国道241号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
国道241号標識
国道241号
地図
総延長 172.1 km
実延長 160.8 km
現道 151.2 km
制定年 1953年昭和28年)
起点 北海道川上郡弟子屈町北緯43度29分34.84秒 東経144度27分14.19秒 / 北緯43.4930111度 東経144.4539417度 / 43.4930111; 144.4539417
主な
経由都市
北海道足寄郡足寄町
終点 北海道帯広市
西17北1交差点(北緯42度55分44.92秒 東経143度9分48.36秒 / 北緯42.9291444度 東経143.1634333度 / 42.9291444; 143.1634333 (西17北1交差点)
接続する
主な道路
記法
国道243号標識 国道243号
国道240号標識 国道240号
国道242号標識 国道242号
国道273号標識 国道273号
国道274号標識 国道274号
国道38号標識 国道38号
国道236号標識 国道236号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
阿寒横断道路から見た雄阿寒岳

国道241号(こくどう241ごう)は、北海道川上郡弟子屈町から帯広市に至る一般国道である。

概要[編集]

北海道の東部、摩周のふもと弟子屈町市街地から西へ、阿寒摩周国立公園内の阿寒湖をはじめとする湖沼群の南を抜けて上足寄を経て、帯広市街地に至る延長172 kmの一般国道の路線で、主な通過地は、釧路市阿寒町、足寄郡足寄町河東郡上士幌町士幌町である。なかでも、阿寒摩周国立公園内を抜ける弟子屈 - 上足寄間の約69 kmの道路は「阿寒横断道路」の別名でもよばれ、沿道に阿寒湖温泉や神秘的な湖沼群があるほか、雄阿寒岳などの火山群がそびえる観光ルートにもなっている[1]

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

  • 1953年昭和28年)5月18日 - 二級国道241号弟子屈帯広線(北海道川上郡弟子屈町 - 帯広市)として指定施行[6]
  • 1965年(昭和40年)4月1日 - 道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道241号として指定施行[2]

路線状況[編集]

通称[編集]

  • 阿寒横断道路[7](釧路管内)
    • 川上郡弟子屈町の国道243号分岐 - 釧路市阿寒町の区間の通称。釧路市と足寄町の市町界以東の釧路総合振興局内の単独区間を指す。
  • 足寄国道[8](十勝管内)
    • 足寄郡足寄町 - 帯広市の国道38号交点の区間の通称。釧路市と足寄町の市町界以西の十勝総合振興局内の単独区間を指す。
  • 新通(音更町内)
  • 木野大通(音更町内)
  • フロンティア通(音更町内)

バイパス[編集]

重複区間[編集]

  • 国道240号(釧路市阿寒湖畔)
  • 国道242号(足寄郡足寄町・足寄駅前 - 郊南1丁目交差点)
  • 国道273号(帯広市・大通り北1丁目交差点 - 河東郡上士幌町・上士幌交差点)
  • 国道274号(足寄郡足寄町・郊南1丁目交差点 - 河東郡士幌町・士幌交差点)

道路施設[編集]

主な橋梁[編集]

  • 摩周大橋(釧路川、川上郡弟子屈町)
  • 両国橋(利別川、足寄郡足寄町)
  • 紅葉橋(美里別川・足寄湖、足寄郡足寄町)
  • 音更橋(音更川、河東郡音更町)
  • 共和橋(音更川、河東郡音更町)※帯広北バイパス
  • 十勝大橋(十勝川、河東郡音更町 - 帯広市西一条北)
  • 平原大橋(十勝川、河東郡音更町 - 帯広市西十七条北)※帯広北バイパス

道の駅[編集]

地理[編集]

阿寒横断道路区間の沿線のほとんどは、ヒグマエゾシカキタキツネなどの野生動物も多く生息する阿寒摩周国立公園の原生林の広がる山岳地域の中にある[9]。途中、ペンケトーパンケトーと呼ばれるふたつの湖を展望できる双湖台や、雄阿寒岳雌阿寒岳を望む双岳台などの展望台駐車場がある[1][9]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

釧路総合振興局

川上郡弟子屈町
釧路市

十勝総合振興局

足寄郡足寄町
河東郡上士幌町
河東郡士幌町
河東郡音更町
帯広市

帯広北バイパス

主な峠[編集]

  • 永山峠(川上郡弟子屈町 - 釧路市)
  • 足寄峠(釧路市 - 足寄郡足寄町)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2005年10月11日に釧路市ほか2町が合併して釧路市発足。
  3. ^ a b c d e f g 2020年3月31日現在

出典[編集]

  1. ^ a b 佐々木・石野・伊藤 2015, p. 38.
  2. ^ a b 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2013年8月10日閲覧。
  3. ^ a b 占用制限を行う路線一覧(一般国道)(2016年10月18日のアーカイブ)”. オリジナル : 北海道開発局、アーカイブ : Wayback Machine. 2022年5月21日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2021. 国土交通省道路局. 2022年5月6日閲覧。
  5. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2013年8月10日閲覧。
  6. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  7. ^ 昭文社 2006, p. 36.
  8. ^ 昭文社 2006, pp. 26, 35.
  9. ^ a b 須藤英一 2013, pp. 24–25.

参考文献[編集]

  • 佐々木節、石野哲也、伊藤もずく 著、松井謙介編 編 『絶景ドライブ100選[新装版]』学研パブリッシング〈GAKKEN MOOK〉、2015年9月30日。ISBN 978-4-05-610907-8 
  • 昭文社 (2006), ツーリングマップル 北海道 (2006年3版4刷 ed.), 昭文社, ISBN 4-398-65571-9 
  • 須藤英一 『新・日本百名道』大泉書店、2013年。ISBN 978-4-278-04113-2 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 国土交通省北海道開発局
    • 釧路開発建設部
      • 弟子屈道路事務所が釧路管内を管理。
    • 帯広開発建設部
      • 足寄道路事務所が釧路市・足寄町界 - 河東郡上士幌町上士幌東3線(上士幌15区交点)を管理。
      • 帯広道路事務所が河東郡上士幌町上士幌東3線(上士幌15区交点) - 帯広市大通北1丁目(大通北1終点)および帯広市西17条北1丁目19番1(西17北1終点)を管理。