高根信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高根信号場
たかね
Takane
平岸 (3.7km)
(2.2km) 芦別
所在地 北海道芦別市本町
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 根室本線
キロ程 24.4km(滝川起点)
電報略号 コン
駅構造 地上
ホーム 2面2線
開業年月日 1962年昭和37年)9月30日
廃止年月日 1982年昭和57年)10月26日
テンプレートを表示
1977年の高根信号場と周囲約1km範囲。右下が新得方面。上方は空知川を渡る未成線の芦別線。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

高根信号場(たかねしんごうじょう)は、北海道芦別市本町にあった日本国有鉄道根室本線信号場廃駅)である。1982年(昭和57年)に廃止された。

構造[編集]

単線区間列車行き違い形の信号場である。増大する長大な石炭貨物列車を捌くために、幌岡信号場と同じ日に開設された。同様に有効長が750m以上ある少しカーブした2線を有していた。

また、未成線芦別線がここから分岐する予定であったが、工事途中で凍結された。

駅周辺[編集]

芦別市の北郊外に位置し、高根炭鉱を擁した同市高根町とは山一つ隔てた裾にある。東側に芦別工業高等学校(廃校)があった。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
根室本線
平岸駅 - 高根信号場 - 芦別駅