西神楽駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
西神楽駅
駅舎(2017年7月)
駅舎(2017年7月)
にしかぐら
Nishi-Kagura
F34 西聖和 (2.4km)
(2.5km) 西瑞穂 F32
所在地 北海道旭川市西神楽南1条1丁目
駅番号 F33
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 富良野線
キロ程 44.9km(富良野起点)
電報略号 ニカ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1899年明治32年)9月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

西神楽駅(にしかぐらえき)は、北海道旭川市西神楽南1条1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線である。駅番号F33電報略号ニカ

歴史[編集]

1977年の西神楽駅と周囲約750m範囲。下が富良野方面。島ホームの駅裏側は植栽されて乗降用には使用されておらず、駅裏の貨物積降場への貨物線となっている。そこから旭川側の石炭野積み場と、富良野側の木工所土場前へそれぞれ引き込み線が分岐している。駅舎横の旭川側にも貨物積降場と引込線を有している。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅名の由来[編集]

当時の所在地である神楽地区(←神楽町←神楽村)の西にあることからつけられた。アイヌ語の「ヘッチェウイ(ヘッチェウシ)[1]」(「囃し・つけている・所[2]」、あるいは「神々の遊ぶところ[3]」)の意訳に由来する[2]

駅構造[編集]

利用状況[編集]

JR北海道によると、2012 - 2016年(平成24 - 28年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は141.0人[4]

駅周辺[編集]

小規模な市街地があり、多少のことならこの街で済ませることができる。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
富良野線
西聖和駅 (F34) - 西神楽駅(F33) - 西瑞穂駅 (F32)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アイヌ語ラテン翻字: hetce-us-i
  2. ^ a b アイヌ語地名リスト オニシベ~キタ P31-40P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月19日閲覧。
  3. ^ 東神楽町の概要”. 東神楽町. 2017年10月18日閲覧。
  4. ^ 富良野線(富良野・旭川間), (日本語) (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道), (2017年12月8日), オリジナル2017年12月9日時点によるアーカイブ。, http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/11.pdf 2017年12月10日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]