富良野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
富良野駅
駅舎(2011年9月)
駅舎(2011年9月)
ふらの
Furano
所在地 北海道富良野市日の出町
駅番号 T30
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
日本貨物鉄道(JR貨物)
電報略号 ラノ
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
696人/日(降車客含まず)
開業年月日 1900年明治33年)8月1日
乗入路線
所属路線 根室本線
キロ程 54.6km(滝川起点)
T28 野花南 (19.4km)
(6.3km) 布部 T31
所属路線 富良野線
キロ程 0.0km(富良野起点)
(2.3km) 学田 F44*
備考 社員配置駅
みどりの窓口
* この間に本社鉄道事業本部直轄エリアと旭川支社境界あり(当駅は本社管内)
テンプレートを表示

富良野駅(ふらのえき)は北海道富良野市日の出町1にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。JR北海道の駅番号T30

根室本線所属線としており[1]、当駅を終点とする富良野線を加えた2路線が乗り入れている。かつては特急「おおぞら」、急行「狩勝」の停車駅だった。現在は観光シーズンに札幌発着の臨時リゾート特急フラノエクスプレスが運転されている。

富良野線はJR北海道旭川支社の管轄であるが、当駅は同本社鉄道事業本部管内となるため、富良野線の場内信号機を管轄境界としている。

歴史[編集]

1977年の富良野駅と周囲約1.2km範囲。下が根室本線新得方面。上の右が富良野線旭川方面、左が根室本線滝川方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
  • 1900年明治33年)
    • 8月1日北海道官設鉄道十勝線上富良野駅 - 当駅間開業にともない下富良野駅(しもふらのえき)として開業。一般駅。下富良野機関庫設置。
    • 12月2日:当駅 - 鹿越駅間延伸開業。
  • 1901年(明治34年)9月3日:下富良野機関庫が落合機関庫下富良野派出所となる。
  • 1905年(明治38年)4月1日鉄道作業局に移管。
  • 1909年(明治42年)10月12日線路名称制定により、釧路線(→釧路本線→根室本線)所属となる。
  • 1913年大正2年)
    • 10月21日:落合機関庫下富良野派出所が落合機関庫下富良野分庫となる。
    • 11月10日:釧路本線当駅-滝川駅間開業。旭川駅までの路線は富良野線に改称。
  • 1914年(大正3年)4月1日:落合機関庫下富良野分庫が下富良野機関庫となる。
  • 1942年昭和17年)4月1日:富良野駅に改称。下富良野機関区も富良野機関区に改称。
  • 1949年(昭和24年)6月1日公共企業体である日本国有鉄道に移管。
  • 1981年(昭和56年)10月1日石勝線開通に伴い、特急『おおぞら』全列車が石勝線経由に変更されたのに伴い、当駅に停車する定期優等列車は急行『狩勝』2往復のみとなる。
  • 1985年(昭和60年)3月14日荷物の取扱いを廃止。
  • 1986年(昭和61年)11月1日:貨物の取扱いを廃止(旅客駅となる)。富良野コンテナセンターが設置され、自動車代行輸送を開始。
  • 1987年(昭和62年)
    • 3月31日:駅における貨物取扱い再開(一般駅に戻る)。秋・冬季のみ貨物列車が運行されるようになる。
    • 4月1日:国鉄分割民営化によりJR北海道・JR貨物の駅となる。また、富良野コンテナセンターはJR貨物が継承。
  • 1990年平成2年)9月1日:急行『狩勝』の快速列車格下げに伴い、当駅を発着する定期優等列車はなくなる。
  • 2000年(平成12年)1月13日:東西自由通路 「ポッポブリッジ」供用開始[2]
  • 2006年平成18年)4月1日:富良野コンテナセンター廃止、富良野駅に統合。
  • 2007年(平成19年)12月20日:駅前広場供用開始[3]
  • 2016年(平成28年)10月31日:キヨスク閉店。

駅名の由来[編集]

アイヌ語の「フラ・ヌイ」(臭いがするところ)より。この臭いとは十勝岳の噴気や温泉水に含まれる硫黄の臭いである。

駅構造[編集]

