洞爺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
洞爺駅
駅舎(2013年9月)
駅舎(2013年9月)
とうや
Tōya
H42 豊浦 (5.4km)
(5.1km) 有珠 H40
所在地 北海道虻田郡洞爺湖町旭町19-1
駅番号 H41
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 室蘭本線
キロ程 41.5km(長万部起点)
電報略号 アフ(改称前:虻田駅)
トオ(改称後:洞爺駅)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1928年昭和3年)9月10日
備考 社員配置駅
みどりの窓口
テンプレートを表示
虻田駅
あぶた
Abuta
(5.2km) 見晴
所在地 北海道虻田郡虻田町旭町
所属事業者 洞爺湖電気鉄道
所属路線 洞爺湖電気鉄道線
キロ程 0.0km(虻田起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1929年(昭和4年)1月23日
廃止年月日 1941年(昭和16年)5月29日
テンプレートを表示

洞爺駅(とうやえき)は、北海道虻田郡洞爺湖町旭町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線駅番号H41事務管コードは▲130304[1]

概要[編集]

洞爺湖町の代表駅で国道37号沿いにある。「洞爺」の名はアイヌ語の「トー」()と「ヤ」(岸)に由来する[2]。旧駅名(虻田駅)の「虻田」は当駅の所在している地名より。地名はアイヌ語の「アブタ、ペッ」(魚鉤を作った川)に由来すると言われているが、別説もある[3]

利用可能な優等列車[編集]

優等列車はいずれも札幌駅発着で、特急「スーパー北斗2号」を除く、すべての旅客列車が停車する。

歴史[編集]

かつての駅舎(2003年9月)
1976年の洞爺駅と周囲約1.5×1km範囲。右が東室蘭方面で、当駅から有珠駅まで単線区間。駅裏(山側)の東室蘭側に、本線脇を併走した後に踏切から写真右へ向かってカーブを切り、波を描く様に敷かれた洞爺湖電気鉄道の軌道跡が道路に転用されて残っている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造[編集]

単式ホーム島式ホーム複合型の2面3線を有する地上駅。互いのホームは東室蘭方面の跨線橋で連絡している。ほかに1番線側(駅舎側)に長万部方面から分岐した側線を1本(1983年(昭和58年)時点では2本[6])、3番線の外側にも長万部方面から分岐した側線を1本(1983年(昭和58年)時点では2本[6])有していた。

のりばは駅舎側から1、2、3番線で、2番線は当駅折り返し列車や貨物列車の待避などに使われる。大阪行きの臨時寝台特急「トワイライトエクスプレス」運行当時は、自列車由来の大幅な遅延が無い限り2番のりばに停車して客扱いを行い、函館行きの特急「北斗12号」を待避していた。

駅舎は線路の西側(東室蘭方面に向かって右側)に位置し、単式ホームに接している。直営駅みどりの窓口設置駅(営業時間6時55分 - 18時20分)。近距離用の自動券売機あり。駅弁販売駅でレンタカー業務も行っている。また、洞爺駅交流センターが併設されているほか、自由通路(町道洞爺駅跨線橋通線)で洞爺湖町役場と直結している[7]

第34回主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)開催に伴ってLCD発車標駅自動放送を導入した[8]

のりば
1 室蘭本線 長万部函館方面
2 室蘭本線 待避線・当駅折り返し
3 室蘭本線 東室蘭苫小牧札幌方面

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は967人[6]
  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は1,590人[2]
  • 2009年度(平成21年度)の1日乗車客数(降車客含まず)は290人。

駅弁[編集]

主な駅弁は下記の通り[9]

  • 豚丼
  • 鮭めし
  • ほたてめし
  • 特製かにめし
  • 洞爺のホッキめし
  • 海鮮弁当

駅周辺[編集]

洞爺湖と周辺観光の最寄駅[10]道央自動車道虻田洞爺湖ICにも近接している。

  • ジェイアール北海道レンタリース洞爺営業所(駅レンタカー
  • 道南バス「洞爺駅前」停留所
  • 北海道銀行洞爺支店
  • とうや湖農業協同組合(JAとうや湖)虻田支所
    • Aコープとうや湖本店
  • 洞爺湖町役場
    • 西胆振消防組合伊達消防署洞爺湖支署
  • 洞爺湖町立虻田小学校
  • 虻田郵便局
  • 伊達信用金庫虻田支店
  • 北海道社会事業協会洞爺病院(洞爺協会病院)
  • 北海道虻田高等学校
  • 洞爺湖町立虻田中学校
  • 入江・高砂貝塚館

隣の駅[編集]

特急列車の停車駅は各列車記事を参照。

北海道旅客鉄道(JR北海道)
室蘭本線
豊浦駅 (H42) - 洞爺駅 (H41) - (北入江信号場) - 有珠駅 (H40)

かつて存在した路線[編集]

洞爺湖電気鉄道
洞爺湖電気鉄道線
虻田駅 - 見晴駅
  • 当鉄道は専用のホームを有していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  2. ^ a b 『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』 83頁
  3. ^ 『北海道鉄道駅大図鑑』 139頁
  4. ^ “駅番号表示(駅ナンバリング)を実施します” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2007年9月12日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2007/070912-3.pdf 2014年9月6日閲覧。 
  5. ^ “平成26年8月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2014年7月4日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2014/140704-1.pdf 2014年7月5日閲覧。 
  6. ^ a b c 『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』 74頁
  7. ^ “洞爺駅跨線橋通り線が開通、幼児ら渡り初め”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2006年2月15日). http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2006/200602/060215.htm 2015年4月13日閲覧。 
  8. ^ “JR洞爺駅がリニューアル、外国人観光客に優しく”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2008年4月16日). http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2008/04/16/20080416m_07.html 2015年4月13日閲覧。 
  9. ^ 『JR時刻表』2017年3月号、交通新聞社2017年、 682頁。
  10. ^ アクセス”. 洞爺湖温泉観光協会. 2015年4月13日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]