手稲区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ていねく
手稲区
前田森林公園
前田森林公園
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 石狩振興局
札幌市
団体コード 01109-6
面積 56.77km2
総人口 142,040
住民基本台帳人口、2018年3月31日)
人口密度 2,502人/km2
隣接自治体
隣接行政区
北区西区南区
石狩市小樽市
手稲区役所
所在地 006-8612
北海道札幌市手稲区前田1条11丁目1-10
北緯43度7分18.9秒東経141度14分45秒
手稲区役所
外部リンク 札幌市手稲区
北海道内における札幌市手稲区の位置

手稲区位置図

 表示 ウィキプロジェクト

手稲区(ていねく)は、札幌市行政区。「手稲」という地名はアイヌ語の「テイネ・イ」(ラテン文字表記: teyne-i, 濡れている・もの、「湿地」)に由来しており[1]、開拓前の低湿地帯を指していると言われている。

地理[編集]

札幌市の北西部に位置しており、区域は東西10.9 km、南北9.4 kmある[2]西区とは手稲山から新川にかけて、南区とは手稲連山の尾根小樽市とは西部から北東部にかけて、石狩市とは北東部で接している[2]。手稲山を源として軽川三樽別川、中の川、星置川などの河川が市街地を流れている[2]

気候[編集]

手稲区の市街地は気温が下がりにくい沿岸部に位置しているが、手稲山口に設置しているアメダスでは冬季の最低気温は札幌の中心部よりは低く、近年でも-20℃前後まで下がることがある。2003年平成15年)1月15日札幌気象台の最低気温が-14.8℃の時に手稲山口の最低気温は-20.4℃であった。また、海岸付近は札幌の中心部より風が強くなっており、風力発電の建設が計画されたこともあった[注 1]

手稲区・手稲山口(1981年 - 2010年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) −0.8
(30.6)
−0.2
(31.6)
3.5
(38.3)
11.1
(52)
17.3
(63.1)
21.2
(70.2)
24.7
(76.5)
26.3
(79.3)
22.4
(72.3)
16.2
(61.2)
8.5
(47.3)
1.9
(35.4)
12.7
(54.9)
平均最低気温 °C (°F) −8.4
(16.9)
−8.3
(17.1)
−4.4
(24.1)
1.4
(34.5)
6.4
(43.5)
11.1
(52)
15.7
(60.3)
17.3
(63.1)
12.2
(54)
5.7
(42.3)
0.2
(32.4)
−5.2
(22.6)
3.6
(38.5)
降水量 mm (inch) 98.6
(3.882)
76.4
(3.008)
53.9
(2.122)
47.4
(1.866)
50.2
(1.976)
41.4
(1.63)
72.2
(2.843)
111.6
(4.394)
122.7
(4.831)
105.0
(4.134)
107.0
(4.213)
99.1
(3.902)
985.4
(38.795)
平均月間日照時間 75.6 92.1 142.9 172.8 192.5 170.3 155.6 168.3 161.8 143.1 91.6 73.9 1,640.6
出典: 気象庁

歴史[編集]

「年表で見る手稲区」参照[3]

連携都市[編集]

平成19年度から古くは運河でつながっていた小樽市石狩市との連携事業に取り組み、相互交流を図っている[4]

行政[編集]

区長

  • 小林安樹(2017年(平成29年)4月 - )

衆議院議員

  • 選挙区:北海道第4区(札幌市手稲区など)
  • 任期:2017年(平成29年)10月23日 - 2021年(平成33年)10月22日
議員名 党派名 当選回数 備考
中村裕之 自由民主党 3 選挙区
本多平直 立憲民主党 3 比例復活

北海道議会議員

  • 選挙区:札幌市手稲区
  • 定数:2名
  • 任期:2015年(平成27年)5月14日 - 2019年(平成31年)5月13日
議員名 会派名 当選回数 備考
角谷隆司 自由民主党・道民会議北海道議会議員会 4
須田靖子 北海道議会民進党・道民連合議員会 4

