音更川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
音更川
音更川 2013年1月27日撮影
音更川 宝来大橋より石狩岳方面の上流を望む
水系 一級水系 十勝川
種別 一級河川
延長 94 km
水源の標高 1,932 m
平均流量 -- /s
流域面積 740 km²
水源 音更山上士幌町
河口・合流先 十勝川音更町
流域 北海道十勝総合振興局管内
テンプレートを表示

音更川(おとふけがわ)は北海道十勝総合振興局管内を流れる十勝川水系の一級河川。音更(おとふけ)は、アイヌ語の「オトプケ」(毛髪が生ずる)に由来する。流域である音更町士幌町上士幌町は、日本では有数の面積を誇る畑作地帯である。

宝来大橋にある音更川の河川標識

流路[編集]

北海道河東郡上士幌町北西部の上川郡上川町との境界付近にある音更山に源を発する。昔集落のあった山間部の盆地、十勝三股中の川などいくつかの川が合流する。盆地を過ぎると周囲が次第に峡谷となっていき、発電用の取水ダムがこのあたりに造られている。ニペソツ山より発した幌加川など多くの沢を合わせて南へ流れる。糠平湖糠平ダム)のある山間を下るとあたりは山岳風景の美しい峡谷となっている。糠平ダムより数キロ下流の川岸に糠平発電所があり、少し下流の元小屋ダム(ここの取水口と導水トンネルから音更川の水を、山向こうの足寄町側へと発電のために流している)を経て、清水谷、萩ヶ岡の集落あたりから河岸段丘を形成している十勝平野に入る。平野部でもいくつもの小河川が合流し、上士幌町士幌町の市街地の西側を流れていく。その後中士幌、駒場(近くに家畜改良センター十勝牧場がある)といった集落の近くを流れ、音更町市街地の西側に移り、音更町宝来南二条の帯広市との境で十勝川に合流する。

流量の変化[編集]

昔はかなり水量の多い河川だったが、糠平ダムが完成し、また上流部の取水ダムと導水トンネルによって河川の水を足寄・本別方面へ流して発電するシステムが完成したことによって水量は現在ではかなり減っている。

利水[編集]

乳製品プラントの工業用水として利水されている。

支流[編集]

主な橋梁[編集]

流域の自治体[編集]

北海道
河東郡上士幌町士幌町音更町

観光[編集]

上流の糠平ダム周辺から十勝三股にかけてはかつて国鉄士幌線が通っていた。山岳地帯に鉄道を通すため、音更川の本流には数多くのアーチ橋が架けられていた。鉄道が廃線となった後も姿の美しい多くのアーチ橋は残っており、地元の名物となっている。JRの旅行キャンペーン、フルムーンのポスターによって有名になった湖に沈む幻の橋、タウシュベツ川橋梁糠平湖の北東部にある。

その他[編集]

上流部の十勝三股黒石平は昔から有名な黒曜石(通称は十勝石と呼ばれる)の産地であった。そのため音更川の河原では、現在でも流域全域で比較的多くの黒曜石が他の石に混ざって転がっている。

出展・外部リンク[編集]