手稲鉄北ショッピングセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
手稲鉄北ショッピングセンター
TEINE TETSUHOKU SHOPPING CENTER
ジェイ・アール生鮮市場手稲前田店
ジェイ・アール生鮮市場手稲前田店
地図
店舗概要
所在地 060-0806
札幌市手稲区前田2条13丁目3番20号
座標 北緯43度7分30.2秒 東経141度14分37.3秒 / 北緯43.125056度 東経141.243694度 / 43.125056; 141.243694座標: 北緯43度7分30.2秒 東経141度14分37.3秒 / 北緯43.125056度 東経141.243694度 / 43.125056; 141.243694
開業日 2015年平成27年)8月28日
正式名称 手稲鉄北ショッピングセンター[1][2]
土地所有者 北海道旅客鉄道
施設所有者 北海道ジェイ・アール・フレッシュネス・リテール
施設管理者 北海道ジェイ・アール・フレッシュネス・リテール
敷地面積 23,000 m²[3]
延床面積 5,100 m²[3] (容積率22%)
商業施設面積 2,079 m²[1][2]
中核店舗 ジェイ・アール生鮮市場手稲前田店
店舗数 5店舗
営業時間 ジェイ・アール生鮮市場手稲前田店 - 10:00-19:00
サッポロドラッグストアー手稲前田2条店 - 9:00-21:00
シャトレーゼ手稲店 - 9:00-21:00
駐車台数 205台[4]
最寄駅 北海道旅客鉄道(JR北海道) 手稲駅
最寄IC Sasson Expwy Route Sign.svg 手稲IC

手稲鉄北ショッピングセンター(ていねてつほくショッピングセンター)は北海道札幌市手稲区前田にあるショッピングセンター

北海道旅客鉄道(JR北海道)所有の敷地に所在し、本項では同敷地内に所在するその他の施設についても併せて述べる。

概要[編集]

JR手稲社宅(旧国鉄アパート)が老朽化によって解体され、その跡地を利用して建設された[5]

2001年平成13年)にジェイ・アール生鮮市場手稲前田店が開業(店舗面積:800m2[5][6]。JR社宅が段階的に解体される中、老朽化と買い物客からの狭隘化や商品の不足の声を受けて、更地となった北側に新築増床移転[6][7]。旧店舗は改修された後、サッポロドラッグストアーが居抜き出店した[4][6]

沿革[編集]

主なテナント[編集]

その他の施設[編集]

北海道旅客鉄道の所有する同敷地内に、以下の施設が所在する。

周辺[編集]

交通機関[編集]

鉄道[編集]

路線バス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b “大店立地法新設届出情報 2014年12月”. 一般社団法人日本ショッピングセンター協会. (2014年12月). オリジナル2017年5月31日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170531145502/http://www.jcsc.or.jp/public_policy/location/2014/201412.html 2017年5月31日閲覧。 
  2. ^ a b 平成26年度 大規模小売店舗立地法 法第5条第1項(新設)届出の概要【2016年3月末】 (PDF)”. 経済産業省. p. 2 (2016年5月2日). 2017年5月31日閲覧。
  3. ^ a b 開発・関連事業の取り組みについて (PDF)”. 北海道旅客鉄道 (2017年12月13日). 2017年12月14日閲覧。
  4. ^ a b “JR生鮮市場「手稲店」新築、旧店舗はサツドラに賃貸”. 北海道リアルエコノミー. (2015年1月16日). オリジナル2017年5月31日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170531142706/http://hre-net.com/keizai/ryutu/13480/ 2017年5月31日閲覧。 
  5. ^ a b c d 当社のこれまでの経営改善の取り組みについて (PDF)”. 北海道旅客鉄道. p. 4 (2016年11月18日). 2016年11月19日閲覧。
  6. ^ a b c d e f “新「JR生鮮市場・手稲前田店」の大店立地法説明会、新店舗は954㎡と旧店より150㎡拡大”. 北海道リアルエコノミー. (2015年2月10日). オリジナル2017年5月31日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170531142925/http://hre-net.com/keizai/ryutu/13761/ 2017年5月31日閲覧。 
  7. ^ a b “「年商19億円が目標」JR生鮮市場「手稲前田店」移転新築オープン”. 北海道リアルエコノミー. (2015年8月29日). オリジナル2017年5月31日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170531142355/http://hre-net.com/keizai/ryutu/16195/ 2017年5月31日閲覧。 
  8. ^ “JR生鮮市場「手稲前田店」の新店28日オープン 旧店は23日で営業終了”. 北海道リアルエコノミー. (2015年8月18日). オリジナル2016年10月29日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20161029131443/http://hre-net.com/keizai/ryutu/16071/ 2017年5月31日閲覧。 
  9. ^ 「極楽湯さっぽろ手稲店」の開業について -7月7日(木)オープン- (PDF)”. 北海道旅客鉄道 (2005年6月8日). 2017年5月31日閲覧。
  10. ^ 手稲前田地区におけるサービス付き高齢者向け住宅の建設について (PDF)”. 北海道旅客鉄道 (2013年11月15日). 2017年5月31日閲覧。
  11. ^ 手稲前田地区におけるサービス付き高齢者向け住宅の入居者募集について (PDF)”. 北海道旅客鉄道 (2014年12月18日). 2017年5月31日閲覧。
  12. ^ a b “コメダ珈琲店「手稲前田店」は9月14日オープン”. 北海道リアルエコノミー. (2017年7月28日). オリジナル2017年10月14日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/6CqRz 2017年10月15日閲覧。 
  13. ^ “コメダ珈琲、札幌3号店「手稲前田店」を計画”. 北海道リアルエコノミー. (2017年5月10日). オリジナル2017年5月31日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170531134929/http://hre-net.com/keizai/keizaisougou/24183/ 2017年5月31日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式