2面4線の島式ホームを有する地上駅。駅舎とホーム間の移動には跨線橋を使う。また、1番線と6番線は留置線となっている。

社員配置駅だが、早朝・夜間は窓口業務を休止する。みどりの窓口(営業時間:7時-18時)、自動券売機キヨスク立ち食いそば・うどん店が設置されている。改札外に男女別の水洗式便所がある。

のりば
2 根室本線(上り) 滝川札幌方面
3 根室本線(下り) 新得帯広釧路方面
4・5 富良野線 美瑛旭川方面

ただし、富良野線から根室本線新得方面へ直通する列車は、富良野線4番線ホームから発車する。

貨物駅[編集]

JR貨物の駅は旅客駅西口の北側にある。1面1線のコンテナホームを有しており、ホームの北端は国道237号に接続する。コンテナ貨物の取扱駅で、12フィートコンテナのみを取り扱う。

当駅の取扱品は、タマネギジャガイモなどの農産物が多いため、季節によって取扱量が大きく変動する。そのため、札幌貨物ターミナル駅との間に、1年を通して運行するトラック便1日3往復のほかに、収穫期の秋・冬季のみ臨時高速貨物列車が1日2往復設定されている。

利用状況[編集]

旅客[編集]

JR北海道によると、2012 - 2016年(平成24 - 28年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は552.8人[4][5][6]

「富良野市統計書」によると、JR北海道経営企画部提供の輸送実績は以下のとおりである。

年度 年間乗車人員

推移(千人)

出典
2011 265 [7]
2012 267
2013 254
2014 254
2015 248

貨物[編集]

「富良野市統計書」によると、JR貨物北海道支社提供の輸送実績は以下のとおりである。

年度 年間貨物トン数
発送 到着 出典
2011 64,453 6,366 [7]
2012 81,655 7,435
2013 78,619 7,041
2014 82,811 6,602
2015 90,310 7,001

駅弁[編集]

主な駅弁は下記の通り[8]

  • ふらの とんとろ丼(6月 - 8月限定)

駅周辺[編集]

富良野市の中心に位置する。

バス路線[編集]

ふらのバス案内所

駅舎隣接の「ふらの駅前バスターミナル」に発着する[9]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
根室本線
快速(愛称なし)(当駅 - 東鹿越間は上りのみ)
上芦別駅 (T27) - (上りの一部を除き野花南駅 (T28)) - 富良野駅 (T30)山部駅 (T32)
快速「狩勝」・普通
野花南駅 (T28) - *滝里駅 - (島ノ下信号場) - 富良野駅 (T30) - 布部駅 (T31)
*打消線は廃駅
富良野線
普通
富良野駅 (T30) - (※)学田駅 (F44) - 中富良野駅 (F42)
(※)一部列車は学田駅および隣の鹿討駅を通過する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ “JR富良野駅の東西自由通路 「ポッポブリッジ」開通 市民交流の場に期待 自然生かしたデザイン”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2000年1月13日)
  3. ^ “ロータリー、駐車場…富良野の玄関整然 駅前広場が供用開始 利便性向上に期待”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2007年12月21日)
  4. ^ 根室線(富良野・新得間), (日本語) (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道), (2017年12月8日), オリジナル2017年12月10日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20171210081650/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/02.pdf 2017年12月10日閲覧。 
  5. ^ 根室線(滝川・富良野間), (日本語) (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道), (2017年12月8日), オリジナル2017年12月9日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20171209102654/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/06.pdf 2017年12月10日閲覧。 
  6. ^ 富良野線(富良野・旭川間), (日本語) (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道), (2017年12月8日), オリジナル2017年12月9日時点によるアーカイブ。, http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/11.pdf 2017年12月10日閲覧。 
  7. ^ a b 第10章 運輸・通信(256KB)”. 富良野市統計書 平成27年度版. 富良野市 (2017年). 2017年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月10日閲覧。
  8. ^ JR時刻表2010年9月号(交通新聞社刊)713ページ
  9. ^ a b c “中央バスのターミナル 富良野駅前に移転 高速ふらの号 来月から発着 各社集結、便利に”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2007年6月21日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]