美瑛駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
美瑛駅
駅舎(2012年7月撮影)
駅舎(2012年7月撮影)
びえい
Biei
F38 美馬牛 (6.8km)
(3.5km) 北美瑛 F36
所在地 北海道上川郡美瑛町本町1丁目1
駅番号 F37
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 富良野線
キロ程 31.0km(富良野起点)
電報略号 ヒイ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
490人/日(降車客含まず)
-2009年度-
開業年月日 1899年明治32年)9月1日
備考 社員配置駅
みどりの窓口 有
テンプレートを表示
プラットホーム

美瑛駅(びえいえき)は、北海道上川郡美瑛町本町1丁目1にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線駅番号F37電報略号ヒイ

旭川駅から当駅までは、ほぼ1時間に1本の頻度で列車が運行されている。かつては急行列車が停車した。

駅構造[編集]

  • 2面2線の相対式ホームをもつ地上駅。改札外に男女別の水洗式便所がある。ホーム間の移動は跨線橋を使う。
  • 社員配置駅みどりの窓口設置。ただし18時30分から翌日6時30分まで駅員不在。
  • 駅舎や倉庫は過去に美瑛町周辺で採掘されていた美瑛軟石を使って建築されている。そのため駅舎自体が観光地となっている。また趣があるため、国鉄いい日旅立ちキャンペーン」やトヨタカムリ」のCM等に登場している。モーニング娘。『ふるさと』のミュージックビデオのロケに使用され、プロモーションビデオなどにも登場した。
  • 改札放送は自動化され、の4か国語放送である。
  • JR北海道の駅には珍しく発車ベルが導入されていて、鳴動する場合がある。

駅周辺[編集]

駅前商店街を拡張した際、石造駅舎に合わせて各建物の基礎に倉庫の解体によって入手した美瑛軟石を使っている。

歴史[編集]

1977年の美瑛駅と周囲約500m範囲。左下が富良野方面。島ホームは駅裏側が植栽されて乗降用には使用されていない。駅裏は留置線とその外側のストックヤード前へ貨物積卸線、そこから富良野側の矩形車庫へ少し外側へカーブを描いて車庫線が分岐し、旭川側の木工場前と赤い屋根の農協倉庫前へ引込線が伸びる。駅舎横の富良野側に貨物ホームと引込線、そこから富良野側の貯炭場前へ引込線、駅舎前の単式ホームを挟んで旭川側の貨物積卸場前へ引込線を有している。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
富良野線
美馬牛駅 (F38) - 美瑛駅 (F37) - 北美瑛駅 (F36)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]