芦別駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Kanji for another OS version - ashi.svgと異なる可能性があります。
芦別駅
駅舎(2008年7月)
駅舎(2008年7月)
あしべつ
Ashibetsu
T25 平岸 (5.9km)
(3.9km) 上芦別 T27
所在地 北海道芦別市本町
駅番号 T26
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 根室本線
キロ程 26.6km(滝川起点)
電報略号 アシ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
196人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1913年大正2年)11月10日
備考 簡易委託駅
テンプレートを表示
芦別駅
あしべつ
Ashibetsu
(0.6km) 高校通り
所属事業者 三井芦別鉄道
所属路線 三井芦別鉄道線(貨物線)
キロ程 0.0km(芦別起点)
開業年月日 1940年(昭和15年)11月28日
廃止年月日 1989年(平成元年)3月26日
テンプレートを表示

芦別駅(あしべつえき)は、北海道芦別市本町(ほんちょう)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線駅番号T26電報略号アシ。芦別市の代表駅である。

かつては急行「狩勝」の停車駅だった。現在も快速狩勝含む定期営業列車は全便が停車し、夏季に営業される臨時特急「フラノラベンダーエクスプレス」も停車する。

歴史[編集]

1977年の芦別駅と周囲約1km範囲。右下の右が本線富良野方面、左が三井芦別鉄道の三井芦別(西芦別)方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

北空知でも有数の炭山を抱えた芦別は、早くから財閥系の炭鉱が多く掘られて、この駅や隣の上芦別駅を利用した。当駅への近代的な設備による運炭は、大正9年に空知川対岸の盤の沢(現旭町油谷)より芦別炭鉱株式会社の設置した軽便鉄道によるものが最初である。(ちなみに大正6年11月に、芦別川と空知川の合流地点にある「なまこ山」裏手の三菱鉱業第一坑まで、後の上芦別駅近くの本線から分岐線を設けて運炭したのが芦別地区の最初。)この軽便鉄道は後に炭鉱ごと三菱鉱業に買収されたが、昭和恐慌によって多くの炭鉱が撤退を余儀なくされると、この鉄道も昭和8年に三菱の一時撤退に伴って廃止された。その後、戦中の昭和13年からは、西北にある空知川支流の高根川筋に設けられた高根鉱業所から低山越え索道による運炭が、また昭和15年には、空知川支流の芦別川流域にある西芦別から三井鉱山専用線が敷かれる。再びこの地が活況を呈するのは戦後間もなくの昭和22年で、盤の沢筋の三菱鉱業(ペンケ三坑/第五坑)と久原鉱業の砿区を引き継いだ油谷鉱業が共同で当駅まで索道を、当駅南方にある三菱鉱業下芦坑(第四坑)から当駅まで引込み線を、空知川対岸の三井鉱山黄金坑から当駅まで索道を、それぞれ開設した。この内、三菱ペンケ坑と油谷坑は、すぐ後に三菱の開設した上芦別駅への専用鉄道に切り替わるが、その他は三井芦別鉄道を除いて昭和40年前後に閉山あるいはトラック輸送に切り替わるまで利用された。

