塩ホルモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
旭川市のホルモンをのせたラーメン、「モルメン」

塩ホルモン(しおホルモン)とは、北海道旭川市が発祥のホルモン焼きの一種。ベースの調味液で塩漬けにされたホルモン(内臓肉・腸)である。

概要[編集]

特に旭川市周辺で食べられることが多く、市内には数多くのホルモン専門店がある。一般の焼肉店でも供され、ジンギスカンと一緒に食べられることも多い。

特徴[編集]

塩味の調味料に漬け込んだ豚のホルモン(牛を用いることはない)。炭火を使い七輪などで焼いて食べることが一般的。旭川では、焼く時にガーリックパウダーをふりかけて味付けをすることもある。

塩ホルモンの名店[編集]

発祥とされる店は諸説ある。

  • 馬場ホルモン
  • 炭や - 豚トロブーム発祥の店
  • はるちゃん
  • 大手門
  • 朝吉
  • 大宮塩ホルモン
  • 元祖塩焼きホルモンゆきえ

その他[編集]

旭川市は昔から養豚業が盛んな地域であり、嵐山地区では養豚団地も存在する。最近では「嵐山ハーブ豚」といったブランド豚肉が生産されている。旭川市が塩ホルモン・豚トロの発祥地であるのも、養豚の歴史があったことが大きい。因みに近隣の上富良野町は、豚サガリの発祥地である。北海道では、「牛ハラミ」を「牛サガリ」と呼ぶ。

ホルモンは、そのまま焼いて食べる方法が一般的だが、野菜炒め焼きそばの具材として利用する場合もある。旭川市には、ホルモンをラーメンの上にトッピングされた「モルメン」と呼ばれるラーメンを提供する外食店もある。また、塩ホルモンの他に、味噌ベースの調味液に漬け込んだ味噌ホルモンもある。

北海道旭川市・北見市は人口1人当たりの焼肉店数が多い「焼肉のまち」であり、どちらの街でも、数多くの店でホルモンが供される。

関連項目[編集]