西川将人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西川 将人
にしかわ まさひと
生年月日 (1968-11-07) 1968年11月7日(50歳)
出生地 日本の旗 北海道旭川市
出身校 北海道大学工学部
前職 日本航空操縦士
所属政党自由党→)
民主党→)
無所属
称号 工学士
配偶者

Flag of Asahikawa, Hokkaido.svg 第9代 北海道旭川市長
当選回数 3回
在任期間 2006年11月17日[1] - 現職
テンプレートを表示

西川 将人(にしかわ まさひと、1968年11月7日 - )は、日本政治家北海道旭川市長(3期)。

来歴[編集]

北海道旭川市生まれ。北海道旭川東高等学校北海道大学工学部卒業。大学卒業後、日本航空に入社する。アメリカカリフォルニア州ナパでの2年間の航空訓練を経て、主に欧州路線に乗務した。1999年自由党の候補者公募(Lカデット)に応募し、合格したため日本航空を退社した。

2000年第42回衆議院議員総選挙に自由党公認で北海道第6区から立候補したが、落選。2001年第19回参議院議員通常選挙にも自由党公認で北海道選挙区から立候補したが、再び落選した。2003年民由合併により自由党は民主党に合流したが、西川は一旦自由党を離れ、民主党には加わらなかった。北海道6区には民主党現職の佐々木秀典がおり、現職の公認が優先されたため、西川は2003年第43回衆議院議員総選挙では公認を得られず、やむなく無所属で北海道6区から立候補したが、自由民主党今津寛、民主党の佐々木に次ぐ3位で落選した(今津が当選し、佐々木も比例復活)。この時、党執行部からは北海道第11区第12区への鞍替えを提案されたが、固辞した。民主党には総選挙後に入党した。2004年第20回参議院議員通常選挙では、民主党は北海道選挙区で2議席独占を目論み、現職の峰崎直樹、西川の2人を擁立する。西川には連合をはじめ労働組合組織票もなく、また立候補表明も遅れたため「犠牲フライ候補」の印象が強かったが、選挙戦では先行する峰崎や自民党の中川義雄を猛追。票数では2位当選の峰崎に6万6千票差まで迫るも、落選した。翌2005年第44回衆議院議員総選挙では北海道6区の佐々木秀典が引退を表明し、後継に西川の名前が挙がるも、士別市選出の北海道議会議員・佐々木隆博が公認され、西川は比例北海道ブロック単独で立候補して佐々木の応援に回ったが落選した。

2006年、民主党を離党し、無所属旭川市長選挙への立候補を表明。当初、労組の勢力が強い旭川では、自由党出身の西川に対する「小沢アレルギー」の存在が憂慮されたが、内閣官房長官建設大臣、旭川市長を歴任した旧日本社会党五十嵐広三の尽力もあり、旭川市の民主党支持層を固めた。また、保守勢力が候補を一本化できず分裂選挙に陥る「敵失」もあり、新人5人が立候補した混戦を制して初当選する。旭川市長選挙で非自民系の候補が当選するのは、実に28年ぶりであった。市長就任時の年齢は38歳で北海道の首長の中では最も若く、中核市の中でも当時は最年少であった。

2010年、旭川市長再選。

2014年、元道議の東国幹(自民党・公明党推薦)を破り3期目の当選を果たした[2]

2015年6月、旭川空港を運営する旭川空港ビル株式会社の代表取締役社長に就任。前旭川市長の菅原功一が、旭川市の定める退職者の第三セクター在籍年限を大幅に超過して社長の座に居座っていたため、自ら社長を兼務することで菅原を追い出すことになった[3]。また自らが元パイロットであることから「空港への思い入れが強い」ことも一因であったとされる[3]

人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
菅原功一
Flag of Asahikawa, Hokkaido.svg 北海道旭川市長
公選第9代:2006年 -
次代:
(現職)