荻田泰永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

荻田 泰永(おぎた やすなが、1977年9月1日 - )は、日本冒険家(元N,A,P所属)。北極圏における単独徒歩行などに取り組んでいる。北海道鷹栖町在住。

経歴[編集]

  • 1977年9月1日 神奈川県愛甲郡愛川町生まれ。神奈川県立愛川高等学校卒業後に、神奈川工科大学へ進学するも3年で中退。
  • 1999年7月21日 テレビで偶然、極地冒険家の大場満郎の存在を知り、テレビの中で大場が語った北極冒険に魅せられた。
  • 2000年 大場の企画した「北磁極を目指す冒険ウォーク2000」に参加し、カナダ北極圏のレゾリュート村から北磁極までの700km徒歩冒険行を行なう。初めての海外旅行で初めて北極を訪れ、それ以前にはアウトドア経験もなかった。
  • 2001年から 一人での冒険行をスタートさせ、以来毎年のように北極圏各地を訪れる。
  • 2012年 日本人初(世界3人目)となる「北極点無補給単独徒歩」に挑戦するも、海氷状況と天候悪化により17日目で断念。
  • 2013年11月 著書『北極男』を刊行。
  • 2018年1月6日、日本人として初となる、南極点への徒歩による無補給・単独踏破に成功した[1]

冒険歴[編集]

  • 2000年 「北磁極を目指す冒険ウォーク2000」により、レゾリュートからの北磁極までの700km徒歩行
  • 2001年 カナダ北極圏レゾリュート滞在トレーニング
  • 2002年 レゾリュート〜グリスフィヨルド(カナダ最北集落)までの500km単独徒歩行
  • 2003年 カナダ北極圏ビクトリア島徒歩行
  • 2003年夏 ビクトリア島ツンドラトレック
  • 2004年 グリーンランド犬ぞり縦断行、シオラパルクアンマサリク2000km
  • 2006年 カナダ北極圏ケンブリッジベイ偵察行
  • 2007年 レゾリュート〜ケンブリッジベイ1000km単独徒歩行(500km地点にて火傷により断念)
  • 2008年 夏のツンドラトレック
  • 2010年 レゾリュート〜北磁極700km無補給単独徒歩行
  • 2011年 レゾリュート〜ジョアヘブン (Gjoa Haven) 〜ベイカーレイク (Baker Lake) 1600km徒歩行
  • 2012年 北極点無補給単独徒歩に挑戦(途中断念)
  • 2014年 北極点無補給単独徒歩に挑戦(途中断念)
  • 2016年 グリスフィヨルド~シオラパルク徒歩横断 世界初

受賞歴[編集]

著書[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ “冒険家荻田さん南極点到達=無補給単独、日本人で初”. 時事通信社. (2018年1月6日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018010600297&g=soc 2018年1月6日閲覧。 
  2. ^ 地球最高の冒険者は誰だ!?”. Faust Adventurers' Guild. 2013年12月21日閲覧。

外部リンク[編集]