中川町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかがわちょう
中川町
ぽんぴら温泉
Symbol of Nakagawa, Hokkaido.svg

中川町章
1964年昭和39年)5月1日制定
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 上川総合振興局
中川郡
団体コード 01471-1
法人番号 4000020014711
面積 594.74km2
総人口 1,501[編集]
住民基本台帳人口、2019年5月31日)
人口密度 2.52人/km2
隣接自治体 上川総合振興局
中川郡:美深町音威子府村
雨竜郡幌加内町
宗谷総合振興局
枝幸郡中頓別町
天塩郡幌延町
留萌振興局
天塩郡天塩町遠別町
町の木 イチイ
町の花 ツツジ
中川町役場
町長 川口精雄
所在地 098-2892
北海道中川郡中川町字中川337
Nakagawa town hall in Hokkaido.JPG
外部リンク 中川町

日本地域区画地図補助 01450.svg

中川町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

中川町(なかがわちょう)は、上川地方最北部に位置する

明治期よりアンモナイト化石が発掘され、「化石の里」として町おこしを行っている。

平成28年10月10日、東京都世田谷区下高井戸商店街に、サテライトスペース「ナカガワのナカガワ」をオープン。

中川町の特産品販売の他、地域情報の発信、相互交流の架け橋としての役割を担っている。

地理[編集]

上川総合振興局管内の最北部に位置する。東西を山に囲まれた地形。 町内を東から北西にかけて流れる天塩川に沿って、集落が存在する。

  • 山: パンケ山 ペンケ山
  • 河川: 天塩川 安平志内川
  • 湖沼: 三日月沼

隣接している自治体[編集]

人口[編集]

Demography01471.svg
中川町と全国の年齢別人口分布(2005年) 中川町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 中川町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
中川町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

消滅集落[編集]

2015年国勢調査によれば、以下の集落は調査時点で人口0人の消滅集落となっている[1]

  • 中川町 - 字神路,字板谷,字富和

町名の由来[編集]

中川郡の郡名より。天塩川の中流に位置することに由来する[2]

沿革[編集]

行政機関[編集]

  • 北海道立林業試験場道北支場
  • 北海道大学中川研究林 中川作業所

経済[編集]

基幹産業は酪農、林業。

農協[編集]

郵便局[編集]

  • 中川郵便局(集配局)
  • 佐久郵便局

公共機関[編集]

警察[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

姉妹都市

教育[編集]

交通[編集]

空港[編集]

道路[編集]

鉄道[編集]

天塩中川駅(2017年8月11日)

バス[編集]

  • 中川町民バス

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

斎藤茂吉の兄、守谷富太郎が町内の診療所(志分内診療所)に勤務していた。1932年に茂吉は兄を訪ねるために中川村(当時)に訪れ、滞在中にいくつかの歌57首を残した。

これを記念し、中川町では1994年からイベント「中川町短歌フェスティバル」をおこなっている。また志分内診療所跡には茂吉小公園が設置され、短歌フェスティバルの最優秀作品を掲示している。

出身著名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [|総務省統計局統計調査部国勢統計課] (2017-01-27) (CSV). 平成27年国勢調査小地域集計01北海道《年齢(5歳階級),男女別人口,総年齢及び平均年齢(外国人-特掲)-町丁・字等》 (Report). 総務省. http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_csvDownload_&fileId=000007841019&releaseCount=1 2017年5月20日閲覧。. ※条町区分地の一部に0人の地域がある場合でも他の同一区分地で人口がある場合は除いた。
  2. ^ アイヌ語地名リスト トヨト~ノブシ P91-100”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年11月17日閲覧。

外部リンク[編集]