国道452号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道452号標識
国道452号
地図
総延長 123.7 km
実延長 110.2 km
現道 110.1 km
制定年 1993年平成5年)指定
起点 北海道夕張市北緯42度56分19.62秒 東経142度2分28.91秒 / 北緯42.9387833度 東経142.0413639度 / 42.9387833; 142.0413639
主な
経由都市
北海道芦別市
終点 北海道旭川市
西神楽1線18号交差点(北緯43度39分59.14秒 東経142度24分21.81秒 / 北緯43.6664278度 東経142.4060583度 / 43.6664278; 142.4060583 (西神楽1線18号交差点)
接続する
主な道路
記法
国道274号標識 国道274号
国道38号標識 国道38号
国道237号標識 国道237号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

国道452号(こくどう452ごう)は、北海道夕張市から旭川市に至る一般国道である。

概要[編集]

芦別市と美瑛町の間に未開通区間がある。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

北海道道4路線(北海道道514号夕張平取線の一部、北海道道907号夕張芦別線、北海道道119号油谷芦別停車場線、北海道道1072号旭川美瑛芦別線)が昇格して一般国道となった。

国道指定当初は、一部に未舗装区間(ダート)を残していたが、やがて舗装化されていった[6]

年表[編集]

路線状況[編集]

通称[編集]

  • 夕張国道[8]

重複区間[編集]

  • 国道38号(芦別市北5条東1丁目・北5条東1丁目交点 - 芦別市北3条東1丁目)

未開通区間[編集]

国道452号(芦別市幌内)正面の標識から不通区間
  • 北海道芦別市幌内 - 北海道上川郡美瑛町五稜

このうち美瑛町五稜の側は通行止めゲートがあるところから接続する道路がない。未開通区間のうち芦別側は盤の沢道路、美瑛側は五稜道路としてそれぞれ事業化されている[9]。事業は2030年度までを見込んでおり[10]、芦別市と旭川市にまたがる区間は2014年(平成26年)4月21日に道路区域決定された[11]

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

空知総合振興局

夕張市
三笠市
芦別市
(この間事業中)

上川総合振興局

上川郡美瑛町
旭川市

沿線にある施設など[編集]

道路施設[編集]

トンネル[編集]

  • シューパロトンネル 2,310m
  • 三夕トンネル 456.8m
  • 桂沢トンネル 375m
  • 三芦トンネル 455m
  • キムントンネル 200m

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2013年4月29日閲覧。
  2. ^ 北海道の各種防災計画について - 北海道総務部危機対策局危機対策課」ページの北海道雪害対策実施要綱 資料内で、「除雪路線(平成27年11月1日現在)(1)北海道開発局所管」として、「452号 夕張市紅葉山471番4(274号交点)」の表記があり、国道274号交点の地点名が明示されている。
  3. ^ 北海道の各種防災計画について - 北海道総務部危機対策局危機対策課」ページの北海道雪害対策実施要綱 資料内で、「除雪路線(平成27年11月1日現在)(1)北海道開発局所管」として、「452号 旭川市西神楽1線18号390番20(237号交点)」の表記があり、国道237号交点の地点名が明示されている。
  4. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2020. 国土交通省道路局. 2021年7月16日閲覧。
  5. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2013年4月29日閲覧。
  6. ^ 佐藤健太郎『国道者』新潮社、2015年11月25日、24頁。ISBN 978-4-10-339731-1
  7. ^ 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(平成4年4月3日政令第104号)”. 法庫. 2013年4月29日閲覧。
  8. ^ 昭文社 2006, pp. 24, 32.
  9. ^ 一般国道452号盤の沢道路・五稜道路 再評価原案準備書説明資料 (PDF)”. 国土交通省北海道開発局. 2013年4月29日閲覧。
  10. ^ 一般国道452号 盤の沢道路・五稜道路 再評価原案準備書説明資料 令和2年度”. 北海道開発局. 2021年9月2日閲覧。 事業開始が平成5年度(1993年度)、事業期間が38年となっているため、事業期間は2030年度までとなる。
  11. ^ “道路に関する件(平成26年4月21日北海道開発局告示第71号)”, 官報 (国立印刷局) 号外89号: 30, (2014年4月21日) 

参考文献[編集]

  • 昭文社 (2006), ツーリングマップル 北海道 (2006年3版4刷 ed.), 昭文社 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]