にごり湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

にごり湯(にごりゆ)とは、温泉成分の影響で不透明に見える温泉のこと[1]

温泉は湧出すときは無色透明であっても、地表に湧出してから温泉成分の酸化や、圧力の変化のために成分が変化して色がつくこともあり、色付きの源泉もある。硫黄カルシウムなどの含有成分が変化し[2]、濁り、温泉成分によって様々な色となる。乳白色のものは、硫黄成分が酸化してできる湯の花によって着色する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]