美瑛駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
美瑛駅
JRHokkaidoBiei-eki.JPG
駅舎外観(2012年7月)
びえい
Biei
F36 北美瑛 (3.5 km)
(6.8 km) 美馬牛 F38
所在地 北海道上川郡美瑛町本町1丁目1
北緯43度35分27.78秒 東経142度27分42.41秒 / 北緯43.5910500度 東経142.4617806度 / 43.5910500; 142.4617806 (美瑛駅)
駅番号 F37
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 富良野線
キロ程 23.8 km(旭川起点)
電報略号 ヒイ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
473人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1899年明治32年)9月1日
備考 社員配置駅
みどりの窓口 有
テンプレートを表示

美瑛駅(びえいえき)は、北海道上川郡美瑛町本町(もとまち)1丁目1にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線駅番号F37

旭川駅から当駅までは、ほぼ1時間に1本の頻度で列車が運行されている。かつては急行列車が停車した。

歴史[編集]

1977年の美瑛駅と周囲約500m範囲。左下が富良野方面。島ホームは駅裏側が植栽されて乗降用には使用されていない。駅裏は留置線とその外側のストックヤード前へ貨物積卸線、そこから富良野側の矩形車庫へ少し外側へカーブを描いて車庫線が分岐し、旭川側の木工場前と赤い屋根の農協倉庫前へ引込線が伸びる。駅舎横の富良野側に貨物ホームと引込線、そこから富良野側の貯炭場前へ引込線、駅舎前の単式ホームを挟んで旭川側の貨物積卸場前へ引込線を有している。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成

駅名の由来[編集]

所在地名より。アイヌ語の「ピイェ(piye)」〔油(転じて油っこい・油ぎっている)〕に由来するとされる[1]

駅構造[編集]

  • 2面2線の相対式ホームをもつ地上駅。改札外に男女別の水洗式便所がある。ホーム間の移動は跨線橋を使う。
  • 社員配置駅みどりの窓口設置。ただし18時30分から翌日6時30分まで駅員不在。
  • 駅舎や倉庫は過去に美瑛町周辺で採掘されていた美瑛軟石を使って建築されている。そのため駅舎自体が観光地となっている。また趣があるため、国鉄いい日旅立ちキャンペーン」やトヨタカムリ」のCM等に登場している。モーニング娘。『ふるさと』のミュージックビデオのロケに使用され、プロモーションビデオなどにも登場した。
  • 改札放送は自動化され、の4か国語放送である。
  • JR北海道の駅には珍しく発車ベルが導入されていて、鳴動する場合がある。

利用状況[編集]

  • JR北海道によると、乗車人員(特定の平日の調査日)平均は以下のとおりである。
調査対象の5年間 5年間の各調査日における
平均乗車人員
(単位:人)
出典
2012 - 2016年(平成24 - 28年) 473.6 [2]
2013 - 2017年(平成25 - 29年) 453.8 [3]
2014 - 2018年(平成26 - 30年) 424.0 [4]
2015 - 2019年(平成27 - 令和元年) 412.2 [5]
  • 「美瑛町町勢要覧」によると、近年の年間乗車人員の推移は下記のとおりである。
年度 乗車人員
(年間)
乗車人員
(一日平均)
出典
2003年(平成15年) 189,165 517 [6]
2004年(平成16年) 182,135 499
2005年(平成17年) 175,031 480
2006年(平成18年) 173,382 475
2007年(平成19年) 174,701 477
2008年(平成20年) 179,945 493
2009年(平成21年) 186,150 510
2010年(平成22年) 187,245 513
2011年(平成23年) 182,268 498
2012年(平成24年) 186,398 511 [7]
2013年(平成25年) 180,742 495
2014年(平成26年) 189,070 518
2015年(平成27年) 187,610 513
2016年(平成28年) 189,070 518 [8]
2017年(平成29年) 186,880 512
2018年(平成30年) 179,215 491
2019年(令和元年) 173,118 473 [9]

駅周辺[編集]

駅前商店街を拡張した際、石造駅舎に合わせて各建物の基礎に倉庫の解体によって入手した美瑛軟石を使っている。 駅北側に駅正面と駅裏を行き来できる自由通路がある。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
富良野線
千代ヶ岡駅 (F35) - *北美瑛駅 (F36) - 美瑛駅 (F37) - 美馬牛駅 (F38)
*:一部の上り列車は北美瑛駅を通過する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ アイヌ語地名リスト ノブト~ヒラキ P101-110”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月20日閲覧。
  2. ^ 富良野線(富良野・旭川間), (日本語) (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道), (2017年12月8日), オリジナルの2017年12月9日時点におけるアーカイブ。, http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/11.pdf 2017年12月10日閲覧。 
  3. ^ 富良野線(富良野・旭川間), (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために) (北海道旅客鉄道株式会社): p. 3, (2018年7月2日), オリジナルの2018年8月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180818062312/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/region/pdf/senku/11.pdf 2018年8月18日閲覧。 
  4. ^ 富良野線(富良野・旭川間) (PDF)”. 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2019年10月18日). 2019年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。
  5. ^ 富良野線(富良野・旭川間) (PDF)”. 地域交通を持続的に維持するために > 輸送密度200人以上2,000人未満の線区(「黄色」8線区). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2020年10月30日). 2020年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月3日閲覧。
  6. ^ 平成25年度美瑛町町勢要覧 (PDF)”. 美瑛町. p. 11 (2013年). 2018年2月8日閲覧。
  7. ^ 平成29年度美瑛町町勢要覧 (PDF)”. 美瑛町. p. 11 (2017年). 2018年2月8日閲覧。
  8. ^ 令和元年度美瑛町町勢要覧 2020年9月24日閲覧
  9. ^ 令和2年度美瑛町町勢要覧 2021年5月1日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]