礼文駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
礼文駅
礼文駅舎(2008年10月19日)
礼文駅舎(2008年10月19日)
れぶん
Rebun
H45 小幌 (6.1km)
(4.1km) 大岸 H43
所在地 北海道虻田郡豊浦町字礼文華
駅番号 H44
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 室蘭本線
キロ程 23.6km(長万部起点)
電報略号 レン
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
6人/日(降車客含まず)
-2012年度-
開業年月日 1928年昭和3年)9月10日
備考 無人駅
テンプレートを表示

礼文駅(れぶんえき)は北海道虻田郡豊浦町字礼文華にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線である。駅番号H44電報略号レン。当駅から長万部方面は函館支社の管轄になる。

駅構内[編集]

単式島式複合型の2面3線を有する地上駅。互いのホームは岩見沢方の構内踏切で連絡している。1993年(平成5年)時点では上りホーム(駅舎側)に長万部方から分岐した側線を1本、下りホームの外側にバラスト積出用の側線を2本有していた[1]

無人駅となっている。駅舎は線路の西側(岩見沢方面に向かって右側)に位置し、開業当初の駅舎は改築されサイディングが張られ出窓を有する一見住宅風の[2]駅舎となった。駅舎内にトイレを有する。

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名より。地名は、アイヌ語の「レプン・ケプ」(沖へ突き出たところ)に由来する[1]。礼文華海岸を示している。

利用状況[編集]

  • 1981年度の1日乗降客数は123人[3]
  • 1992年度の1日乗降客数は40人[1]

駅周辺[編集]

歴史[編集]

1976年の礼文駅と周囲約1km範囲。右下が東室蘭方面。単式と島式の複合ホーム2面3線、駅裏に2本の砂利線、駅舎横長万部側の貨物ホームへ引込み線を有している。
ここも隣の大岸駅同様に開設当初から長らく相対式ホーム2面2線で運用され、また駅裏の砂利線も東室蘭方からの2本の引込み線として当初より設置されていた。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
室蘭本線
小幌駅 (H45) - 礼文駅 (H44) - 大岸駅 (H43)
かつては小幌駅(小幌信号場)と当駅との間に鳥伏信号場が存在したが、1945年(昭和20年)12月1日の休止を経て1947年(昭和22年)11月1日に廃止された。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)82-83ページより。
  2. ^ 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)141ページより。
  3. ^ 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)74ページより。

関連項目[編集]