鷹島町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たかしまちょう
鷹島町
鷹島モンゴル村のゲル村 - panoramio.jpg
廃止日 2006年1月1日
廃止理由 新設合併
鷹島町、松浦市、福島町松浦市
現在の自治体 松浦市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
北松浦郡
団体コード 42387-4
面積 17.12km2
総人口 2,868
(2000年)
隣接自治体 なし(航路により松浦市佐賀県唐津市
町の木 マテバシイ
町の花 スイセン
鷹島町役場
所在地 859-4305
長崎県北松浦郡鷹島町中通免1718-2
外部リンク 鷹島町(アーカイブ版)
座標 東経129度45分20秒
北緯33度26分2秒
 表示 ウィキプロジェクト

鷹島町(たかしまちょう)は長崎県北松浦郡鷹島黒島を行政区域としていたである。

2006年1月1日、松浦市・北松浦郡福島町と合併(新設合併)し、新たに松浦市となった。

末期には離島に多く見られる過疎化がひどく進んでいた。

地理[編集]

歴史[編集]

中世
  • 1281年 - 弘安の役で鷹島に軍が上陸、戦場となる。
    • 朝鮮半島から出航した 元軍(東路軍)と大陸の江南地方から出航した元軍(江南軍)が平戸島で合流すると、この軍勢は太宰府目指して進撃し、鷹島沖まで進出した。これに対して、集結した日本軍は元軍艦船群に攻撃を仕掛けて海戦となり( 鷹島沖海戦)、元軍は鷹島で進撃を停止した。『元史』相威伝によれば、元軍は太宰府目指して進撃するのを躊躇し、軍を発することが出来なかったという。その後、元軍は猛烈な 台風を受け、多くの軍船が沈没し大損害を出した。鷹島に取り残された元軍は、日本軍の総攻撃を受け壊滅した (鷹島掃蕩戦)。鷹島沖では元軍の沈没船が発見されており、軍船の大きさは25~27メートルほどと推定されている。また、島にも鷹島掃蕩戦の戦跡が残っている。
近世
近現代

地域[編集]

地名[編集]

を行政区域とする。大字は設置していない。松浦市合併後は免の名称に「鷹島町」を冠し「鷹島町○○免」と表記している。

  • 阿翁免(あおうめん)
  • 阿翁浦免(あおううらめん)
  • 黒島免(くろしまめん)
  • 神﨑免(こうざきめん)
  • 里免(さとめん)
  • 三里免(さんりめん)
  • 中通免(なかどおりめん)
  • 原免(はるめん)
  • 船唐津免(ふなとうづめん)

交通[編集]

航空・鉄道[編集]

空港・鉄道路線なし。

道路[編集]

一般県道

バス路線[編集]

  • 昭和自動車
    • 鷹島肥前大橋の開通により、合併後の2009年4月20日から唐津市肥前町と鷹島を結ぶ路線の運行を開始。
  • 鷹島バス
    • 鷹島町営バス(鷹島バス)は、松浦市営バスとなり鷹島島内の路線を運行している。

航路[編集]

かつては星賀(唐津市肥前町)と日比(鷹島町)を結ぶ航路もあったが、鷹島肥前大橋に近かったため、橋の開通にともない航路は廃止された。

名所・旧跡・観光スポット[編集]

  • 鷹島モンゴル村 - 元寇に由来して、草原の上にモンゴルから輸入したゲルがあり、宿泊することができる。夕焼けスポットでもある。
  • 松浦市立鷹島歴史民俗資料館 - 海底調査で出てきた元軍の遺物(「てつはう」と呼ばれる爆弾、元の公用語であるパスパ文字で刻まれた元軍の司令官のはんこなど)を展示。
  • 元寇記念碑 - 島の一番高いところの元寇古戦場に立つ碑。
  • 元軍の如来像 - 元軍(実質は高麗人)が祭祀していた高麗式の銅製如来像で、のち引き上げられ盗難に遭うも現在は市杵島神社境内の小さな堂に祀られている。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]