鷹栖町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
たかすちょう
鷹栖町
嵐山公園
嵐山公園
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 上川総合振興局
上川郡 (石狩国)
団体コード 01452-4
法人番号 1000020014524
面積 139.42km2
総人口 6,956
住民基本台帳人口、2018年3月31日)
人口密度 49.9人/km2
隣接自治体 旭川市
天塩国上川郡:和寒町
町の木 ななかまど
町の花 マリーゴールド
鷹栖町役場
町長 谷寿男
所在地 071-1292
北海道上川郡鷹栖町南1条3丁目5番1号
Takasu town hall.JPG
外部リンク 鷹栖町

日本地域区画地図補助 01450.svg

鷹栖町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

座標: 北緯43度51分 東経142度21分 / 北緯43.850度 東経142.350度 / 43.850; 142.350 鷹栖町(たかすちょう)は、北海道上川総合振興局にある町。

概要[編集]

北海道のほぼ中央、上川管内の中心部に位置しており、和寒町と北海道第二の都市旭川市に隣接している。鷹栖町中心部からJR旭川駅まで車で約25分という利便性の高さと、豊かな自然に囲まれた住みよい環境にあり、旭川鷹栖インター、旭川北インターの高速道路開通で札幌圏へのアクセスも容易になっている。基幹産業は農業で、品質・収穫量ともに道内屈指のお米や良品質な野菜、付加価値の高いきゅうりの生産などに取り組んでいる。

鷹栖町が未開の地だった頃、トンビをはじめ、ハイタカやオオタカなどの大きな鳥が生息し、大空に輪を描いて舞っていたといわれ、その光景を目の当たりにした人が「大きな鳥(鷹)の棲むところ(巣)」を意味するアイヌ語「チカップニ」と呼ぶようになり、それが意訳され、「鷹栖」となったといわれている。

地理[編集]

  • 北海道中央部、上川盆地の北に位置している。小高い丘に囲まれた小盆地状の地形。町内はほぼ全域にわたって碁盤目状に道路が張り巡らされている。
  • オサラッペ川が北から南へ流れ、町の南端で石狩川へ注ぐ。

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

1892年明治25年)、石狩国上川郡のうち石狩川右岸一帯を鷹栖村とした。1924年大正13年)6月4日付けでこの鷹栖村は東鷹栖村(現在の旭川市東鷹栖地区)・鷹栖村(現在の鷹栖町)・江丹別村(現在の旭川市江丹別地区)の三村に分かれた。

  • 1892年(明治25年) : 上川郡に(旧)鷹栖村が置かれる
  • 1906年(明治39年) : 二級町村制、上川郡(旧)鷹栖村となる。上川郡比布村(現比布町)が分村
  • 1909年(明治42年) : 一級町村制
  • 1956年(昭和31年):鷹栖村老人会結成
  • 1960年(昭和35年):鷹栖村商工会結成
  • 1969年(昭和44年): 町制施行、鷹栖町となる
  • 1972年(昭和47年):町民憲章制定
  • 1974年(昭和49年):8月8日を「町民の日」に制定
  • 1975年(昭和50年):総合健診開始
  • 1977年(昭和53年):郷土資料館開館
  • 1980年(昭和56年):総合グランド・メロディー橋完成
  • 1982年(昭和58年):「オオカミの桃」販売開始
  • 1984年(昭和60年):町民球場完成
  • 1992年(平成4年):鷹栖町開基100年記念式典を挙行
  • 1994年(平成6年):たかすメロディーホール・鷹栖町総合体育館完成
  • 1995年(平成7年):オーストラリアゴールドコースト市と姉妹都市提携調印
  • 1999年(平成11年):サンホールはぴねす開館
  • 2001年(平成13年):鷹栖町ホームページ開設
  • 2008年(平成20年):生ごみ堆肥化施設完成
  • 2009年(平成21年):たかすサポーターズカード発行開始
  • 2013年(平成25年):あったかすくんリニューアル
  • 2018年(平成30年):農業交流センター「あったかファーム」開設

行政[編集]

町長[編集]

谷寿男(2013年11月5日就任。2期目)

経済・産業[編集]

産業

  • かつては水田単作であったが畑作への転換もすすみ、野菜の生産が多い。トマトジュース「オオカミの桃」は、道内はもちろん全国的によく知られており、1lで800円以上という高額ながら人気商品で品薄となっている。

立地企業

  • 自動車メーカーのホンダ鷹栖テストコースが有り、主にNSXインテグラ等のスポーツモデルやCR-V等の4WD、北米向け車両の研究開発や車両の寒冷地走行テストが行われている。
  • 横浜ゴムタイヤテストコース「T*MARY」(ティーマリー)(旭川市に移転したため閉鎖)

農協

  • あさひかわ農業協同組合(JAあさひかわ)
  • たいせつ農業協同組合(JAたいせつ)

郵便局

  • 鷹栖郵便局(集配局)

宅配便

公共機関[編集]

警察

  • 旭川中央警察署鷹栖駐在所
  • 旭川中央警察署北野駐在所
  • 旭川中央警察署北斗駐在所

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

姉妹都市[編集]