札幌市議会議員

  • 選挙区:手稲区
  • 定数:5名
議員名 会派名 当選回数 備考
武市憲一 札幌市議会自由民主党議員会 9
松井隆文 札幌市議会自由民主党議員会 1
福田浩太郎 札幌市議会公明党議員会 3
小野正美 札幌市議会民進党市民連合議員会 6
福士勝 札幌市議会民進党市民連合議員会 8

官公署[編集]

道の機関

公共施設[編集]

  • 札幌市手稲区民センター・札幌市手稲保健センター(手稲区役所内)
  • 札幌市手稲区土木センター
  • 札幌市手稲コミュニティセンター
  • 札幌市新発寒地区センター
  • 札幌市星置地区センター
  • 札幌市手稲老人福祉センター
  • 札幌市手稲区保育・子育て支援センター「ちあふる・ていね」
  • あいワーク手稲(手稲区役所内)
  • 札幌市建設局車両管理事務所
  • 宮町浄水場
  • 札幌市手稲水再生プラザ
  • 札幌市西部スラッジセンター
  • 札幌市手稲沈砂洗浄センター
  • 手稲前田第2埋立施設
  • 札幌市クリーンセンター
  • 第3山口処理場
  • 札幌市山口斎場

文化施設[編集]

スポーツ施設[編集]

公的機関[編集]

警察[編集]

消防[編集]

病院[編集]

「医療機関名簿(手稲区)」参照[5]

教育機関[編集]

大学・短期大学[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

特別支援学校[編集]

認定こども園[編集]

  • 認定こども園山王幼稚園[6]
  • 認定こども園星の子幼稚園[6]
  • 星置ピノキオ認定こども園[6]

幼稚園[編集]

市立

  • 札幌市立手稲中央幼稚園

私立

  • さわらび幼稚園[6]
  • 手稲育英幼稚園[6]
  • 富丘つくし幼稚園[6]
  • おおぞら幼稚園[6]
  • 松葉幼稚園[6]
  • 前田幼稚園[6]

認可保育所[編集]

市立

  • 札幌市手稲区保育・子育て支援センター[7]

私立

  • あかつき山口保育園
  • 手稲曙保育園
  • 新発寒たんぽぽ保育園
  • 宮の沢さくら保育園
  • 前田保育園
  • さより第2保育園
  • ていねあすなろ保育園
  • 稲穂中央保育園
  • まつば保育園
  • つくし保育園
  • 札幌北陽保育園
  • 手稲やまなみ保育園
  • あすかぜ保育園

学校教育以外の施設[編集]

市民大学講座

経済・産業[編集]

産業団地[編集]

  • 手稲工業団地(札幌手稲工業団地協同組合)
  • 手稲山口地区軽工業団地

組合[編集]

商業施設[編集]

ショッピングセンター

スーパーマーケット・ディスカウントストア

金融機関[編集]

銀行

  • 北洋銀行手稲中央支店、星置支店、新発寒支店、新手稲支店、手稲あけぼの支店
  • 北海道銀行星置支店、手稲支店

協同組織金融機関

郵便[編集]

  • 手稲本町郵便局
  • 手稲駅前郵便局
  • 手稲稲積郵便局
  • 手稲前田郵便局
  • 手稲曙通郵便局
  • 手稲曙東郵便局
  • 手稲新発寒郵便局
  • 手稲富丘郵便局
  • 手稲稲穂二条郵便局
  • 手稲金山郵便局
  • 手稲星置駅前郵便局

簡易郵便局

  • 発寒簡易郵便局
  • 手稲稲穂中簡易郵便局
  • 手稲星置簡易郵便局

宅配便[編集]

  • ヤマト運輸札幌主管支店
    • 札幌新発寒センター・札幌発寒北センター・札幌新琴似西センター
    • 札幌手稲本町センター・札幌前田センター
    • 小樽銭函センター・星置センター(所在地は小樽市)
  • 佐川急便小樽営業所(所在地は小樽市)
  • 日本通運札幌支店札幌自動車事業所(所在地は白石区)

