北海道道136号夕張新得線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主要道道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
北海道道136号標識
北海道道136号夕張新得線
総延長 87.4 km(未開通部分有り)
制定年 1993年主要地方道
1994年(北海道道)
起点 北海道夕張市南部東町
終点 北海道上川郡新得町4条南4丁目
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0038.svg国道38号
Japanese National Route Sign 0237.svg国道237号
Japanese National Route Sign 0452.svg国道452号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
終点の様子

北海道道136号夕張新得線(ほっかいどうどう136ごう ゆうばりしんとくせん)は、北海道夕張市上川郡新得町を結ぶ主要道道である。

険しい山間部を抜けるルートであるため、未開通区間、未改良区間が存在する。

概要[編集]

勇払郡占冠村内の赤岩トンネルから道東自動車道トマムICにかけての区間は、トマムIC開通に備え、札幌方面からICへのアクセス道路として整備された。

路線データ[編集]

  • 起点:北海道夕張市南部東町(=国道452号交点)
  • 終点:北海道上川郡新得町4条南4丁目(=国道38号交点)
  • 路線延長:87.4km(総延長)

歴史[編集]

  • 1993年平成5年)5月11日 : 北海道道968号ニニウ夕張線、北海道道610号占冠穂別線の一部、北海道道489号占冠落合停車場線の一部、北海道道1073号落合新得線が、主要地方道夕張新得線に指定される[1]
  • 1994年(平成6年)4月1日 : 北海道道1099号夕張新得線として北海道道に路線認定[2]。北海道道968号ニニウ夕張線、北海道道489号占冠落合停車場線、北海道道1073号落合新得線が廃止される[3]
  • 1994年(平成6年)10月1日 : 整理番号を変更し、北海道道136号夕張新得線となる[4]
  • 2007年(平成19年)4月9日 : 赤岩トンネル開通
  • 2010年(平成22年)5月21日 : 北海道の公共事業評価専門委員会で、夕張シューパロダム建設により付け替えられる区間について、地滑り対策等で当初予定より大幅に工事費が増額する可能性があることから工事を中止する方針が示された[5]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

未開通区間[編集]

通行止め区間[編集]

2015年(平成27年)5月15日より、路肩欠落のため[6]

  • 夕張市占冠村境界 - 占冠村ニニウ
  • 占冠村ニニウ - 赤岩

道路施設[編集]

主な橋梁
  • 南部大橋(夕張川)=夕張市南部東町 - 夕張市南部青葉町
主なトンネル
  • 赤岩トンネル(2,115 m)
  • 第二占冠トンネル(1,230 m)
  • 占冠トンネル(417 m)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

空知総合振興局
夕張市
上川総合振興局
占冠村
南富良野町
十勝総合振興局
新得町

沿線[編集]

夕張市
占冠村
新得町

その他[編集]

夕張市南部青葉町から先9.9kmの区間は夕張シューパロダム建設に伴う付け替え工事が行われていたが、前述の通り事業中止の方針が示されたことから、今後全通する可能性は低くなった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同日、建設省告示第1270号「道路法の規定に基づき、主要な都道府県道及び市道を指定する件」
  2. ^ 同日、北海道告示第503号「道道の路線の認定」
  3. ^ 同日、北海道告示第504号「道道の路線の廃止」
  4. ^ 同年9月30日、北海道告示第1468号
  5. ^ 北海道の政策評価2010(平成22年度 北海道公共事業評価専門委員会 第1回を参照)
  6. ^ 北海道開発局 北海道地区道路情報 道道の通行規制

関連項目[編集]