  • 1913年(大正2年)11月10日:下富良野線(後に根室本線となる)が開通し、野花南駅、奔茂尻駅(後に滝里駅となり、廃止)とともに下芦別駅(しもあしべつえき)として開業する。一般駅。
  • 1920年(大正9年)4月:芦別炭鉱株式会社が盤の沢(ペンケ)-当駅間の運炭用に軽便鉄道を敷設し運用開始。
  • 1923年(大正12年)6月1日:三菱鉱業、芦別炭鉱(株)の軽便鉄道に投資、共同経営者となる。
  • 1928年(昭和3年)6月2日:三菱鉱業、芦別炭鉱(株)のペンケ坑及び軽便鉄道買収。
  • 1933年(昭和8年)9月:三菱鉱業炭鉱閉鎖に伴い軽便鉄道廃止。
  • 1940年(昭和15年)11月25日:三井鉱山専用鉄道下芦別(芦別) - 西芦別(三井芦別)間開業。
  • 1942年(昭和17年)
    • 7月:高根炭鉱が索道原動所設置。
    • 9月10日:高根炭鉱索道原動所まで引込線敷設。
  • 1945年(昭和20年)12月:三井鉱山専用鉄道 三井芦別 - 頼城間開業。
  • 1946年(昭和21年)5月1日:芦別駅と改称される[1]
  • 1947年(昭和22年)3月20日:駅舎改築。
  • 1948年(昭和23年)
    • 4月:三菱鉱業下芦別坑(第四坑)開坑。専用線設置(時期不明)。
    • 5月26日:油谷鉱業芦別鉱業所が索道原動所設置。
    • 9月7日:油谷鉱業索道原動所まで専用線設置。
  • 1949年(昭和24年)
    • 1月20日:三井鉱山専用鉄道(芦別 - 頼城間)で旅客営業開始。
    • 6月:三井鉱山黄金坑が索道原動所設置。
    • 7月1日:三井鉱山黄金坑索道原動所まで引込線敷設。
    • 7月13日:跨線橋設置。
  • 1950年(昭和25年)6月:油谷炭鉱専用岐線が三菱鉱業芦別鉱業所専用鉄道と接続。索道廃止。
  • 1960年(昭和35年)10月1日:三井鉱山専用鉄道を三井芦別鉄道が継承。高根炭鉱が索道を廃止し、積込み場までトラック輸送に切り替え。
  • 1962年(昭和37年)9月30日:三菱鉱業下芦別坑(第四坑)閉山。
  • 1966年(昭和41年)11月18日:三井鉱山黄金坑索道廃止(同年6月24日)トラック輸送切り替えに伴い索道原動所までの引込線撤去。
  • 1968年(昭和43年)2月9日:高根炭鉱閉山に伴い索道原動所までの引込線撤去。
  • 1971年(昭和46年)8月12日:構内人道橋設置。
  • 1972年(昭和47年)5月31日:三井芦別鉄道の旅客営業を廃止。
  • 1985年(昭和60年)3月14日:荷物取扱い廃止
  • 1986年(昭和61年)11月1日:三井芦別鉄道の連絡車扱貨物を除き、貨物の取扱いを廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化により、国鉄駅はJR北海道が継承。
  • 1989年(平成元年)
    • 3月26日:三井芦別鉄道全線廃止。
    • 3月27日:三井芦別鉄道の連絡車扱貨物廃止。
  • 2016年(平成28年)3月25日みどりの窓口の営業を終了。翌日より簡易委託駅となる[2]

駅構造[編集]

2面2線の相対式ホームをもつ地上駅。かつては駅舎の向かい側のホームが島式ホームで、そこにあった3番のりばから三井芦別鉄道の列車が発着していた。上下ホームの移動は跨線橋を使う。

芦別市が業務を行う簡易委託駅で、窓口営業時間は 平日の7時00分から18時00分まで、それ以外の時間と日・祝日は休止となり、運賃は車内または着駅で精算する。

利用状況[編集]

  • JR北海道によると、2012年(平成24年)から2016年(平成28年)にかけて実施された特定日(平日)調査では、乗車客数が5年平均で147.2人である[3]
  • 「芦別市統計書」によると、2015年(平成27年)度の乗車人員52,338人である[4]。また、近年の年度別乗車人員は以下の通りである。
年度 年間乗車人員 出典
1999年(平成11年) 77,220 [4]
2000年(平成12年) 82,130
2001年(平成13年) 73,370
2002年(平成14年) 72,270
2003年(平成15年) 66,980
2004年(平成16年) 68,260
2005年(平成17年) 62,050
2006年(平成18年) 61,690
2007年(平成19年) 60,390
2008年(平成20年) 63,880
2009年(平成21年) 60,960
2010年(平成22年) 65,700
2011年(平成23年) 68,080
2012年(平成24年) 71,540
2013年(平成25年) 63,145
2014年(平成26年) 55,845
2015年(平成27年) 52,338

駅周辺[編集]

芦別炭鉱/三菱炭鉱 ペンケ(邊渓)炭礦軽便鉄道[編集]