交通[編集]

手稲駅南口(2010年5月)
星置駅北口(2012年9月)

鉄道[編集]

北海道新幹線札幌駅延伸時には、区内を札樽トンネル(仮称)が通る予定である。

かつてあった鉄道

バス[編集]

かつては札幌市交通局がバス路線(札幌市営バス)を運行していたが、段階的に民間事業者に路線を移譲し、2004年(平成16年)に廃止となった。

路線バス

タクシー[編集]

  • 金星自動車
  • 安全永楽交通
  • 国際交通
  • 小鳩交通
  • 東邦交通
  • ダイコク交通
  • 太洋ハイヤー
  • 北陵交通
  • 朝日交通
  • フジ交通
  • 明星自動車
  • 協和交通
  • 鈴蘭交通
  • 平岸ハイヤー
  • 東交通

道路[編集]

文化財[編集]

「札幌市内の文化財」参照[8]

市指定

観光・レジャー[編集]

公園

名産・特産[編集]

手稲山口は砂地が多く農業不毛の地とされてきたが、砂地はつた物の栽培に適しており、水はけが良い上に1日の地面の温度差が大きいために糖度の高い「サッポロスイカ」を生産する事ができた[9]。また、スイカの栽培技術を生かした冷害に強いカボチャ「大浜みやこ」も生産している[9]

祭事・催事[編集]

  • 冬のふれあいまつり(1月)
  • ていね雪の祭典(2月)
  • 山口団地夏まつり(7月)
  • 稲積ふるさと祭り(7月)
  • ていね夏あかり(7月)
  • あけぼの夏まつり(8月)
  • 前田ふれあいまつり(8月)
  • 手稲山口運河まつり(9月)
  • 手稲神社秋季例大祭(9月)
  • 山口神社秋季例大祭(9月)
  • 手稲文化祭(10月)
  • ていね音楽祭(12月)

人物[編集]

大使[編集]

手稲区親善大使

手稲区ふるさと大使

出身人物[編集]

50音順

ゆかりある人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 手稲区内の建設は実現しなかったが、手稲区に隣接する小樽市銭函に建設することが決定した。
  2. ^ 地番札幌郡手稲町字名○○番地○と表記し、東は「手稲東」となった。ただし、軽川は「手稲本町」と、札幌郡手稲本町○○番地○と表記した
  3. ^ なお、旧手稲町福井、平和、西野、手稲東、宮の沢の一部は分区せずに西区のままとなった。また、発寒の一部は「新発寒」、宮の沢の一部は「西宮の沢」となり、多くの地区で住居表示を条丁目表記に変更した

出典

  1. ^ 「郷土史ていね」 第47号”. 手稲郷土史研究会 (2011年11月9日). 2015年4月17日閲覧。 (PDF)
  2. ^ a b c d 手稲区の概要・歴史”. 札幌市手稲区. 2018年3月1日閲覧。
  3. ^ 年表で見る手稲区”. 札幌市手稲区. 2018年3月1日閲覧。
  4. ^ 小樽市、石狩市との連携”. 札幌市手稲区. 2018年3月1日閲覧。
  5. ^ 医療機関名簿(手稲区)”. 札幌市. 2018年3月1日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i 手稲区の幼稚園を選ぶ”. 札幌市私立幼稚園連合会. 2018年3月1日閲覧。
  7. ^ 認可保育所(手稲区)”. 札幌市. 2018年3月1日閲覧。
  8. ^ 札幌市内の文化財(場所から探す)”. 札幌市. 2018年3月1日閲覧。
  9. ^ a b 手稲の特産品”. 札幌市手稲区. 2018年3月2日閲覧。
  10. ^ a b 手稲区の大使”. 札幌市手稲区. 2018年3月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]