糠平大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
糠平大橋
Nukabira Bridge
糠平大橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 北海道十勝総合振興局
上士幌町
交差物件 一級河川十勝川水系 音更川
設計者
施工者
帯広開発建設部[1]
建設 1983年 [2]
座標 北緯43度22分16秒 東経143度13分21秒 / 北緯43.37111度 東経143.22250度 / 43.37111; 143.22250
構造諸元
形式 逆ローゼ橋
材料 鋼製
全長 417m [1]
7.25m(車道)、2.5m(歩道) [1]
高さ 32.0m (ライズ径)[1]
最大支間長 190m [1]
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
国道273号標識

糠平大橋(ぬかびらおおはし)は、北海道十勝総合振興局上士幌町から一級河川音更川を渡りぬかびら温泉へ至る国道273号橋梁である。糠平国道の建設に伴い、糠平ダムの直下流140mに対向して建設された。自然環境保護地域である大雪山国立公園内に位置し、自然との調和を重視してアーチ形式(逆ローゼ橋)が採用された。

仕様[編集]

アーチ支間190m、ライズ径32m、路面勾配3.45%[3]であり、下部構造はダム建設で生じた崖錐層の堆積15mが厚いため安全性を優先して直接基礎[3]とした。橋脚部は高橋脚により曲げ剛性確保のためI断面形状が採用[3]された。

上士幌情報管路[編集]

2008年から2009年の間に大雪山国立公園内の糠平大橋から糠平温泉街にかけての19km区間で、道路管理の効率化を図るために監視カメラと気象テレメーターを敷設するための情報管路[4] 構築工事が実施され、糠平大橋にも橋梁添架が増設された。

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 橋梁年鑑 糠平大橋 詳細データ - 社団法人 日本橋梁建設協会
  2. ^ 上士幌町史 観光・交通 - 上士幌町
  3. ^ a b c 虹橋 47号 - 社団法人 日本橋梁建設協会
  4. ^ 一般国道273号上士幌町 上士幌情報管路設置工事 - 宮坂建設工業株式会社