小鉾岸川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小鉾岸川
小鉾岸川 2012年7月17日撮影
小鉾岸川(豊浦町大岸) 大岸橋より上流を望む
水系 二級水系 小鉾岸川
種別 二級河川
延長 9.0 [1] km
平均流量 -- /s
(小鉾岸川水位観測所)
流域面積 -- km²
水源 金山豊浦町
水源の標高 500.9 m
河口・合流先 噴火湾(豊浦町)
流域 北海道胆振総合振興局管内
テンプレートを表示

小鉾岸川(おふきしがわ)は、北海道胆振総合振興局管内を流れ噴火湾に注ぐ二級河川。小鉾岸川水系の本流である。

地理[編集]

北海道胆振総合振興局虻田郡豊浦町にある三等三角点金山で源を発し、支流の豊泉川と合流し大岸付近の河口で噴火湾に注ぐ。

地名由来[編集]

アイヌ語でオフ・ケ・ウシペ「槍の柄・削る・いつもする・所」の意味。

国道大岸橋にある小鉾岸川の河川標識

流域の自治体[編集]

北海道
胆振総合振興局豊浦町

支流[編集]

括弧内は流域の自治体

  • 岩間沢(豊浦町)
  • 高橋沢川(豊浦町)
  • ペタヌ川(豊浦町)
  • 豊泉川(豊浦町)
  • 芝伏川(豊浦町)

関連項目[編集]

主な橋梁[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]