大正7年5月、芦別炭鉱株式会社が空知川対岸のペンケホロナイ川盤の沢に炭鉱を開坑し、選炭場より空知川に架設した木橋を渡って市街を縦断し、芦別駅の富良野側に設けた貯炭場へ至る距離約8kmの軽便鉄道を敷設、大正9年4月から運炭を開始した。運用は蒸気機関車2t、3t、8tの3台で行われた。隣接鉱区で開坑した久原鉱業株式会社もこれを利用し[5]、さらに近隣で三菱鉱業が開坑すると、三菱はこれに投資して共同経営者となり、最終的に芦別炭鉱の所有する当鉱区及び施設、当鉄道の一切を買収した。なお芦別市史によれば買収は大正12年6月1日となっているが、三菱鉱業社史では大正12年5月に当鉄道に資金投資及び共同経営権の締結、昭和3年6月2日買収となっている[6]。昭和8年9月の三菱鉱業休山に際した当鉄道の扱いについて明確な記述は上記資料には見当たらないが、昭和23年の米軍撮影航空写真で見る限り、橋が橋脚を残して撤去されており、他に運用したとの記述も無い。

  • 専用軌道敷設工事申請 大正7年8月20日 芦別炭鉱株式会社
  • 敷設工事許可 大正8年6月4日 北海道庁

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
根室本線
快速(「狩勝」を含む)
茂尻駅 (T24) - 芦別駅 (T26) - 上芦別駅 (T27)
普通
平岸駅 (T25) - 高根信号場 - 芦別駅 (T26) - 上芦別駅 (T27)

脚注[編集]

  1. ^ 「運輸省告示第136号」『官報』1946年4月30日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 赤平駅・芦別駅の窓口営業変更について (PDF)”. 北海度旅客鉄道株式会社 (2016年2月19日). 2016年2月24日閲覧。
  3. ^ 根室線(滝川・富良野間), (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道株式会社), (2017年12月8日), http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/06.pdf 2017年12月11日閲覧。 
  4. ^ a b 第8編(401kbyte), (PDF), 2016年度版芦別市統計書 (芦別市): p. 83, (2016年), http://www.city.ashibetsu.hokkaido.jp/data/open/cnt/3/3956/1/2016ashibetsu-8.pdf 2017年12月13日閲覧。 
  5. ^ 芦別市史 P689。なお、大正12年版専用線一覧表によれば、「久原鉱業専用線 距離1マイル以下(邊渓炭礦線)」の記述があり、久原は昭和2年に撤退するまで当駅手前に自前の貯炭及び積込場を設けて専用線を引込んでいた様である。
  6. ^ 芦別市史 昭和49年芦別市発行の付録年表等、及び三菱鉱業社史 昭和51年三菱鉱業セメント発行 P424

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス
    • 1948年(昭和23年)8月撮影航空写真 中央より左側に芦別駅。駅表上芦別寄りの石炭土場から空知川へ向かって斜め上方へ真直ぐ向かっているのがペンケ炭礦軽便鉄道の軌道跡。橋脚だけ残された空知川対岸からは短い左カーブの後は盤の沢上流の三菱ペンケ坑までの区間が全て道路に転用されている。駅表上芦別寄り石炭土場のさらに右側に盤の沢上流からの油谷・三菱共同の新しい索道原動所と専用線。駅裏上芦別寄りに高根炭砿の索道原動所があり、専用線が敷かれている。
    • 1947年(昭和22年)撮影航空写真 中央より上1/2に盤の沢上流の三菱ペンケ坑(左側)と油谷炭砿(右側)。白く目立つ道路がペンケ炭礦軽便鉄道の跡。
    • 1960年(昭和35年)撮影航空写真 駅表上芦別方にあった油谷・三菱共同の索道原動所は無くなり、その先に転車台が置かれている。ペンケ炭礦軽便鉄道の跡は市街地から消えつつあり、空知川対岸では上芦別駅からの三菱鉱業芦別鉱業所専用鉄道がトンネルを潜り抜け、ペンケ軽便鉄道跡を転用した道路に沿って盤の沢上流に向かっている。駅表平岸方には写真上方の三井黄金坑からの索道原動所が設けられ、構内平岸方から専用線が分岐して向かっている。索道線上に当る空知川対岸の山肌は直線状に木々が伐採されている。駅裏上芦別方にある高根炭砿の索道原動所より左手からやや左下へ向かって三菱下芦別坑(第四坑)の専用線が分岐している。