北海道旅客鉄道鉄道事業本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北海道旅客鉄道 > 北海道旅客鉄道鉄道事業本部
本社屋

北海道旅客鉄道鉄道事業本部(ほっかいどうりょかくてつどうてつどうじぎょうほんぶ)は、北海道旅客鉄道(JR北海道)本社内の組織(現業機関)である。鉄道事業本部が置かれる本社の所在地は、北海道札幌市中央区北11条西15丁目1-1。

旧国鉄北海道総局(一時期札幌鉄道管理局として分離)に相当する。

沿革[編集]

  • 1950年1月1日 : 札幌鉄道管理局発足。札幌駅近接部に設置。
  • 1970年8月15日 : 北海道支社を札幌鉄道管理局と統合し、北海道総局となる。
  • 1976年11月 : 北海道総局から分離し、再び札幌鉄道管理局を設置。
  • 1985年3月20日 : 札幌鉄道管理局を再び北海道総局に統合。
  • 1987年4月1日 : 国鉄分割民営化。旧札幌鉄道管理局に相当する業務を鉄道事業本部として引き継ぐ。
  • 1995年12月 : 本社機能を札幌駅敷地内から隣の桑園駅前に竣工した本社屋へ移転。

管轄路線[編集]

道央地区の路線を中心に管轄している。

路線

本社と支社の境界は富良野線を除いて、いずれも閉塞区間上にあるため[1]、境界線の内側の停車場信号場など)を記載している。なお、◇が付いた路線は全線が管轄区間内に入っている路線、●印が付いた路線は他線接続駅しか管理区間内に入っていない路線である。

路線名 区間 営業キロ 備考
函館本線 目名駅[2] - 滝川駅[3] 225.4km  
根室本線 滝川駅 - 落合駅[4] 114.7km  
石勝線 南千歳駅 - 串内信号場[5] 105.05km  
新夕張駅 - 夕張駅(夕張支線) 16.1km  
室蘭本線 大岸駅[6] - 岩見沢駅 184.6km  
東室蘭駅 - 室蘭駅(支線) 7.0km  
日高本線[7] 苫小牧駅 - 鵡川駅 - 様似駅 146.5km  
千歳線 白石駅[8] - 沼ノ端駅 56.6km  
南千歳駅 - 新千歳空港駅(支線) 2.6km  
札沼線 桑園駅 - 新十津川駅 76.5km 全区間を「学園都市線」の愛称で案内
富良野線 富良野駅構内のみ[9] 0.75km  

かつては函館本線上砂川支線歌志内線幌内線も管轄していた。

工場[編集]

車両基地[編集]

乗務員配置区所[編集]

運転士配置区所[編集]

車掌配置区所[編集]

施設関係区所[編集]

保線所[編集]

  • 札幌保線所
    • 倶知安保線管理室
    • 小樽保線管理室
    • 札幌保線管理室
    • 江別保線管理室
    • 島松保線管理室
    • 石狩当別保線管理室
  • 岩見沢保線所
    • 岩見沢保線管理室
    • 滝川保線管理室
    • 富良野保線管理室
  • 室蘭保線所
    • 苫小牧保線管理室
    • 室蘭保線管理室
    • 伊達紋別保線管理室
    • 鵡川保線管理室
    • 静内保線管理室
  • 追分保線所
    • 追分保線管理室
    • 占冠保線管理室

電気所(電力・信通)[編集]

  • 札幌電力所
  • 札幌信号通信所
  • 岩見沢電気所
  • 苫小牧電気所

建築所[編集]

  • 札幌建築所

構造物検査センター[編集]

  • 札幌構造物検査センター

レールセンター[編集]

指令所[編集]

  • 札幌総合指令所

病院[編集]

運輸営業所[編集]

道外事務所[編集]

  • 東京事務所

道外営業所[編集]

  • 東京営業部(JR北海道プラザ東京支店)
  • 仙台営業所(JR北海道プラザ仙台支店)
  • 大阪営業所(JR北海道プラザ大阪支店)

関連会社[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 連続して北海道に上陸した台風による被害状況について (PDF)”. 北海道旅客鉄道. 2016年8月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月26日閲覧。 (PDF) ※当該資料の別紙1の地図に支社境の位置が明記されている。
  2. ^ 熱郛駅との間の、第一白井川トンネルと第二白井川トンネルの間に函館支社との境界がある。
  3. ^ 江部乙駅との間の、一丁目通との交差付近(函館起点372.0km地点)に旭川支社との境界がある。
  4. ^ 上落合信号場との間にある新狩勝トンネルの滝川方入口付近に釧路支社との境界がある。
  5. ^ 上落合信号場との間にある第一串内トンネルの新夕張方出入口付近(南千歳起点105.05km地点)に釧路支社との境界がある。
  6. ^ 礼文駅との間にある新達古武トンネルの東室蘭方出口と大岸駅の間(長万部起点26.4km地点)に函館支社との境界がある。
  7. ^ このうち、鵡川駅 - 様似駅間は、2015年1月の高波被害により長期不通となっている。
  8. ^ 事業基本計画および『鉄道要覧』での起点。JR線路名称上では苗穂駅を起点としている。
  9. ^ 富良野駅の下り場内信号機が旭川支社との境界となっている。
  10. ^ ただし、2009年現在岩見沢運転所には旅客車の配置が無いため「札イワ」の表記のある車両は存在しない。

関連項目[編集]