大岸駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大岸駅
駅舎(2017年9月)
駅舎(2017年9月)
おおきし
Ōkishi
H44 礼文 (4.1km)
(8.4km) 豊浦 H42
所在地 北海道虻田郡豊浦町字大岸
駅番号 H43
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 室蘭本線
キロ程 27.7km(長万部起点)
電報略号 キシ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
10人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1928年昭和3年)9月10日
備考 無人駅
テンプレートを表示

大岸駅(おおきしえき)は、北海道虻田郡豊浦町字大岸にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線である。駅番号H43電報略号キシ。 大岸駅から本社直轄となる。

歴史[編集]

1976年の大岸駅と周囲約1km×1.5km範囲。右が東室蘭方面。右上豊泉駅方面へ向かう単線の旧線跡が残っている。単式と島式の複合ホーム2面3線、駅舎横東室蘭側の貨物ホームへ引込み線を有している。
この駅が開設された当初は単式ホーム1面2線であったが、その後長らく相対式ホーム2面2線であった。
また駅舎が南側(海岸側)に印された記述(昭和7年度線路一覧略図 札幌鉄道局発行)があるが、過渡的に置かれた時期があったのかそれとも単なる誤記なのかは不明。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
  • 1928年(昭和3年)9月10日国有鉄道長輪線静狩駅 - 伊達紋別駅間開通に伴い小鉾岸駅(おふけしえき)として開業。一般駅。
  • 1931年(昭和6年)4月1日:長輪線を室蘭本線に編入、それに伴い同線の駅となる。
  • 1935年(昭和10年)4月1日:大岸駅(おおきしえき)に改称(豊浦駅と同日)。
  • 1980年(昭和55年)5月15日:貨物・荷物扱い廃止。無人(簡易委託)化。
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化によりJR北海道に継承。
  • 時期不詳:簡易委託廃止、完全無人化。

駅名の由来[編集]

所在地名より。由来は諸説あり、特定されていないが、アイヌ語の「オ」(op、銛・槍・鉾)に関係する名であるとされる[1]

当初は「小鉾岸」(おふけし)の字が当てられ、駅名も同名であったが、1935年(昭和10年)、大字名が音は似ているが漢字が簡単な「大岸」に改称され、駅名も合わせて改称された。

アイヌ語 意味 由来
カタカナ表記アコイタ式) ラテン翻字
op-kes ・足 海岸の形が銛の石突につけるU字型の器具に似ていたため。

このほか、幕末・明治の探検家松浦武四郎は、銛の石突を神が拾ったという伝説を紹介している。

ペシエトゥ op-kespe-sir-etu 槍端岬? 永田方正による。銛の石突に似た岩がある岬から。

ただし、山田秀三に「ぺ」が語法上おかしいことを指摘されている。

ケウペッ op-ke-us-pet 槍・を削る・いつもする・川 山田秀三などによる。
op-kes-pe 鉾・末・所 上原熊次郎による。同地の東西に岬があり、この形がアイヌが漁に用いる鉾の末にあるような入り江であったため。

ただし、山田修三に語法上、op-kes-un-pe(銛の・末端・にある・もの)などが略されたものではないかと指摘されている。

駅構造[編集]

単式島式(片側使用)の2面2線を有する地上駅。互いのホームはホーム中央の構内踏切で連絡している。島式ホームの踏切階段付近にパラソル型の上屋を有する[2]。かつては単式・島式複合型の2面3線を有しており(1983年時点ではこの配線[3])、現配線は駅舎側の中線(旧2番線)を撤去した形となる。また1番線(下りホーム・駅舎側)に岩見沢方から分岐した側線を1本有していた[4]

無人駅となっている。駅舎は線路の北側(陸側・岩見沢方面に向かって左側)に位置し、開業当初の駅舎は改築されている。駅舎内にトイレを有する。

利用状況[編集]

  • 1981年度の1日乗降客数は46人[3]
  • 1992年度の1日乗降客数は110人[4]

駅周辺[編集]

海岸に近く、その海岸には海水浴場やキャンプ場などがある。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
室蘭本線
礼文駅 (H44) - 大岸駅 (H43) - 豊浦駅 (H42)
かつて当駅と豊浦駅との間に豊泉駅が存在した(1968年(昭和43年)5月15日廃止、単線時代の旧線上。複線化に伴う線路変更により廃駅)。

脚注[編集]

  1. ^ アイヌ語地名リスト エン~オニシ P21-30P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月20日閲覧。
  2. ^ 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)141ページより。
  3. ^ a b 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)74ページより。
  4. ^ a b 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館、1993年6月発行)82-83ページより。

関連項目[編集]