質[編集]

神経痛に対する効能が高いとされ、「杖忘れの湯」といわれる。 分を含み、湧出直後は無色透明であるが、空気に触れると徐々に酸化されて褐色に濁る。

効能はその効果を万人に保証するものではない。

歴史[編集]

大正初期頃に十勝岳中腹(現・十勝岳望岳台付近)に「丸谷温泉」、現在の白金温泉付近に「畠山温泉」があったのが始まりだが大正15年の十勝岳大爆発により両温泉とも泥流に呑まれ消失。 後に1950年昭和25年)8月に温泉が湧出し、温泉開発に成功した当時の町長が「泥の中から貴重なプラチナ(白金)を見つけた思いがする」と述べたことに由来して、白金温泉と命名された。[1]

温泉街[編集]

十勝岳の山麓に約7軒の旅館が存在する。

共同浴場は存在しない。日帰り入浴施設は約7軒、「湯元白金温泉ホテル」「大雪山白金観光ホテル」「白金四季の森ホテルパークヒルズ」「国民保養センター」などが存在する。ホテルのすぐ下の渓谷には白ひげの滝がある。 周辺には、国設のキャンプ場やパークゴルフ場も存在する。

周辺[編集]

アクセス[編集]

  • 5月中旬から11月中旬までは、十勝岳温泉吹上温泉へは車で15分ほどで行くことができるが、冬季は道道が通行止めとなるため、大回りしなければならなくなる(その際は、上富良野を経由する)。

脚注[編集]

関連項目[編集]