1995年平成7年)11月18日提携
平成7年3月、友好都市のアルバート市が、隣接するゴールドコースト市と対等合併し、新ゴールドコースト市が誕生。 平成7年11月には、ゴールドコースト市長ほか10人の公式訪問団が鷹栖町を訪問し、姉妹提携調印式を開催。両町・市長が宣言文に署名し、11月18日、正式に鷹栖町・ゴールドコースト市間で姉妹都市関係が提携された。

地域[編集]

人口[編集]

Demography01452.svg
鷹栖町と全国の年齢別人口分布(2005年) 鷹栖町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 鷹栖町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
鷹栖町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 7,943人
1975年 7,130人
1980年 7,509人
1985年 7,317人
1990年 6,930人
1995年 6,871人
2000年 7,165人
2005年 7,261人
2010年 7,345人
2015年 7,018人
総務省統計局 国勢調査より

消滅集落[編集]

2015年国勢調査によれば、以下の集落は調査時点で人口0人の消滅集落となっている[1]

  • 鷹栖町 - 北斗20線

教育[編集]

交通[編集]

鉄道

バス

道路

文化[編集]

  • 北野神社

  鷹栖町の北野地区にある神社。毎年、8月4日には、「北野神社例大祭」が開催され、獅子舞の演舞が行われる。獅子は頭が1人、胴が5人、獅子とりは1人で、なぎなた、鎖鎌、棒を持ち獅子と対峙する。太鼓、笛の囃子でそれぞれの舞の曲を奏でる。加賀の国(石川県)から伝わり、富山県で行われていた獅子舞を川辺源三郎が鷹栖村へ移住した際に雄獅子を譲り受け、明治31年に北野神社へ奉納されたといわれている。

  • 丸山句碑の森

  自然そのままの森の中に約180の句碑が立っている。開拓時代の旧家の一部を復元した「玄穹庵(げんきゅうあん)」を、茶室風の建物として活用。エゾエンゴサクなどの季節の草花も楽しめる。

  • たかすメロディーホール

  502の固定席と充実した設備を備えたまちの多目的ホール。年間を通じ音楽・演劇などさまざまな分野の公演を開催している。町内の団体が舞踊や民謡、吹奏楽などを発表する場としても使用されている。ユーカラ織りの用いた座席を備えている。

  • メロディー橋(北野橋)

  昭和57年に建設。橋の鉄筋を叩くと音が鳴り、「夕やけこやけ」の曲を奏でる。日本で初めての「メロディーを奏でる橋」ということもあり、各メディアなどで広く取り上げられ、「メロディー橋」と呼ばれるようになった。

  • たかす丸山パークゴルフ場

  丸山調整池の周りに作られたパークゴルフ場。起伏に富んだ地形の54ホールは初心者から上級者までが楽しめるコースとなっている。

  • パレットヒルズ

  自然を生かし、町民と行政が一体となって整備を進めている憩いの杜。展望台からは大雪山連邦を一望でき、5月には丘が満開の桜で彩られる。大雪連邦を一望できる「丘の上の見晴ゾーン」や「さくらフェスタ」「ハレバレパレット」などの各種イベントの会場として利用されている「多目的ゾーン」、パークゴルフが楽しめる「レクリエーションゾーン」がある。

祭事・催事[編集]

  • はたちのつどい(1月)
  • オオカミの里北野クロスカントリー大会(1月)
  • 各地区文化祭(2月)
  • 町民文化祭(2月)
  • たかす歩くスキーフェスティバル(3月)
  • さくらフェスタ(5月)
  • 生涯元気チャレンジデー(5月)
  • たかすジョギングフェスティバル(6月)
  • 熱夏フェスタ(8月)
  • 各地区盆踊り大会(8月)
  • 24時間マラソンソフトボール大会(8月)
  • 秋の大収穫祭(9月)
  • 長生き感謝祭(9月)
  • パレットヒルズ植樹祭(10月)
  • たかすてき音楽祭(11月)

特産品・農産物・加工品[編集]

  • トマトジュース「オオカミの桃」(株式会社 鷹栖町農業振興公社)
  • 鷹栖町産ななつぼし(鷹栖町)
  • 鷹栖牛(株式会社 新田ファーム)
  • 伝承館の手づくり豆腐(手づくり豆腐料理の店 伝承館)
  • 乾燥大豆(原崎農園)
  • 菌床生椎茸(有限会社 ビジネスファーム)
  • エゾシカ肉の缶詰(鹿肉レストラン 山恵)
  • 椎茸パウダー(有限会社 助安農場)
  • ハスカップジャム・ジュース(株式会社 バイオアグリたかす)
  • あっぱれ三升漬け(有限会社 稲華屋)
  • はちみつ(みつばち工房 山路)
  • 鷹栖の味噌(株式会社 鷹栖町農業振興公社)
  • 豆乳ぷりん(社会福祉法人 鷹栖共生会)

 ※()内は生産者

人物[編集]

鷹栖町出身[編集]

鷹栖町在住[編集]

  • 荻田泰永北極冒険家、鷹栖町在住)
  • 辰巳遼(プロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」の選手、鷹栖町在住)

脚注[編集]

外部リンク[編集]